Google「更新の時はXMLサイトマップだけじゃなくRSS / Atomも使って」

SEOならSEOパック
ご利用実績8167件 (2016/07/24現在)
【上位達成に必須のリンク支援】Googleガイドラインを考慮した「6つのリンク品質基準」とは?

[2014/10/23] (最終更新日 2015/09/04)

Google「更新の時はXMLサイトマップだけじゃなくRSS / Atomも使って」

先日「Googleにコンテンツをちゃんと見つけてほしいなら、XMLサイトマップだけじゃなくてRSS/Atomフィードも使って」と、Googleから公式な発言がありました。

WS000001


参考サイト:Best practices for XML sitemaps & RSS/Atom feeds(英語)

なぜ両方使う必要があるの?

この発言は、Googleフィードチームのアルキス・エヴロギメノスさんによるもの。彼によれば、Googleのクロールを受ける最適な方法は、XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの両方を使ってGoogleに更新を知らせるように、とのことです。

これはなぜなのでしょうか?

XMLサイトマップはサイトの全ての情報をGoogleに渡しますが、一方RSS/Atomフィードのほうはサイトのすべての更新情報を提供することになります。両者を併用することにより、Googleは、検索インデックス内のサイトコンテンツをより新鮮な状態に保っておくことができることになります。

フィード送信の他の方法

また、Googleは、新しいURLをGoogleに知らせるときには、サイトマップのping送信のほか、PubSubHubbubの両者を使うように、とも勧めています。

PubSubHubbubはRSS/Atomを拡張して作ったフィードで、リアルタイム、つまり一瞬で更新通知を送ることができるのが最大の特長です。それまでのフィードが通知先への反映まで数分~数十分というタームだったのに対し、PubSubHubbubは数秒以内というタームで動くとされています。

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧
SEO PackブログはSEO Packが運営しています。
SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて