SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Webmaster Guidelines

Googleガイドライン

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOでGoogleガイドラインをどう利用するべきか、説明します。

Googleガイドラインとは?

Googleガイドラインとは、Googleがウェブマスターに向けて公開している「ウェブサイトをGoogleに最適化させる方法を記したガイドライン」のことをいいます。

ウェブマスターのほとんどは、Googleのランキング上位に運営サイトを表示させることを目標にしていますが、サイト作りの知識やノウハウがなければ、Googleに適切に評価されるようなサイトを作ることは出来ません。そこでウェブマスターは「Googleガイドライン」を利用することで、Googleに評価されやすいサイトを作るにはどうすればいいのか、を学ぶことができます。

「Googleガイドライン」に沿ってサイトを作成することで、Googleからクロールやインデックスがされやすくなり、Googleとサイトとの情報のやりとりがスムーズに行われるようになります。また、Googleガイドラインに記されている「品質に関するガイドライン」を遵守することによって、Googleからペナルティを受けにくくすることも出来ます。
このように、GoogleガイドラインはGoogle自身が提供している「SEOの教科書」と呼べるものですから、ウェブマスターはしっかりと目を通しておく必要があります。

Googleガイドラインの3つのセクション

それでは、Googleガイドラインとはどのようなものなのか、詳しく説明していきます。
Googleガイドラインは「ウェブサイトをGoogleに最適化させる方法」を扱っていますが、その取り扱う内容によって、3つのセクション(ガイドライン)から構成されています。まずはその中から、「サイト作成の具体的な方法」を記載している2つのセクションについて、説明します。

1.デザインとコンテンツに関するガイドライン

このセクションでは、ユーザーと検索エンジンに情報を伝えやすくするような「サイトの構築方法」について説明しています。具体的には「サイトデザイン」に関する項目と、「コンテンツ」に関する項目について扱っています。

例えば、デザインに関する項目としては、「サイト構造を分かりやすくすること」や「サイトマップを用意すること」などを挙げています。また、コンテンツに関する項目としては「コンテンツを分かりやすく正確に記述すること」や「コンテンツを最良の方法で利用すること」などを挙げています。

2.技術に関するガイドライン

「デザインとコンテンツに関するガイドライン」は”サイトの構築方法”について説明していましたが、このセクションでは”サイトをGoogleで適切に表示するための技術”について説明しています。
例としては、「robot.txtファイルを活用して、クロールを実行するディレクトリを制御すること」や、「ブラウザを使って、サイトが正しく表示されるかテストすること」などが挙げられています。

そして、これらのセクションとは異なり「ウェブマスターがサイト作成で実施するべきではない行為」について説明しているのが、3つめのセクションになります。このセクションはGoogleの”手動ペナルティ”と直接関係があるので、特に重要になります。

3.品質に関するガイドライン

このセクションではまず、ウェブマスターがサイト作成するに当たって、サイトの品質を維持するために遵守するべき「基本方針」について記載しています。品質に関するガイドラインの基本方針は、以下のような内容になります。

  • ユーザーの利便性を最優先してページを作る
  • ユーザーをだますことはしない
  • 検索順位を上げるために不正行為をしない
  • サイトに独自性や価値を持たせ、他のサイトと差別化する

また、この基本方針に伴って、サイト作成で実施するべきではない「不正行為・偽装行為」についても提示しています。例えば、「クローキング」や「誘導ページ」、「隠しテキスト/隠しリンク」などが禁止行為として例示されています。

品質に関するガイドラインで例示されている禁止行為を行った場合、そのサイトには手動による対策(手動ペナルティ)が実施されます。手動ペナルティを受けたサイトはGoogleの検索順位が大きく下落したり、最悪の場合だと、Googleのインデックスから削除されてしまうこともあります。
また、ガイドラインに例示されていない行為であっても、基本方針に違反するような行為を実施した場合には、同様に手動ペナルティを受ける可能性があります。

GoogleガイドラインはSEOの基礎

”サイトをGoogleに最適化する方法”について説明する「Googleガイドライン」は、SEOの基礎とも呼べるものです。Google自身がSEOの方法を提示していることに違和感を覚えるウェブマスターもいるかもしれませんが、実はある一点において、GoogleはSEOを実施することを推奨しています。

その一点とは、

”SEOを実施することでユーザーの利益になる”

ことです。Googleはユーザーの役に立つような検索エンジンを目指していますから、各ウェブサイトが少しでもユーザーに役立つサイトになることを望んで、SEO情報を自ら提供しているのです。ですから、ウェブマスターはGoogleガイドラインを参考にして、Googleが推奨する「ユーザーに役立つSEO」を実施することで、Googleから評価されるようなサイトを着実に作ることが出来ます。

また、品質に関するガイドラインを理解しておくことで、サイトの順位上昇の壁となる手動ペナルティを回避することもできます。
このように、ウェブマスターは「Googleガイドライン」を利用することで、安全かつ着実に、サイトの順位上昇を目指すことが出来るのです。

ユーザーに役立つSEOが大事

いかがでしたか?この記事では、”SEOでGoogleガイドラインをどう利用するべきか”を説明しました。ウェブマスターは「Googleガイドライン」の内容に沿ってサイトを作ることで、手動ペナルティのリスクを抑え、Googleからの評価を着実に高めることができます。
ただし、Googleガイドラインの内容は大雑把ですから、その詳細は「Google公式ブログ」や「ヘルプフォーラム」から確認するといいでしょう。

もしあなたがウェブマスターで「サイトの上位表示」を目指しているのなら、Googleガイドラインの内容をしっかりと理解し、ユーザー目線のSEOを実施して、ユーザーとGoogleの両方から評価されるようなサイトを目指していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop