【速報】米で検索順位に乱れ/パンダアップデートの前兆か

SEOならSEOパック
ご利用実績8293件 (2016/08/31現在)

【速報】米で検索順位に乱れ/パンダアップデートの前兆か

この一週間ほど、アメリカのGoogle検索結果で、順位に乱れが生じているとの情報が入りました。

こうした状況では、数日後に日本でも順位変動が起きるケースも多いため、今後数日は自社サイトの順位を確認しておくことを強くおすすめします。

速報として各種お伝えします。

20160317-flux-ec2

アメリカでの順位変動のようす

アメリカの大手WEBマーケポータルであるWebmasterWorldで、この一週間ほど、順位に異変のあったサイトからの、次のような報告が相次いでいます。

「昨夜から、突然のトラフィック減少など、何か起きている感じ。パンダアップデートかも」

「ページ本文やmetaタグ内ほか、いたるところにキーワードを詰め込んだページの順位が上がっている」

米国内の順位計測サイトではわずかに変動見られる

報告の中には、先週金曜(3月11日)に小規模なパンダアップデートが発生したと推測する声もあります。

パンダアップデートとは
サイトコンテンツの品質を評価して、順位を上昇または下降させる、Googleのアルゴリズム更新です。サイトのオリジナル性やバナー量など、様々なポイントが順位変動のきっかけとなります。 →詳しい解説はこちら 「パンダアップデートとは?

しかしパンダアップデートの展開は現在極めてゆっくりなものであり、その影響がどの範囲までのものかは、分析の難しいものとなっています。

アメリカの順位変動検知サイトでは、MozcastSERPs.comRankRangerなどで、わずかな変動が確認できますが、インターネット全体の大きな変動は確認できていません。

国内は特に異変なく穏やか

国内のGoogle順位計測を行うnamaz.jpでは、先週水曜の3月9日に小規模な変動が確認できるほかは、おおむね穏やかな順位変動となっています。

20160317-flux-namaz

アメリカの変動が、一部のカテゴリ(=ターゲットキーワードジャンル、サイト構成、商材のジャンルといった区分)に限定したものの可能性もあります。

特に、SEO対策の十分でないサイトでは、順位の大幅な下降などに注意して下さい。

SEO Packユーザーは月初と変わらず上昇率安定

この一週間のSEO Packユーザーの順位上昇率は 87.0% と、直近の実績公開値と変わらず安定しています。

順位上昇のほか順位安定の導入効果もあるSEO Packでは、これまでおよび現在においてユーザー順位へ特に影響は見られず、今回も影響は軽微と考えられます。

参考:SEO Packの最新上昇率実績(最新実績値、月間集計)

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて