パンダアップデート4.1は英語圏の特定分野に影響か/国内外の情報分析

SEOならSEOパック
ご利用実績8279件 (2016/08/24現在)

[2014/09/30] (最終更新日 2015/09/04)

パンダアップデート4.1は英語圏の特定分野に影響か/国内外の情報分析

本記事では、パンダアップデート4.1の影響について、本日9月30日10時30分時点での情報を、SEO Pack保有データと独自調査により、公開します。

日本でのデータ分析結果

当面、市場動向の指標となるnamaz.jpデータ、ならびに、その他のSEO Pack保有データでは、特に規模の大きな順位変動は見られていません。

namaz.jpによるデータの分析結果は次の通りです。

期間 順位変動値平均
9月1日~9月21日 5.2
9月22日~9月30日(パンダ4.1展開期間) 5.0

namaz.jpデータによれば、過去30日間の平常時変動値平均(表上段)5.2と比較し、パンダ4.1展開中とされる期間(表下段)の変動値は5.0と、特別な変化が見られないものとなっています。

国内外SEO動向 – 英語圏での影響が顕著か

SEO Pack調査では、こうしたデータの他にも、日本国内で大きな変動があったとの情報は特にありません。

一方、英語圏では、既にパンダ4.1による順位変動が起きているとの報道があります。

Search Engine Landに掲載されたBarry Schwartzの記事によれば、とくにゲーム・歌詞・医療用語コンテンツといったサイトでは、顕著な順位の変動が見られたようです。

(参考:Are Games & Lyrics Sites Google Panda 4.1′s Biggest Losers?” Barry Schwartz / Search Engine Land ※英語)

また、上記記事によれば、パンダアップデートは(バージョンに関わらず)一貫して「うすっぺらなコンテンツ」をターゲットにしたものであり、今回に負の影響を受けたサイトも、その例に漏れない、とのことです。

Googleのアナウンスによれば、パンダ4.1による影響は「地域によっては3-5%程度」とのことでしたが、もうすでにパンダ4.1が展開されているなら、今回は、英語圏サイトに特に顕著に影響が現れるアップデートであるとも考えられます。

日常的なパンダ対策の意識を

パンダアップデートは、4.1の後も更新が行われると考えられます。基本的なパンダ対策は日ごろから行っておくことをお勧めします。

SEO Pack ご契約ユーザは、契約後ご提供している「パンダアップデート対策チェックシート」のご利用で、必要な対策を一通り網羅することが可能です。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて