SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/23現在)

Google Hummingbird Update

ハミングバードアップデート

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、ハミングバードアップデートとは何か、SEOにどのような影響を与えたのか、説明します。

ハミングバードアップデートとは?

ハミングバードアップデートとは、従来の「辞書を引いている」ような検索方法ではなく、より自然に「人と会話する」ような検索を実現した、検索アルゴリズムです。
例えば、あなたが近所にコンビニがないか探しているとき、現在のGoogleで「コンビニ 近く」と検索したら、検索結果には、あなたの家の最寄りのコンビニの情報、あるいは、そのコンビニの地図までが表示されます。

これは、Googleが単純に「コンビニ 近く」という言葉の辞書的な意味だけについて検索したのではなく、「ユーザーが近くのコンビニを探している」という”検索意図”まで読み取ろうとしているからです。
このように、人と会話しているかのような、全く新しい検索を可能としたのが「ハミングバード」になります。

従来の検索アルゴリズムとの違い

ハミングバードアップデート導入後、Googleは検索キーワードを「単語の羅列」としてではなく、「意味のある文章」として理解するようになりました。そのため、検索結果も文章の意味に対応したものが表示されるようになりました。
冒頭で挙げた「コンビニ 近く」というキーワードを例にして、検索結果の違いを具体的に見てみましょう。

1.ハミングバード導入前の検索結果

ハミングバード導入前のGoogleであれば、『コンビニ』『近く』という単語が単にタイトルに入ってるだけのページが、検索結果で表示されます。「コンビニ」「近く」という単語だけで検索キーワードを捉えているからです。

2.ハミングバード導入後の検索結果

あなたの現在地の近くにあるコンビニの情報がかかれたページ、あるいはその地図情報などが、検索結果として表示されます。ハミングバード導入後のGoogleは、検索キーワードから、検索者が「近くのコンビニを探したい」という意図を持っているのではないか、と推測し、それに役立つページを表示しているのです

このように、ハミングバード導入後のGoogleは、簡単にまとめるなら”Google検索が会話により近づいた”ということができるのです。

SEOへの影響

ハミングバードアップデートによって、こうした、自然な情報検索が可能となったことは、ユーザーの検索環境を大きく変化させました。
そのため、「ハミングバードアップデートの導入で、SEOにも大きな変化があったのでは?」と心配するウェブマスターも多いと思います。

しかし、現状では”ハミングバードによるSEOへの影響は少ない”ことが確認されています。

確かに、ハミングバードの導入によって、スモールワード(検索数が少ないキーワード)への検索数が増加傾向にあるなど、小さな変化は起こりました。しかし、ハミングバードはランキングに直接かかわるアルゴリズムではないので、SEOを見直さなければならないような大きな変化は引き起こしませんでした。
つまり、ウェブマスターはハミングバードアップデートについて、特別な対策を講じる必要はないのです。

SEOは今までどおりで大丈夫

いかがでしたか?この記事では、”ハミングバードアップデートとは何か、SEOにどのような影響を与えたのか”を説明しました。「ハミングバードアップデート」は、Googleの会話型検索を実現するものでしたが、ランキングに直接関わるアルゴリズムではなかったので、これまでのSEOを変化させるものではありません。
ウェブマスターは「ハミングバードアップデート」後も、今までどおりの指針でSEOを実施していけば問題ないでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月10%OFF 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,182

(21,546円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・被リンク10本設定
・SEOツール「seodoor」の各種機能(コンテンツ対策支援、順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
SEO Packお申込はこちら

Pagetop