SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Manual Penalty

手動ペナルティ

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOを円滑に進めるために必要な「手動ペナルティ」への対策について、説明していきます。

手動ペナルティとは

Googleは悪質なスパムなどを行っていると判断したサイトに対して、罰則として、検索順位を著しく下げることがあります。これをペナルティと呼びます。特に、Googleスタッフが各サイトを目視で確認し、人力で判定して与えるペナルティのことを”手動ペナルティ”といいます。

手動ペナルティの大半は、インデックス削除(検索結果からの除外)などの非常に厳しいペナルティになります。手動ペナルティを受けた場合は、サイトを改善して、Googleの再審査を受けなければ、基本的にペナルティが解除されることはありません。

手動ペナルティの対象となるサイト

手動ペナルティは、GoogleがWebで公開している「ウェブマスター向けガイドライン」に違反したサイトに対して発動されます。ガイドラインで禁止されている、以下のウェブスパムを利用している場合は、手動ペナルティを受ける可能性が高くなります。

1.クローキング

ユーザーと検索エンジンとで、異なるウェブページを表示させることをクローキングといいます。検索エンジンに、検索エンジン専用のサイトを閲覧させることによって、不当にサイトの評価を上げようとします。

2.隠しテキスト

HTMLやCSSの書き方を工夫して、人には見えないようにしたテキストの事を、隠しテキストといいます。ユーザーには見せず、クローラーだけに読み取らせる隠しテキストは、ウェブスパムの代表格といわれています。

3.誘導ページ

誘導ページとは、特定のサイトやコンテンツに誘導することだけを目的に作られたページのことです。Googleはこうした、オリジナル姓がなく品質も低いページを、ウェブスパムとして扱います。

4.その他

Googleがスパムと見なすWeb運営の手法は、ほかにも存在します。Webでは常に新しいスパム的な手法が生まれては消えてゆくため、Googleのガイドラインもそれに合わせて時代とともに変容をたどっています。

手動ペナルティへの対策

手動ペナルティは、ガイドラインに違反したサイトに与えられるから、自分には関係ないと考えていませんか?しかし実際は、ガイドラインに違反をした覚えが無くても、ペナルティを与えられることがあります。例えば、サイトのコンテンツの質が低く、価値が無いと判断された場合には、意図しなくてもペナルティの対象となってしまいます。
そこでウェブマスターは、自分のサイトが手動ペナルティを受けてもいいように、手動ペナルティへの対策を知っておく必要があります。

1.手動ペナルティ解除の手順を知る

初めにも説明しましたが、手動ペナルティを受けたら、サイトを改善して再審査を受ける必要があります。再審査で、ペナルティの対象となっていた部分が解消されたと判断されれば、ペナルティは晴れて解除されます。

しかし、そもそもペナルティを受けたことが分からなければ、対策を取ることも出来ません。そこで必要になるのが、ウェブマスターツールと呼ばれるものです。Googleが公式で提供しているツールで、サイトが手動ペナルティを受けたら、通知してくれる機能を持っています。

ウェブマスターツール上の通知には、手動ペナルティの対象となった部分と、その違反内容について記述されています。例えば、【部分一致 理由:クローキング】と書かれていれば、サイトの一部分にクローキングが使われていることが問題視されているわけです。ペナルティを受けたウェブマスターは、この通知を見て、サイトを改善していきます。
それから、Googleに再審査リクエストを送りますが、これもウェブマスターツール上で行うことが出来ます。そして、再審査リクエストが受諾されれば、一定期間後にサイトのペナルティが解除されます。

2.手動ペナルティを受けないサイト運営

手動ペナルティは、再審査リクエストが受諾されれば解除されますが、Googleも簡単には受諾してはくれません。しかも、再審査リクエストが通ったからといって、ペナルティはすぐに解除されるわけではありません。ペナルティを解除するためには、多くのロスが必要になるのです。

手動ペナルティを受ける原因の大半は、検索順位を上げるために行われる、上記に上げたようなスパム手法になります。ウェブスパムを利用すれば、一時的に順位を上げられるかもしれませんが、ペナルティによる損失も重くのしかかります。『サイトの順位を上げて、アクセス数を増やす』という最終目標を達成したいなら、スパム行為は結果的に非常に遠回りな道になるでしょう。
手動ペナルティを受けないように、地道にサイト運営をすることが、順位上昇の一番の近道です。

ペナルティは受けないのが一番

いかがでしたか?順位の上昇に本当に必要なのは、”ペナルティを受けない範囲内で、効率よくSEO対策を行う”ことだということが伝わりましたか?手動ペナルティを受けたときの対応方法を知っておくこと大切なのですが、やはり、ペナルティは受けないようにすることが一番なのです。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop