検索エンジン最適化とは? ウェブサイトのアクセスを増やす基本ノウハウ

SEOならSEOパック
ご利用実績9301件 (2017/08/23現在)

[2017/02/13] (最終更新日 2017/03/29)

検索エンジン最適化とは? ウェブサイトのアクセスを増やす基本ノウハウ

170210-search-engine-optimization01

検索エンジン最適化は、一般的に「SEO」と呼ばれます(Seach Engine Optimizationの頭文字)。

検索エンジン最適化を行うことによって、ウェブサイトが自分の意図したように検索エンジンから評価されるようになります。これにより検索ランキングでサイトが上位化され、集客力を高めることが出来るのです。

検索エンジン最適化 最初のステップ

対策キーワードの明確化

まずは、何のキーワードで上位化したいのかを決めなければなりません。

検索エンジンはテーマが明確なサイトでなければ評価しません。つまり、「たくさんのワードで上位化し、いろいろな人にサイトに来て欲しい」という考えでページを作ると、逆効果になることが多いのです。

上位化させるキーワードは、1つに絞って下さい。1つのキーワードでまず評価された結果、のちのちロングテールが効いて集客できるキーワードが増えていきます。

※参考
「1ページにコンテンツは1つだけ」/Googleが念押し
ロングテールSEOの基本テクニックと期待できる効果

タイトルの調整

タイトルはSEO対策でもっとも重要な要素の1つです。必ず以下の2点を守って、タイトルの文言を考えてみましょう。

・対策キーワードを含める
・28字程度で、クリックされやすい文言にする

※参考
SEO1位のための「titleタグ」ガイド

リンクとコンテンツで1段階上へ

被リンクでサイトパワーを高める

被リンクとは、他のサイトから受けたリンクの事をいいます。バックリンク、外部リンクなどとも呼ばれます。

検索エンジンは、質が高い被リンクを多く集めているサイトを高く評価します。リンクをされているということは、それだけページの内容に価値がある、という判断をするからです。

ただし被リンクを集めるのは容易ではありません。良い内容のページであっても、リンクしてもらうには時間がかかってしまいます。

短期間でサイトのパワーを高めて順位上昇を狙うのであれば、リンク付きのSEOサービスを利用するという事を検討しても良いかもしれません。コストはかかりますが、それだけ即効性の高い施策を打つことが出来ます。

※参考
SEO対策 – SEOツール付パッケージ SEOパック|ディーボ

ユーザー目線でコンテンツを磨き上げる

Googleは、「検索ユーザーが求めているコンテンツが多いサイト」を高く評価します。オリジナリティが高く、かつ質の高い内容のページであるほど順位が上昇しやすくなります。

しかし何を持って良いコンテンツ、求められるコンテンツだと言えるのでしょうか。考えてもなかなか分かりませんし、キーワードごとに様々なケースがあるため難しいですね。

上位SEO解析ツール fukuro」では、現在評価されているサイトを分析し、有効なコンテンツをいくつか提示します。時間のかかるコンテンツ分析がすぐにできる便利ツール。ぜひ一度お試しください。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心にSEO情報を配信中。