SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Withdrawal

離脱率

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOで離脱率をどう考えるべきか、説明します。

離脱率とは?

離脱率とは、そのページを見たすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を言います。

例えば、
Aさんが、レシピサイト内で「生姜焼きレシピ」⇒「鶏肉の照り焼きレシピ」⇒「ハンバーグレシピ」と閲覧。
Bさんが、レシピサイト内で「生姜焼きレシピ」⇒「鶏肉の照り焼きレシピ」と閲覧。

各ページの離脱率は、下記のようになります。

  • 生姜焼きレシピ:2ページビュー、0人離脱、離脱率:0%
  • 鶏肉の照り焼きレシピ:2ページビュー、1人離脱、離脱率:50%
  • ハンバーグレシピ:2ページビュー、1人離脱、離脱率:50%
  • 離脱率について

    離脱率の調べ方

    Googleサーチコンソールを利用すると、各ページの離脱率を確認することができます。
    手順は、サーチコンソール -[行動] -[サイトコンテンツ] -[離脱ページ]をクリックします。
    離脱率が高いページ順に表示されます。

    離脱率について2

    離脱率が多い場合の対処法

    離脱率が多いからといって、必ずしも悪いページとは言えません。
    各ページにはそれぞれ役目がありますので、離脱されても良いページもあります。
    また、来訪したユーザーは必ずサイトから離脱しますので、サイト運営者が意図したページから離脱したかどうかがポイントとなります。

    注意すべきなのは、商品ページやサービス内容ページで離脱率が高い場合は、改善を検討すべきです。
    商品ページやサービス内容ページにきたユーザーのほとんどは、商品やサービスに興味を持っているため、詳細ページや購入ページなど次のページに推移することを期待できます。それなのに離脱率が高い場合は理由があるはずですので、改善を図る必要があります。

    改善する際のポイントは、

  • ユーザーはどんな情報を求めてそのページに来たのかを考え、ユーザーが求めている情報がサイトに十分あるかを検討する
  • 次のページに推移するためのわかりやすい導線が整っているかを確認する
  • 申込ページで離脱率が高い場合

    コンバージョンが期待できる申込ページで離脱率が高い場合は、申込時に入力するフォーム内容が多い、入力項目に不明点がある といったケースが考えられます。

    それらの問題を解決するため、申込ページの入力を最小限にする、入力項目のサンプルを表示したり、簡単な説明をつけることが改善につながります。

    また、SEO Packの場合、申込ページから離脱する際に、本当にページから離れていいのかユーザーに再度確認いただけるようメッセージを表示しています。
    例:SEO Packの申込ページ

    まとめ

    サイトを運営する中で、離脱率の改善はコンバージョンにつながる1つの方法です。
    離脱率だけではなく、直帰率やユーザーのページ推移などにも着目することで、よりコンバージョンの増加させることが可能になると思います。

    この記事をはてなブックマークに追加

    記事一覧へ

    SEO Pack 費用・料金とご契約期間

    【SEO Pack】0%offキャンペーン

    契約期間

    3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

    お支払総額(税込)

    1ヶ月6,384

    (19,152円/3ヶ月総額)

    定価23,940円/3ヶ月

    1ヶ月6,384

    (38,304円/6ヶ月総額)

    定価47,880円/6ヶ月

    初期費用・追加費用

    初期費用0円
    0円(一切かかりません)

    サービス内容

    ・コンテンツ対策支援、内部対策支援
    ・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
    ・被リンク10本設定
    SEO Packお申込はこちら

    Pagetop