SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Geolocation

ジオロケーション

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、ジオロケーションがSEOに影響するかどうか、説明していきます。

ジオロケーションとは?

「ジオロケーション」は恐らく、大半の人にとって聞きなれない言葉だと思います。しかし、誰もが気がつかないうちに、このジオロケーションをGoogle検索によって利用しています。
例えば、あなたがGoogle検索で「空港」と調べたとします。その時、あなたが東京にいたなら、検索結果の上位には「羽田空港」や「成田国際空港」など、東京周辺の空港の情報が表示されます。これはGoogleが”検索結果にユーザーの位置情報を利用している”からです。このように、ユーザーの位置情報を扱う技術を「ジオロケーション」といいます。

Google検索が、全てのユーザーの検索にジオロケーションを導入したのは、2009年末のことでした。以降、ほとんどのユーザーは気がつかないうちに、ジオロケーションを利用しているのです。

Google検索とジオロケーション

ジオロケーションの導入によって、Google検索はより”ユーザー個人に合わせた検索結果”を提供するようになりました。
ジオロケーションの導入によってGoogle検索がどう変化したのか、以下で具体的に説明します。

1.ジオロケーション導入前

Google検索は基本として、「検索キーワードを含むページの中で、評価が高いページ順」に検索結果を表示しています。ジオロケーション導入前は、この基本に則って検索結果が表示されていました。
例えば、最初の例と同じ条件で「空港」と調べてみたとします。ジオロケーション導入前のGoogleだと、検索結果には「羽田空港」「成田国際空港」の他に、「福岡空港」「大阪国際空港」「新千歳空港」などの東京以外の空港情報も表示されました。
これは、Google検索が「空港」というキーワードを含むページを、単純にGoogleの評価が高い順に並べていたからです。

2.ジオロケーション導入後

ジオロケーションが導入されると、「評価の高いサイト順」に表示するという基本ルールに、「位置情報との関連性が高いサイト順」に表示するというルールが加わりました。
例えば、ユーザーが札幌で「空港」と検索したとき、ジオロケーション導入前だと、Googleの評価が最も高い「羽田空港」のホームページが一位表示されました。
しかし、ジオロケーション導入後の検索だと、札幌と関連性が高い「新千歳空港」のホームページが一位表示されます。二位以降も、札幌に関連性のある空港のページが上位に表示されます。

ジオロケーションとSEO

ジオロケーションの導入によって、Google検索はより”ユーザー個人に合わせた検索結果”を提供するようになりました。
ジオロケーションの導入によってGoogle検索がどう変化したのか、以下で具体的に説明します。

1.ジオロケーション導入前

Google検索は基本として、「検索キーワードを含むページの中で、評価が高いページ順」に検索結果を表示しています。ジオロケーション導入前は、この基本に則って検索結果が表示されていました。
例えば、最初の例と同じ条件で「空港」と調べてみたとします。ジオロケーション導入前のGoogleだと、検索結果には「羽田空港」「成田国際空港」の他に、「福岡空港」「大阪国際空港」「新千歳空港」などの東京以外の空港情報も表示されました。
これは、Google検索が「空港」というキーワードを含むページを、単純にGoogleの評価が高い順に並べていたからです。

2.ジオロケーション導入後

ウェブマスターがSEOを行う目的は、「自社サイトを検索結果の上位に表示させること」にあります。中には、特定の検索キーワードで一位に表示させることを目標にしている人もいるでしょう。
ジオロケーション導入前は、Googleの評価がそのまま順位に結びついていたので、特定キーワードで最も評価が高いサイトが、検索結果の一位に表示されていました。その為、SEOによってサイトの評価を高めることで、そのキーワードで常に上位表示されることが可能でした。

しかし、ジオロケーションが導入されると、評価が高いサイトが上位に表示されるとは限らなくなりました。特定キーワードで最も評価が高いサイトだとしても、位置情報の関連性が低くければ、2番目、3番目に表示されるようになったからです。

「今まで上位にあがらなかったサイトが、検索順位の上位に表示され、代わりに他のサイトの順位が下がる」
ウェブマスターからすると、Googleのジオロケーション導入は、SEOの目的を失いかねない大事件に見えるかもしれません。
しかし、実際は、”ジオロケーションが導入されても、ウェブマスターがすることは変わらない”です。なぜなら、「評価が高いサイトが上位表示される」という基本は、依然として残っているからです。

仮に、札幌住まいの人がGoogle検索で「空港」と調べたとしましょう。検索結果では確かに、札幌に関連性の高い「新千歳空港」が一位表示されてきます。しかし、2位以降を見ていくと、札幌に関連のある空港の他に、羽田空港などの関連性の低いサイトも上位表示されています。
ジオロケーション導入による変化は、検索の大きな枠組みを変えるものではありません。位置情報と関連性が低いサイトでも、サイトの評価が高ければ、上位表示されるのです。 ですから、ウェブマスターはこれまで通り、サイトの評価をあげるためにSEOを積み重ねていけば大丈夫です。

SEOの方針に変化なし

いかがでしたか?この記事では”ジオロケーションがSEOに影響するかどうか”を説明しました。Googleにジオロケーションが導入されたことにより、検索結果には”ユーザーの検索位置と関連性の高いサイト”が上位表示されるようになりましたが、これまで通り”評価が高いサイト”が上位表示されることは変わらないので、SEOに与える影響はほとんどありません。
ですから、ウェブマスターはジオロケーションを受けて、SEOの方針を変える必要はないでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop