展開は完了、でも更に「進化予定」のモバイルフレンドリーアップデート

SEOならSEOパック
ご利用実績8372件 (2016/09/26現在)

展開は完了、でも更に「進化予定」のモバイルフレンドリーアップデート

Googleは、4月21日に始まったモバイルフレンドリーアップデートの展開が完了した、と発表しました。

しかし、スマホでの読み込みスピードがランキング評価シグナルになっていないなど、まだモバイル検索にはユーザから不満が上がっています。

これを踏まえGoogleは、モバイルフレンドリーアップデートをさらに「改良する」意向を示しました。

20150510ec

Designed by Freepik

モバイルフレンドリーアルゴリズムは「展開完了」

Googleのゲイリー・アイリーズは、米SEOライターの質問に答える形で、「モバイルフレンドリーアップデートは展開が完了した」と発言しました。

しかし、全てのGoogle掲載サイトのインデックス再取得はまだ完了していないため、今後順位がさらに動く可能性もあるとしています。下記が当該のtwitterでのやりとりになります。

質問者(@rusybrick):Googleモバイルアルゴリズムは展開完了したのだろうか?まだ影響はさほど見られていないようだけれど…

アイリーズ(@methode):難しい質問だね。アルゴは展開完了した。でも全部のページが再インデックス再取得されたわけではなく、それらはまだ新しいランキング評価はついていない状態だよ。

いずれスマホ読み込みスピードも順位評価に

またアイリーズは、今後モバイルフレンドリーアップデートに改良を加える旨の発言を行いました。

今のところの予定としては、モバイル版ページの読み込みスピードを、モバイル検索のランキング評価シグナルに加える可能性が高いようです。

質問者(@brysonmeunier):最近のGoogleウェブマスターセントラルでの投票によれば、モバイル検索ユーザのほとんどが一番不満に思っているのが、読み込みの遅いサイトだ。このあたりについても、近々何か新しい対応があるのかな?

アイリーズ(@methode):アナウンスすべき情報は(今のところ)ないのだけど、みんながそう感じているのなら、Googleとしても、モバイルフレンドリーアルゴリズムを改善すべきと考えている。

モバイルフレンドリーアルゴリズムはまだ進化途上

現在のGoogle検索モバイルでも、デスクトップ版と同じランキング評価シグナルが、多く使われています。それらのシグナルには、デスクトップ版サイトの読み込みスピードも含まれています。

つまり、PCでサイトを閲覧した時に読み込みが早ければ、スマホで読み込みが遅くても高く評価されてしまう、ということです。これではモバイル版検索でスピードの遅いサイトがより多く上位に掲載されてしまいかねません。

Googleもこの問題を認識しており、今年2月には、スマホで読み込みの遅いサイトに「遅い」とラベルを表示するテストを行っています

こうしたテストも、モバイルフレンドリーアルゴリズムの傘下で、いずれ正式導入されてゆくことになるでしょう。

次の「モバイルゲドン」はまだ先か

ただし、アイリーズの言うように、いまのところは発表すべき情報は「何もない」とのことから、導入がいつになるかはまだ不明です。

いずれ再び、モバイルフレンドリーアルゴリズムが大変動を引き起こすという「モバイルゲドン」の到来がささやかれる日が来るかもしれません。しかし、少なくとも今は、まだ先の話のようです。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて