Google Search Console(サーチコンソール)の使い方

SEOならSEOパック
ご利用実績7617件 (2016/05/25現在)
利用37日で「SEO 9位」「MEO 3位」!1ページに「2つ表示」させた歯科の事例

Google Search Console(サーチコンソール)の使い方

あああ

Google Search Console(サーチコンソール)とは

旧Googleウェブマスターツールです。2015年5月に名称が変更になりました。
Googleウェブマスターツールから使い方の変更ありません。

SEO対策はもとより、サイトを運営していくためには必ず設定することをお勧めします。

Google Search Console(サーチコンソール)でできること

★Googleからのメッセージを確認できる
★サイトへの来訪キーワードがわかる
★外部リンクの詳細がわかる
・モバイルユーザビリてぃがわかる
★Googleが認識しているコンテンツキーワードがわかる
・URLの削除ができる
・クロールエラーが確認できる
★サイトの再クロールを申請
・サイトマップ、robots.txtの送信ができる
・サイトの問題を確認できる

上記のように、Webサイトをより効果的に運営するため、来訪キーワードや、サイトの問題などを核にすることができます。
★をつけた箇所が、WEBマーケティングを行う上で、私が頻繁に利用する機能です。

各機能についてご案内します。

Googleからのメッセージを確認できる

メッセージがある場合は、ここにメッセージが表示されます。
サイトにアクセスできない、ペナルティを受けている(または回避した)などのメッセージが届きます。

Search Console-[メッセージ]をクリックする

サイトへの来訪キーワードがわかる

自分のサイトがどんなキーワードでユーザーの目に留まっているかを確認できます。
また、掲載順位が高いけど、CTRが低いキーワードについては、タイトルタグの内容を変更するなどして、CTRを向上させるようにします。
また、よくクリックされているキーワードからページを調べ、そのページからコンバージョンにつなげやすい導線を確保するなど工夫を行います。

Search Console-[検索トラフィック]-[検索アナリティクス]をクリックする

・よく見られるキーワード
・検索結果ページへの表示回数
・検索結果ページのクリック数(ユーザーがサイトに来訪した数)
・検索順位

外部リンクの詳細がわかる

数年前から、被リンクが何本どこに設定されているか調査することが難しくなりました。
一部サードパーティ製のツール(ahrefsなど)から被リンク数を調査することはできますが、より最新で多い被リンク数を確認できるのが、Search Consoleです。

被リンクの総数や、被リンク元サイト、どこから被リンクが多く設定されているかなどを確認できます。

下記方法で、現在設定されている被リンク元サイト(一部)を確認できます。
1)Search Console-[検索トラフィック]-[サイトへのリンク]をクリックする
2)「リンク数の最も多いリンク元」の下にある「詳細」ボタンをクリックする
3)サマリー>すべてのドメイン から「最新のリンクをダウンロード」をクリックする

Googleが認識しているコンテンツキーワードがわかる

Googleが認識しているサイトのテーマを確認することができます。
自分がサイトに設定しているテーマとGoogleが認識しているテーマが合致しているかを確認できます。

Search Console-[Googleインデックス]-[コンテンツキーワード]をクリックする

この画面で表示されたキーワードは、各リンクが設定されています。
リンクをクリックすると、実際にそのキーワードが利用されているページが一覧表示されます。

各ページごとに自分が意図しているテーマとGoogleが意識しているテーマが合致すしているかを確認します。
異なっている場合は、修正を加えます。

サイトのクロール頻度によって異なりますが、2週間あれば本ページ内容が更新されています。

サイトの再クロールを申請

サイトにページを追加、更新などを行った際には、Googleに認識されないと、検索結果ページに反映されません。
その為、より早くGoogleに認識されるためにサイトの再クロール(Fetch as Google)を申請します。

1) Search Console-[クロール]-[Fetch as Google]をクリックする
2) 検索窓に該当ページのURLを入力し「取得」をクリック
3)更新後の表示「インデックスに送信」をクリック
4)「このURLと直接リンクをクロールする」を選択、「送信」をクリック

Google Search Console設定

1)Googleにアクセスします
2)Googleのアカウントでログインを行います。
 Googleのアカウントが無い場合は、アカウントを作成します(無料)
3)画面右上にある赤いボタン[プロパティを追加]をクリックします
4)管理するURLを入力し、「続行」ボタンをクリックする
5)「別の方法」タブをクリック「HTMLタグ」にチェック、「確認」ボタンをクリックする
6)HTMLタグが表示されますので、その内容をコピーし、サイトのheadタグ内に埋め込みます。
7)Google Search Consoleの画面に戻り「確認」ボタンをクリックする
8)所有権が確認されました のメッセージが表示されます。
 これで設定は完了です。

まとめ

Google Search Consoleは、サイトを運営する際に、必須のツールです。
何よりも自分が管理するサイトに対しての情報を提供してくれ、改善に役立ちます。
また順位が大きく下落した際にペナルティになって順位が下落したのかが、Google Search Consoleを見るとわかります。
まずSEO対策で、外部リンク設定+コンテンツ追加+タイトルタグの設定と基本の対策が完了したらすぐにGoogle Search Consoleを設定することを強くお勧めします。
(SEO対策が先なのは、成果が得られるまでに時間を有するためです)

今回は、私が普段よく利用する機能を中心に記述しましたが、他にも便利機能が複数あります。Google Search Consoleを触ってみてください。

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO PackブログはSEO Packが運営しています。

フォローして購読する

follow us in feedly
8

登録で「スマホSEOノウハウ」プレゼント!

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて