SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Disavow Links

リンクの否認ツール

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOでリンクの否認ツールをどう使えばいいか、説明します。

リンクの否認ツールとは?

リンクの否認ツールとは、サイトに貼られているリンクを指定して、そのリンクを評価しないようにGoogleに依頼することのできる、ウェブマスターツールの機能です。
ウェブマスターは”被リンク対策”のSEO効果がいまだ高いことから、運営サイトのリンク集めに奔走することが少なくありませんが、その際に、サイトに良い影響を与える「自然なリンク」だけではなく、サイトに悪い影響を及ぼす「不自然なリンク」まで獲得してしまうことがあります。そして、そのような「不自然なリンク」を貼り付けたままでいると、Googleから手動ペナルティを実施されてしまうことがあります。

ウェブマスターは手動ペナルティが実施された場合、その原因となっている「不自然なリンク」を確実に削除し、Googleに再審査リクエストを送信することで、速やかにペナルティ解除を目指さなければなりません。しかし、いざリンクを削除し始めてみると”自力では削除することのできないリンク”に出くわすことがあります。具体例としては、リンク元サイトが削除依頼に応じてくれなかったリンクなどが挙げられますが、このようなリンクが残っていては、ウェブマスターはペナルティ解除の要件を満たすことができません。

そこでGoogleは、ペナルティ解除のために被リンクを削除する”最後の手段”として、「リンクの否認ツール」をウェブマスターに提供しています。「リンクの否認ツール」を利用すれば、自力では削除できなかったリンクを”Googleの評価から外してもらう”ことができ、実質的に削除したのと同じ状態にすることが出来ますから、ウェブマスターはペナルティの解除作業を最後まで終えることが出来るようになります。

このように、「リンクの否認ツール」はペナルティ解除を円滑に進めるのに重要な役割を担っています。ですから、ウェブマスターは「リンクの否認ツール」をSEOでどのように使っていけばいいか、しっかりと理解しておく必要があります。

リンクの否認ツールの使い方

それでは、リンクの否認ツールを使った”リンクの否認”の仕方を、2手順で説明していきます。

1.否認するリンクを記載したテキストファイルを作成する

リンクの否認ツールでは、「否認するリンクを記したファイル」をアップロードすることによって、Googleに”リンクの否認”を依頼します。しかし、その為にはまず、ウェブマスターはサイトに貼られているリンクを調べて、否認するリンクをピックアップし、ファイルを作成するところから始めなければなりません。
サイトに貼られているリンクは、ネット上で提供されているSEOツールを使って調べることができますが、特にウェブマスターツールなら”被リンクのリスト”をダウンロードすることが出来るので便利です。

ウェブマスターツールでリストをダウンロードするときは、ホーム画面から対象となるサイトのページに移動して、ダッシュボードにある[トラフィック]という項目の[サイトへのリンク]をクリックします。そうすると、「リンク数の最も多いリンク元」という項目が表示されるので、そこの詳細をクリックします。最後に「このテーブルをダウンロード」というボタンが表示されるので、そこをクリックすれば完了です。

サイトに貼られているリンクをリストにしたら、その中から”否認したいリンク”をピックアップしてテキストファイルに記載していきます。テキストファイルには基本的に、否認するリンクのURLを”1行につき1リンクずつ”記述していきますが、URLの前に「domain:」を付け加えることで、そのドメインからの全てのリンクを否認することも可能です。また、「♯」でテキストを挟めば、そのテキストを自分用のメモとして残すことも出来ます。
なお、ファイルの保存に際して、ファイル名はどのようなものでも構いませんが、文字コードは「UTF-8」などが推奨されています。

2.リンクの否認ツールを使って、ファイルをアップロードする

”否認するリンクを記したファイル”を用意したら、いよいよ「リンクの否認ツール」を使って、ファイルをアップロードしていきます。
その方法としては、まずウェブマスターツールの「リンクの否認ツール」ページを開いて、リンクの否認を実施するサイトを選択します。そうするとページが移動して、どのファイルをアップロードするか選択する画面が表示されますから、さきほど用意したテキストファイルを選択します。最後に、ページの下部にある送信ボタンをクリックすれば、ファイルがアップロードされ、リンクの否認の申請が完了します。
なお、ファイルのアップロードを繰り返し行った場合には、以前にアップロードしたファイルが、新しくアップロードしたファイルに置き換えられます。

リンクの否認ツールを正しく使う

リンクの否認ツールを利用すれば、自力では削除することの出来ないリンクであっても、Googleの評価対象から外してもらうことができます。しかし、この機能が便利だからといって、必要のないときまで利用するのは止めておきましょう。

なぜなら、リンクの否認ツールは”ランキングに直接関わる機能”だからです。Googleは「サイトに貼られているリンクの量や質」をランキングの重要な指標の一つとしていますから、リンクを否認するということは基本的に”サイトの評価を減らす行為”だという事が出来ます。ですから、もし、削除しなくて良いリンクを”間違えて”削除してしまった場合には、サイトの評価に大きな影響を与えることがあります。

Googleに「リンクの否認」を依頼して、実際に効果が出始めるまでには数週間かかると言われていますが、これは間違いを修正するために、ファイルを再アップロードした場合も同じです。その間、サイトの評価が下がることで受ける影響は計り知れません。ですから、ウェブマスターはペナルティ解除でリンクを削除するのが面倒だとしても、安易にリンクの否認ツールを用いるべきではないのです。

ただし、「リンクの否認」が必要な時に、ツールを適切に利用するのはもちろん効果的です。自力では削除することの出来ないリンクを否認することで、ペナルティを迅速に解除することが出来るようになり、ペナルティによる被害を少しでも抑えることができるのです。また、「ペンギンアップデート」などのアルゴリズムアップデートによる”サイトの評価の下落”についても、リンクの否認ツールを正しく使うことが有効に働くと言われています。

近年では、Googleがリンクを評価する姿勢はますます厳しくなっていますから、ウェブマスターは手動ペナルティもしくは、アルゴリズムによる自動的なペナルティを受けたときに迅速に対応できるよう用意しておくことが大事です。その一環として、ウェブマスターはリンクの否認ツールの使い方を覚えて、正しく使えるようにしておきましょう。

ペナルティ対策とSEOを併せて実施するのが大切

いかがでしたか?この記事では、”SEOでリンクの否認ツールをどう使えばいいか”を説明しました。ウェブマスターは”不自然なリンク”が原因でGoogleからペナルティを受けたとき、「リンクの否認ツール」を正しく活用することによって、ペナルティ解除を速やかに行うことができます。
ペナルティによる被害を出来るだけ抑えるためにも、ウェブマスターは「リンクの否認ツール」の正しい活用法を身につけておくべきです。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop