「被リンクSEOだけ」でGoogle上位の「超有名サイト」とは?/対策法を知る 

SEOならSEOパック
ご利用実績9222件 (2017/07/25現在)

「被リンクSEOだけ」でGoogle上位の「超有名サイト」とは?/対策法を知る 

「SEOに被リンクは必要ない」という人を、たまに見かけることがあります。コンテンツが優れていれば、どんなキーワードでも、リンクなしでも検索順位が上がる、というのです。

しかし、これは事実ではありません。
当社ユーザー様でも、以前この話を鵜呑みにし、チャンスを逃していた方が少なくありません。

被リンクのSEO効果がどれほど大きいかを知るため、コンテンツSEOなしの被リンク「だけ」で検索上位にいる「超有名サイト」の事例を見てみます。また前段として、被リンクの重要性についてのGoogle自身の発言を解説します。20160721-link-only-yahoo

前提:Googleが説明する被リンクの重要性

まずは、Google自身が被リンクについてどう説明しているか、確認しましょう。
2015年、Googleスタッフとあるウェブマスターとの間で交わされた、次のやり取りを紹介します。

質問者:

被リンクがなくても、本当に役立つコンテンツがあれば、Google検索で上位表示はできますか?

Google ジョン・ミューラー:

はっきり言うと、被リンクがないと上位表示は困難です。
理屈では可能ですが、競合サイトがいると、実際すごく難しいでしょう。

ここでGoogleは「被リンクなしでの上位表示は難しい」と、はっきり言い切っています。
※他にもGoogleは、各国の上級スタッフの声明を通じて、被リンクの重要さを何度も説明しています

被リンクがあると具体的にどうなる?

では次に、被リンクが具体的にどのようにSEOに役立つのか、少し確認してみましょう。

SEOとは、競合サイトに勝つこと

例えばあなたのサイトが「コーヒー 通販」サイトなら、この検索結果新しいタブで開くに出てくる全ての「競合サイト」(=自分以外のサイト)を抜いて上位表示させる必要があります。
20160715-link-only-yahoo-competitor
そのため、競合サイトよりも優れたSEO対策をする必要があります。

「良いコンテンツ」は多く、勝負は被リンクで決まる

このとき必要なSEO対策は、①コンテンツ作成、②被リンク対策、のふたつです。
そこで、これらの対策状況について、競合サイトを調べます。例えば「コーヒー 通販」の検索結果サイト新しいタブで開くを上から見てみると、どれも「①コンテンツ」は優れています。

それもそのはず、コンテンツ品質があるレベル以上でないと、Googleは上位掲載しません。しかも現在は、どんな検索ワードでも、同じくらい優れたコンテンツのサイトが多く存在します。

こうなると、Googleはコンテンツ品質だけでは順位付けができません。そこでGoogleが重視するのが、被リンクです。しかも実際は、コンテンツだけ作って被リンク対策をしないサイトはとても多く、そんなサイトは、他の被リンクの多いサイトにかんたんに負けてしまうのです。

「被リンクだけで上位」の超有名サイト

被リンクが勝負を決める、ということが非常によくわかる例が、次に紹介する「超有名サイト」の事例です。

このサイトは、コンテンツ対策が一切行われていないにも関わらず、ある検索ワードの上位掲載を「被リンクだけ」で実現しているのです。

こんな検索ワードで、意外なサイトが上位に

「退出する」というワードの検索結果には、どんなサイトが並ぶと思うでしょうか?多くの人は、「退出」という言葉の辞書サイトや知恵袋サイトをイメージするでしょう。しかし、実際に検索してみると、上位に意外なサイトが混じっているのです。

Yahoo! JAPANのトップページです。
20160715-link-leave-yahoo-serp

※2016年7月時点の検索結果キャプチャ

3位に掲載されているYahoo! JAPANのこのURLでは、「退出する」というワードはどこにも一つも含まれていません。つまり、コンテンツSEOの面だとYahoo!トップは「0点」です。
なのに、なぜ上位掲載されているのでしょうか?

そのわけは、Yahoo!トップが獲得している被リンクにあります。

Yahoo!トップが「意図せず」獲得した強力な被リンク対策

実は、Yahoo!トップは「退出する」というテキストで大量の被リンクが貼られているのです。この大量の「退出する」というリンクが、強力なSEO対策になっているのです。

なお、Yahoo! JAPANに「退出する」という被リンクが無数に付いているのは、アダルトサイト等で置かれている未成年訪問者向けの「退出する」というリンクのほとんどが、リンク先にYahoo! JAPANを指定しているためです。
20160721-link-only-yahoo-adults
この、リンク部分のテキスト(上の例なら「退出する」というテキスト)を「アンカーテキスト」と呼びますが、このYahoo!の例から、アンカーテキストにキーワードがあると高いSEO効果を持つことがわかります。

「高品質コンテンツ」をリンクだけで軽く上回る「評価ゼロ」ページ

Yahoo!トップは、「退出する」と同じ理由で、「18歳未満」「LEAVE」といったワードでも上位表示されます。どのワードもYahoo!トップのコンテンツにはありません。一方、Yahoo!より下位には、各ワードでの高品質コンテンツを載せたページがひしめいています。

つまりYahoo!トップは、コンテンツ評価で圧倒的に劣るにも関わらず、被リンクの力だけで上位掲載されているのです。

被リンクはサイト規模によらず効果を出す

このYahoo!トップの例で、順位上昇に被リンクがどれだけ重要かわかるはずです。

しかし、これでも「Yahoo!が上位なのは、有名サイトだからで、何か特別なことをしているからでは?」と思う方もいるでしょう。

でも実は、Yahoo!トップだからといって、何か特別なSEO対策が効果を出しているわけではないのです。順位上昇にまず必要なのはコンテンツと被リンクの二つで、それはYahoo!のような超巨大サイトでも、始めたばかりの小規模サイトでも、基本的に変わらないのです。

被リンク数は、Yahoo!ほど多くなくて「当然」かまわない

しかも、ほとんどのビジネスサイトであれば、実はYahoo!トップが獲得しているほど多くの被リンクは必要ありません。上に示した事例だとYahoo!はコンテンツゼロですが、普通のビジネスサイトなら、当然コンテンツがあるからです。

事実、SEO Pack新しいタブで開く利用サイトの順位上昇率は平均8-9割に達しますが、これら上昇サイトの中には、SEO Packの獲得支援による被リンク10本程度のサイトが多数含まれています。

つまり、いま運営中の一般的なビジネスサイトのような、既にコンテンツがあるサイトなら、バランスのよい被リンクが一定数得られるだけで、十分に検索順位を上げることができるのです。

被リンク対策の成功でSEOの真価がわかる

ほとんどのサイト運営者は、コンテンツ改善だけで検索上位掲載はできない、と知っているはずです。しかし、ここで「もっとコンテンツ改善が必要なのだろうか?」と際限なく作業したり「他のサイトは何か裏技を使っているのでは…」と思い込んだりしていないでしょうか?

そのように考えていては、いくら手間やコストをかけても、順位上昇はできません。
コンテンツさえあるなら、あと必要なのは、被リンク対策なのです。

まずは適切な被リンク対策を行い、対策の基盤を整えて下さい。
特に、初めて対策するサイトでは、まずSEO Pack新しいタブで開くを導入してください。それで順位が上がり集客が増え出したとき、初めて「SEO対策の真価」がはっきりと理解できるはずです。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心にSEO情報を配信中。