SEOの超初心者が知っておくべき基礎知識

SEOならSEOパック
ご利用実績10805件 (2019/05/23現在)

[2019/02/22] (最終更新日 2019/02/27)

SEOの超初心者が知っておくべき基礎知識

SEOがそもそも何かわからないという方へ

SEO関係のサイトや本を見ても、「コンテンツ対策」だったり、「アルゴリズム」だったりと、
難しい言葉が並べられて、「よくわからない」と感じる方、いるのではないでしょうか。

ホームページ担当者の方ならまだしも、ホームページに関して知識がない人間にとっては、
ハードルが高いのではないかと思います。

SEO対策をしてみようと思ったけど、「色々と難しそうだし広告出そうかな・・・」と
お考えではないですか?

当ページではそんな、SEO超初心者の方へ向けて、「SEOを理解するために必要な知識
について解説していきます!

「SEO対策をやろうと思っていたが、断念した」「はじめたいけど、なんだか難しそう」とお考えの方は、ご参考にして頂ければと思います。

「ブラウザ」と「検索エンジン」とは?

私たちがパソコンやスマホを使ってホームページを閲覧するときに利用するソフトのことを
ブラウザ」と呼びます。

▼ブラウザ例(一部)
Google Chrome
Safari
Internet Explorer
Firefox

今、このブログを見ている方も、何かの「ブラウザ」を利用して見ている
ことになります。

「ブラウザ」でサイトを閲覧する場合、サイトのURLを知っている場合はそのまま開けば良い
だけですが、もし何かしらの情報を調べたい場合、「ブラウザ」だけでは調べることが
出来ません。

「ブラウザ」で何かしらの情報を知りたいときは、「検索エンジン」というツールを
利用する必要があります。

少しややこしいかと思いますが、「ブラウザ」がネットに接続するためのソフトで、
「検索エンジン」が、「ブラウザ」で何かしらの情報を調べる時に使うツールということですね。

この「ブラウザ」と「検索エンジン」があって初めてホームページ上の情報を調べられるということです。
(アプリなど例外はあります)

検索エンジンって?

検索エンジン」は、インターネット上にあるホームページなどの情報を
一覧で表示させるツールです。

例えば「ジャケット おしゃれ」というワードで検索した場合、下の画像のような一覧が
表示されますが、こちらは「このキーワードで調べるということは、この情報が知りたいのでは?
と「検索エンジン」が判断した結果、表示される一覧情報なのです。

この、「検索した後に表示される一覧」である「検索結果」で、自分のサイトがユーザーの
目につく位置までに上げるために必要なのが、「SEO対策」です。

上記でご説明していた「検索エンジン」ですが、様々な種類があります。
代表的なものは、だれでも聞いたことがあるような「Google」や「Yahoo!」、「bing
などがあります。

各「検索エンジン」は、それぞれオリジナルの検索結果を表示します。

例えば、「Google」と「bing」で「アメリカ大統領」と検索した場合、
「Google」の検索結果では、初めにトランプ大統領のwikipediaページが表示されますが、
「bing」では、ニュース記事がトップに表示されます。
(左がGoogle、右がbingです)

検索エンジンによって検索結果が違う理由

「検索エンジン」毎に検索結果が違う理由は、それぞれが独自のアルゴリズムを有しているからです。
※アルゴリズムとは、結果を導き出すための計算方式のことを指します

簡単にお伝えすると、「このサイトを検索結果の上位に位置させよう!」といった判断基準がそれぞれ異なるということです。

ただ、「Yahoo!」に関しては、「Google」のアルゴリズムをベースとしているため、
検索結果の内容が近い場合が多いです。

どの検索エンジンがいいの?

SEO対策を実施する場合は、検索エンジンをどれか一つに注目し、順位などを確認すると良いでしょう。

では、何を基準に検索エンジンを絞り込めばいいの?という場合、使っている人が一番多く、世界的に最も有名な検索エンジンである、「Google」にしておくのがベターです。

下の画像は、検索エンジンのシェア数を表したグラフとなりますが、「Google」が突出して
シェア数が多いことが分かります。(※グラフ上の赤色の線がGoogleとなります。)
※参考 Search Engine Market Share Worldwide

GoogleのSEO対策はどんなことするの?

Google検索エンジンは、日々進歩していくため、昔に通用したはずの対策方法が、今は通じないといったことが多々あります。

“今”のSEO対策を実施していく上で必要な対策方法は、下記の3つとなります。

▼SEO対策でするべき重要要素
外部対策
内部対策
コンテンツ対策

この3つの対策を実施することで、サイトの順位がグンと上がる可能性があります。

それでは、”今”のSEO対策の重要要素についての詳細をご説明いたします。

外部対策

外部対策」は、大まかにいうと、別のサイトから被リンク(外部リンク)を貰った数だけ強くなるというものです。

被リンクとは、別ドメインのサイトからのリンクのことを指します。
同じドメインのページ同士でリンクしても、被リンクとしてはカウントされません。

    ■例:被リンクとしてカウントされる状態
    https://xxxx.jp/
    から
    https://zzzz.jp
    へのリンクは外部リンク

    ■例:被リンクとしてカウントされない状態
    https://xxxx.jp/blog/
    から
    https://xxxx.jp/
    へのリンクは「外」からのリンクではないため、
    被リンクとしてカウントされない

例えばブログやコラムサイトなどを見ると、「おすすめのサイトはこちら」といった形で
そのサイトのURLが張られていることがあると思います。

Googleは、
被リンクが多く張られているということは、このサイトはおすすめされているサイトなんだな
と認識し、
おすすめされているサイトをもっとを多くの人に見てもらった方がいい
と判断してサイトの評価を上げます。

そのため、自分のサイトの評価を上げる場合、被リンクを増やしていくことは有効です。

被リンクを増やす方法としては、「SNSを活用しシェアされる」「自分のサイトにリンクしてくれるサイトを探し依頼する」などが挙げられます。

被リンクだけで順位は上がるのか

一昔前に、リンクだけ張っていれば順位が上昇するといった時代がありましたが、現在は、「ユーザーが使いやすいか」・「ユーザーの求めている情報が記載されているか」なども評価の判断基準としているため、必ずしもそうではありませんが、「被リンク」だけでは順位を上げることは難しいです。

仮にリンクが大量に設置されているサイトがあったとしても、サイト内容や見た目、使いやすさが良くなければ、ユーザーはサイトからすぐに離れて行くと思います。

その場合、Googleは「ユーザーがすぐに離れるということは、あまり良くないサイトなんだな」と判断するため、サイトの評価が上がりにくくなります。

サイトを作成した立場からしてみても、ユーザーにサイトを見られなければ作った意味があまりないかと思います。

そのため、「外部対策」と並列して、ユーザーが使いやすいサイト作りを進めていくことも重要です。

外部リンクを集める上での注意点

昔は「不自然なリンクでも良いのでとにかくリンクを多く張る」といった対策方法がありましたが、
今は「不自然なリンク」が張られていることでGoogleからマイナスの評価を受ける可能性があります。

「不自然なリンク」とは、主にリンク集と呼ばれるリンクしかないようなサイトのことを指します。

そのため、被リンクを集める場合は、「どんなリンクでも良い」ではなく、「自然なリンク」を集めていくことが重要になります。

コンテンツ対策

コンテンツ対策」とは、検索ユーザーが求めているコンテンツ(コンテンツ=情報)を
サイト内に表示させる対策です。

例えばネットでリンゴを購入しようとしたとき、Googleで「リンゴ 通販」と調べると、リンゴの通販サイトばかり出てくるかと思います。

しかし、もし仮に「リンゴ 通販」ワードの検索結果にリンゴの通販サイトが表示されず、「リンゴの剥き方」ページばかりが表示されてしまうと、一部のユーザーは「自分の求めていた結果ではない」と判断し、Googleではない別の検索エンジンを利用するようになってしまうかと思います。

そういったことを抑えるために、Googleでは「リンゴ 通販」で調べたユーザーが見たいであろう「リンゴの通販サイト」を検索結果の上位に表示させます。

自分のサイトに「コンテンツ対策」を実施する場合は、自分のサイトをどんな「キーワード」で対策をしたいかを決め、その「キーワード」の検索結果の上位に位置しているサイトがどのようなコンテンツを持っているかを確認してみましょう。

上位サイトは、Googleに「このサイトはこのキーワードで調べるユーザーに求められている」と判断されたサイトであるため、そのサイトが持っているコンテンツを自分のサイトにも取り込むことで、サイトの評価が上がる可能性があります。

“今”のSEO対策に重要なことは、自分が伝えたい内容を盛り込むことではなく、検索している「ユーザー」の求めているコンテンツを追加することです。

内部対策

「内部対策」は、検索ユーザーがよりサイトを見やすくなるように、サイトを構成している「HTML」や「CSS」などを編集する対策方法となります。

内容としては、
・コピーのようなページがないか
・サイト内のリンクが適切に張られているか
・ページを開いたときに初めて見える画面は見やすいか

などが挙げられます。

現在のGoogleは、マイナス要素のあるサイトの評価を下げる傾向にあります。

例えばコピーページが大量にある場合、Googleは中身のない、ユーザーに有益ではない
ページを量産しているとして、サイトの評価を下げます。

そのため、「内部対策」を実施される場合は、まずサイトのマイナス要素を取り除いてから、
「サイトの見やすさ」の部分に着手することをおすすめいたします。

また、「BiND」や、「Jimdo」などのCMS(※)を利用されている方で上記のような対策を実施することが難しいという方は、サイト全体の「title」タグや「meta description」などが適切な内容になっているかを確認してみることをおすすめいたします。

※・・・HTMLなどの専門知識が無くても簡単にホームページを作れるシステム

まとめ

今回はSEOの超初心者の方へ向けての解説をさせていただきました。

SEOの根本を理解することで、「なぜこの対策が必要なのか?」と悩むことも少なくなると思います。

この記事はSEOの入門のような内容となっております。もう少しSEOについて理解を深めたいとご興味を持たれた方はSEO対策についての基本もご参考にしてみてください。
SEO初心者でも簡単にできる基本的なSEO対策方法をご紹介しています。

SEOに対する理解が深まることで、サイトをどのように調整していくべきかが
見えてくると思います。

SEO対策を進めていく上で行き詰ったときは、SEOのプロに対策を依頼する、またはSEOサービスを利用してみるのも良いでしょう。

SEO Packがご提供しているSEOサービスは、本ページでご案内しておりました、
「外部対策」・「内部対策」・「コンテンツ対策」の要素を支援しております。

ご興味のある方は、SEO Packのお問い合わせフォームからお問合わせください。

お問い合わせフォーム

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。