キーワード比率は重要なの?

SEOならSEOパック
ご利用実績8167件 (2016/07/24現在)
【上位達成に必須のリンク支援】Googleガイドラインを考慮した「6つのリンク品質基準」とは?

キーワード比率は重要なの?

数年前まで、SEO対策のキーワード比率は、SEO対策で非常に重要な要素でした。
上位表示させるには、キーワード比率:○%が必須で、不要な文章の追加、画像のALTタグにキーワードを追加するなどを過去のSEO対策では行う必要がありました。

現在では、検索エンジン精度が向上し、キーワード比率:○%は不要の対策です。
反対に、ページ内にある不要な文章(キーワードの羅列となったような文章)、ALTタグやメタタグに詰込まれたキーワードなどがペナルティの危険を招いています。

キーワード比率はどのように変化し、今後はどのように考えるべきかを以下にまとめました。SEO対策のご参考にしてください。

キーワード比率は現在も重要か?

現在は、キーワード比率:○%の考え方は、重要ではないと考えます。
検索エンジン精度が向上したため、キーワード比率にとらわれなくても、検索エンジンはそのページのテーマがわかるようになったためです。

現在、キーワード比率は、上位化させたいキーワードがページの中心キーワードになっているかを確認するために利用します。

現在の検索エンジンは、ページのテーマ性を重視します。「そのページが何について詳しく書かれているか?」を検索エンジンが評価します。
1つのテーマについてページを作成した場合、キーワード比率を気にしていなくても、そのページのキーワード比率を確認すると、自然とテーマ(キーワード)がキーワード比率の上位5番目以内に入ってくるケースが多いです。

いくつかのサイトのキーワード比率(テーマ)の状況

例)引越し 見積もり

引越し
上位2位、3位にキーワードが入っています。

例)タイトルタグ

タイトルタグ
上位2位、3位にキーワードが入っています。

例)スマホ買取

スマホ買取
上位1位、2位にキーワードが入っています。

例)渋谷 歯科

渋谷
上位1位、5位にキーワードが入っています。

上記のキーワード比率は、任意に選択したキーワードで、検索結果1位表示されたサイトのキーワード比率です。
どのサイトとも、キーワード比率の上位5位以内に、キーワードがランクインしていることがわかます。

上記の各サイトは、SEO対策を考慮の上、キーワード比率を調整した可能性もありますが、すべてキーワード比率の上位5位以内にキーワードがランクインしています。

他のキーワードでも、上位サイトを確認すると、キーワード比率がページの上位5位以内にランクインしている共通事項がります。
※キーワード比率をページ5位以内にランクインさせるため、ALT属性、メタタグなどで調整することは無意味です。

キーワード比率の調整方法

1つのテーマについてページを作成した場合、何もしなくてもキーワード比率の上位5位以内に入っている場合が多いです。
もし入っていない場合は、以下の文章を追記することで調整することをお勧めします。

・違った角度からそのテーマに関する情報を追記できないか
・そのテーマに関してユーザーがどのような情報を必要としているか
・上位化させたいキーワードで、上位サイトがどのような情報を共通して保有しているか

検索エンジンに評価され、中長期的に検索にヒットし続けるには、1つのコンテンツあたり2500文字は必要です。
また、サイト全体の評価を上げるには、適切なアンカーテキストの元、内部リンクを設定することもお勧めします。

キーワード比率の確認方法

キーワード比率について確認できるSEO無料ツールがインターネット上に複数あります。
使いやすいものを選んで、キーワード比率の調整を行うとよいでしょう。

例えば、私が良く使うキーワード比率の無料SEOツールは以下です。
ohotuku.jp キーワード出現率チェック

URLを入れて、「Check!」ボタンをクリックするだけで、出現が多い上位20キーワードとその比率が表示されます。
1

便利なところは、総単語数、ユニーク単語数も一緒に表示されるところです。
検索に引っかかるためには、2500文字以上あることが望ましいので(私の経験より)、ここで総単語数を確認することで、文章が十分あるか確認できます。

KW入力
また、このツールのいいところは、調査する際にキーワードも登録すると、設定した出現率目標にするためには、あとどのくらい追加すべきか、削除すべきかがわかることです。
そこで表示された数値をもとに、あとどのくらいコンテンツを追加しようか、どういった角度からキーワードに関する有効な情報を作成すべきかを考えます。

まとめ

キーワード比率は、見方は変化しましたが、今も確認すべき項目です。
キーワードの比率が何パーセントか?と気にするのではなく、ページの中心キーワードがキーワード比率の上位5位に入っていることを確認します。

検索エンジンが向上し、何について書かれているページかを確認するようになったためです。

今後も評価されるSEO要因は細かく変化を続けますが、評価されるSEO要因の基礎は変わらず、「被リンク」と「コンテンツ」です。
被リンク対策を行うには、基礎のSEO対策「SEO Pack」を利用することをお勧めします。

コンテンツ対策を行うには、検索ユーザーが求める情報をページ内に記載することを忘れないようにします。

くれぐれも、SEO対策のテクニックにこだわったサイト作りをしないようにしてくださいね!

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧
SEO PackブログはSEO Packが運営しています。
SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて