【続報】Google変動、発生1週間も収束せず/国内じりじり変動増か

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/17現在)

【続報】Google変動、発生1週間も収束せず/国内じりじり変動増か

米時間9月1日に米・欧・豪州で発生したきわめて大きなGoogle順位変動は、ピーク時よりは弱まりつつも、収束する気配は見えません。

そんななか日本では、まだピークには達していない模様とはいえ、順位変動値が瞬間的に大きくなる動きも出ており、ジリジリと変動が続いている状況です。
現在の状況を、続報としてお伝えします。20160909-flux3

米・欧・豪州は中規模変動が継続

先日より続く世界規模のGoogle順位大変動ですが、最初に大変動が報告されたアメリカ・ヨーロッパ圏・オーストラリアでの順位変動は、ピークを過ぎたものの依然として中規模の順位変動が続いています。

アメリカでは:ピーク過ぎるも油断できない状況

アメリカの各変動検知ツールでは、以前よりは変動幅は落ち着いたものの、中規模の変動が毎日発生している状況で、沈静化したとは言えない状況です。

下は、検知ツールMozcastおよびSERPmetricsの本日時点キャプチャです。赤枠部分が大変動発生から本日までのグラフ最新値です。
(※いずれも今日付け最新データは米時間9/7ぶんまで)

20160909-flux3-mozcast
20160909-flux3-serpmetrics

いずれも特徴的なのが、一度は変動が収まりつつも、最新データ(各グラフの最も右端のデータ)がいずれも、前日より右肩上がりとなっている点です。ピーク時のような大変動が来るかどうかはわかりませんが、まだ収束したわけではないようです。

オーストラリアも:沈静後また右肩上がりか

一方オーストラリアでも、変動検知ツールAlgorooによれば、アメリカと同じような順位の動きが見られています。

下図赤枠部分を見ると、最大変動時(赤いグラフ)から沈静化はしているものの、やはり最新データ(棒グラフの右はじ)は若干持ち上がった状態となっています。
20160909-flux3-algoroo

日本では:いまだピーク来ず、しかし…

日本国内の動きとしては、検知ツールnamaz.jpによれば、発生日から現在まで、中規模変動がジリジリと継続しており、しかし上記各国のように変動ピークが到来したようすはありません。
20160909-flux3-namaz-graph

通常、海外英語圏で起きたGoogle変動は1-2週遅れて日本にやってくることが多く、今週末から来週末にかけて、国内のビジネスサイト管理者は警戒が必要と考えられます。

瞬間的には大きめの変動値も計測

なお、上に示した日別グラフでは、毎日変動値7位前後が続いているものの、時間別で数値を確認すると、少々大きめの変動値が計測されています。

本日9月9日の15:30時点では、計測値は8位で「不安定」を示しており、瞬間的な変動値は大きくなっているようにも思われます。
20160909-flux3-namaz-8

SEO対策中のサイトは安定、異変なく

アルゴリズム更新の可能性がある今回のような大変動では、SNSやオンラインフォーラムで順位下落サイトの報告が増える一方で、当然(順位入れ替わりにより)順位上昇するサイトも多くなります。

Google推奨の基本SEOを行うサイトは、こうした際に順位安定もしくは上昇する例が多くなります。SEO Pack新しいタブで開くを利用中のサイトの本日付順位上昇率は「91.8%」と、前回計測時に比べ0.9ポイントの微減とはいえ、依然よい成果を示しており、特段の異常は見られませんでした。

国内は今週末から来週末まで警戒を

先に述べたように、海外で起きた変動は、その週から翌週、もしくは翌々週の週末に日本へ波及するケースが多くなっています。

今回の変動はまだ海外でも収束していないとはいえ、日本でも変動のピークがやって来る可能性はいまだ高いと言えます。この金曜夜から土日、もしくは来週末あたりは、とくに自サイトの順位を警戒し、同時にSEO対策の整備を行うことが必須となっています。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。