Google「ドアウェイアップデート」内容と対応法まとめ/サンプルつき

SEOならSEOパック
ご利用実績8597件 (2016/12/04現在)

[2015/03/19] (最終更新日 2015/09/04)

Google「ドアウェイアップデート」内容と対応法まとめ/サンプルつき

検索アルゴリズムに新たなアップデートが加わるとGoogleが発表しました。

この「ドアウェイアップデート」(ドアウェイページアルゴリズム)の対象、内容、対応法など、サイト管理者に必要な情報をまとめました。

20150318eyecatch-doorway-matome

ドアウェイアップデートとは

このアップデートは、Googleがガイドライン違反と定義づける「誘導ページ」(Doorway Pages : ドアウェイページ)を対象とし、検索順位へのペナルティを課すものです。

「誘導ページ」とは、Googleのガイドラインによれば、特定の同じ別ページに誘導するために設けられた、検索エンジン対策のためだけに存在する、類似する複数のページを指します。

PR【初めてのSEO対策】初期費用なし!月額7,980円(税込)-総合SEOパッケージ⇒

Googleが提示する「誘導ページ」のサンプルは

例えば次のようなサイトが「誘導ページ」に該当するとして、Googleのウェブマスター向け公式ブログにサンプルとして挙げられています。まずはこれをご覧いただければイメージがつかめるはずです。

例1:同じ英語学習サイトへリンクする、品質の低い誘導コンテンツ群
20150318doorway_example01

例2:地名(渋谷区、千代田区・・・)以外はほぼ同一の、大量の誘導ページ群
20150318doorway_example02

とくにアフィリエイト系サイトでよく見られるものです。

アップデートが適用されたらどうなるか

Googleは、こうした誘導ページに対し「ランキング調整を近日中に」行い、結果該当サイトは「大きな影響を受ける可能性」がある、と公式ブログで発表しています。

ドアウェイアップデート後は、誘導ページと見なされたページは検索結果から「一掃される」との見解もあります

具体的な影響の中身はまだ不明ですが、適用されたページの露出(もしくはトラフィック)は大幅に下がるでしょう。

PR【利用実績6,000件】Googleガイドラインを考慮。月額7,980円(税込)の人気SEO対策⇒

誘導ページかどうかの判別法

Googleは、誘導ページかどうかを判断できる「質問」をいくつか挙げています。要約すると、

別コンテンツへの誘導を行うページがある場合、それが

1. ユーザにとって不可欠か
2. ページのテーマが細かく具体的なのに、広く一般的なキーワードでSEOしていないか
3. 検索訪問増のためだけに、別ページのコンテンツを複製して使っていないか
4. コンテンツや機能に独自の価値がない(お金儲け目的だけの)ページではないか
5. サイト内の他ページからリンクがなく「孤立」していないか
6. サイト内の他ページから、SEO目的だけでなくユーザビリティ目的でリンクがあるか

どれか引っかかる項目があれば、ドアウェイアップデートの対象となる可能性があります。

誘導ページと見なされそうなら:対応策

上記の質問で完全に問題がない場合は、ドアウェイアップデートを気にする必要はないでしょう。
SEO Pack運営のサイトでも、特に対応の予定はありません。

また、完全に「引っかかる」ページがある場合は、早めにページを削除、が模範解答でしょう。というか、この場合は、質問うんぬんよりも最初から自覚があるケースが多いと思います。

一方、「引っかかるかどうかわからない」けれども「サイトにとって消すわけにはいかない」ページがあったとしたらどうでしょう?この場合は、何らかの対策を行う必要があります。

肝要なのは

・ユーザにとって価値のある、独自のコンテンツを載せる
・ユーザにとって意味のある内部リンクで同サイト別ページとつなげる
・コンテンツテーマとSEOするキーワードとを一致させる

といった点でしょう。

Googleは「近日中に」と明言しており、該当する方はお早目の対応をおすすめします。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧
seodoor無料版

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて