SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Reciprocal Link

相互リンク

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、順位上昇(SEO)のために相互リンクをうまく利用する方法について、説明します。

相互リンク(Reciprocal Link)とは

相互リンクとは、お互いのサイトにリンクをしあっていることを言います。

相互リンクについて

サイトとサイト、ブログとブログ、ブログとサイトなど異なるドメインからお互いのサイトに紹介リンクを設定することを相互リンクと言います。

相互リンクで設定されたリンクも、1本の被リンクとしてカウントします。

数年前、SEO対策で順位を上げるにはとにかく被リンクが必要と言われていました。
相互リンクを募集するようなサイトも多数あり、手軽に相互リンクを設定することができました。
数年前よりSEO対策を自分で実施しているサイトの多くには、相互リンクを設定しているサイトも多くあります。

相互リンクはSEO対策として有効か?

相互リンクはSEO対策として、有効な手段ではありません。
GoogleはWEBマスターガイドライン上で相互リンクがスパム行為に当たると言っており、被リンクに制裁を加えるペンギンアップデートでは、相互リンクが多く設定していたサイトがペナルティを受けたケースがあります。

相互リンクについて2

※サーチコンソール ヘルプより

もし、相互リンクを過去に設定しているのなら、至急削除することをお勧めします。
相手先サイトに依頼しても削除が実現できない場合は、サーチコンソール上から否認の手続きを行う必要があります。

また、自身のサイトから相互リンクとして相手サイトへ設定している被リンクも早急に削除するまたは、リンクにnofollow設定ことをお勧めします。

相互リンクでも例外がある

パートナーサイトなどで相互リンクを設定することがあります。
禁止されているのは、相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成することです。
例えば、親会社サイトと子会社サイト。企業サイトと製品サイトなどと、それぞれが価値あるサイトであれば、これらは削除する必要が一切ありません。

変動に強いSEO対策を SEO Pack
この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

Pagetop