【速報】パンダアップデート変動の可能性濃厚/週末にかけて注意を

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/20現在)

【速報】パンダアップデート変動の可能性濃厚/週末にかけて注意を

昨日レポートした、検索トラフィックの減少または品質低下が起きている「異変」につき、新しい情報が入りました。

これによれば、今回起きている検索トラフィックの異変は、パンダアルゴリズムのアップデートが影響している可能性が濃厚と言えます。

パンダアルゴリズムはウェブページの品質を評価するもので、更新により評価方法が変化すると、多くのサイト順位に影響する可能性があります。20160616-flux-panda

パンダアップデートにつきGoogle言及

この数日、海外サイトで「検索トラフィックに異変が起きている」という報告が増えていました。その内容は下記のようなものです。

  • Google検索トラフィックの減少
  • 検索からのコンバージョンの減少
  • サイトを変えていないのにこうした現象が起こる

パンダ変動の可能性を直接Googleに質問

これらの特徴は「ターゲットワードでの検索順位下落」「非ターゲットワードでの予期せぬ検索順位上昇」によるものと考えられ、コンテンツ品質を評価するアルゴリズム、すなわちパンダアルゴリズムにおける何らかの変化が原因ではないか、という説が浮上していました。

参考記事:訪問減、コンバージョン減… 検索トラフィックに異変、海外で(6月15日記事))新しいタブで開く

これにつき、米著名SEOエキスパートがGoogleへ直接質問したところ、この「パンダアップデート説」を裏付けるような回答が帰ってきました。

Google「品質アルゴリズムによる影響」

GoogleのSEO関連スポークスマンであるジョン・ミューラーは、米時間6月14日のオンラインカンファレンスで、米著名SEOエキスパートおよびウェブマスターからの質問に対し回答しました

質問者(バリー・シュワルツ):
今ではパンダアップデートは自動更新になりました。それはわたしたち(ウェブマスター側)もはっきりと理解しています。いま現在も、常に、パンダアップデートはふっくりと自動的に更新が続いている状態でしょう。

…私はこのところ、検索トラフィックに異変が生じたサイトの報告を、散発的に見かけました。これはパンダアップデートが動いているからなのか、それとも、Google側が感知できないなにかなのか、どっちなのでしょうか?

ミューラー:
パンダアップデートは今も動いています。…これは基本的に、いつも自分で更新を続けているものだが、…このように品質アルゴリズムの影響を受ける人たちは出て来ます。

参照:Search Engine Rountable, 原文英語、翻訳は本稿筆者

ミューラー:
(パンダアルゴリズムの評価ポイントは)根本的に、以前と変わっていません。…でも、エンジニアらの様子を見るに、何も変わっていない、とも言えない。知る限りでは、彼らはアルゴリズムを調整しています

今後もパンダ変動の可能性浮上

ミューラーは断定的な言い方を避けて回りくどく発言していますが、総合すると

  • パンダアルゴリズムは今も手動調整が行われる
  • 今回の異変はサイト品質アルゴリズム(=パンダ)による可能性が濃厚

と言えます。

パンダアップデートは現在、少しずつアルゴリズムを更新していく自動更新方式に切り替わったとされ、順位やトラフィック品質が突然大きく変化することもない、と言われてきました。

しかし、品質アルゴリズムの変化が原因としか思えないような、大きなトラフィック変動が現に起きています。結論として、今後もパンダアップデートによる変動が起き得ると言えます。

国内サイトは週末にかけて注意を

現在の日本国内の状況としては、検索ランキングに特別な動きは見られていません。

国内全体のサイト傾向は安定

Gooogle順位変動計測ツール namaz.jp新しいタブで開く は本日も概ね安定を示しており、この数日でも大きな異変は見られません。

(16日13:15追記)
本日16日朝、一時的に変動幅 7.2位 の不安定な状態が計測されましたが、こうした一時的な変動幅の微増は平常から見られるものです。本日の一日平均変動幅は 6.3位 、また昨日は 6.2位 と、このところ通じて安定しています。

SEO対策中サイトの順位は通常通り良好

また、SEO対策効果の状況としては、総合SEOパッケージ SEO Pack新しいタブで開くを利用中のサイトの順位上昇率は 87.8% と、通常と変わらない良好な状態です。(16日11:00時点、昨日は87.4%)

通常、こうしたアルゴリズム変動の際は、GoogleがSEO状況の再評価を行うことにより、SEO対策中サイトの順位がさらに上昇する傾向があります。こうした国内の状況を見ると、今のところ、アルゴリズム変動の兆候は見られません。

未対策サイト、対策中サイトとも状況把握を

アルゴリズム変動の影響は、まず海外で起きてから日本へ伝わってくることが多く、これから週末にかけて、検索トラフィックに大きな影響が出るサイトが現れる可能性は否定できません。

とくにSEO未対策サイトでは、検索順位や訪問ユーザーの品質に悪影響が出る可能性もあります。ビジネスサイトの管理者の方は、今後しばらく、検索順位やトラフィック、コンバージョン率低下などに注意するようにしてください。

また、 SEO Pack新しいタブで開く をご利用中の対策済みサイトについては、今後当社より配信するレポート等にて状況をお伝えします。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。