SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

キーワード比率は何パーセントにしたら良いでしょうか?

キーワード比率を何パーセントにするかは気にする必要はなく、自然な価値ののあるコンテンツづくりをしましょう。(2022年時点)

数年前まで、キーワード比率はSEO対策上、重要視されていた要素でした。
その為、キーワードによって具体的な数値は異なりますが、大体は3~6%以内に収めるのが良いと言われていました。

そのころSEO初心者の方々に多かったのは、キーワード比率を高めるために、ALTタグに無理にキーワードを詰め込む、ページ内にテキスト羅列するといったSEO対策を実施する方法でキーワード比率やキーワード数を高める手法が目立っていました。

現在では、上記のようなSEO手法は、内部対策のペナルティになるか、順位が大きく下落する可能性があります。したがって過去に過剰な対策をしていた多くのサイトは、SEO対策の見直しを実施したかと思います。

現在は、Googleの精度が向上したため、キーワード比率を○%にしなくても、Googleはページのテーマを理解することができるようになりました。
そのため、キーワード比率を○%にしなくてはならない といったことはなくなりました。

反対に、ページ内にある不要な文章(キーワードの羅列となったような文章)、ALTタグやメタタグに詰込まれたキーワードなどがペナルティの危険を招いています。

ただ、現在でもキーワード比率の確認は、SEO対策に役立てることができます。

キーワード比率の利用方法

対策ページのテーマが、対策したいキーワードの内容になっているかを確認するのにキーワード比率やキーワード数といった目安を利用してもよいでしょう。
1つのテーマ(キーワード)について文章(コンテンツ)を作成すると、おのずとそのページにそのキーワード数が多く出現することになります。
そこをキーワード出現率チェックツール等のツールを利用して確認します。

現在の検索エンジンは、ページのテーマ性を重視します。「そのページが何について詳しく書かれているか?」を検索エンジンが評価します。

1つのテーマについてページを作成した場合、キーワード比率やキーワード数を気にしていなくても、そのページのキーワード比率を確認すると、自然とテーマであるキーワードがキーワード比率の上位5番目以内に入ってくるケースが多いです。

上記を踏まえ、キーワード出現率チェックツールで、キーワードが出現率TOP5以内に入っているかを確認します。

キーワード出現率TOP5以内に入っていない場合は、そのキーワード(テーマ)でより多くの文章を追加できないか、そのキーワードを違う切り口で有益な情報を追加できないかを考えて、追記します。

任意で選択したキーワードの上位サイトで、キーワード比率を確認すると、どのサイトも、キーワード比率の上位5位以内に、キーワードがランクインしていることがわかりました。

他のキーワードでも、上位サイトを確認すると、キーワード比率がページの上位5位以内にランクインしている共通事項が見受けられました。

※キーワード比率をページ5位以内にランクインさせるため、ALT属性、メタタグなどで調整することは無意味です。

キーワード比率のチェックツール

キーワード比率について確認できるSEO無料ールがいくつかあります。ここではSEO Packの付属SEOツール「seodoor」でキーワード出現率をチェックしてみましょう。

SEOツール「seodoor」

内部SEOスコア

SEOツール「seodoor」は、順位チェックをはじめ、コンテンツ分析や内部SEO対策までseodoorひとつでSEO対策が進められるSEOツール。

キーワード出現率が確認できる機能は、「内部SEOスコア」という機能。総単語数からキーワード出現数や出現率を確認できます。

なお、「seodoor」はSEO Packのご契約者様がご利用いただけるツールですが、「seodoor」のみのご利用も可能です。無料トライアル期間7日間があるので、是非無料期間中に機能をご堪能ください。

キーワード比率の調整方法

1つのテーマについてページを作成した場合、何もしなくてもキーワード比率の上位5位以内に入っている場合が多いです。
もし入っていない場合は、以下が追加する事ができないか検討し調整することをお勧めします。

  • 違った角度からテーマに関する情報を追記できないか
  • テーマに関してユーザーがどのような情報を必要としているか
  • キーワードの上位サイトがどのような情報を共通して保有しているか

検索エンジンに評価され、中長期的に検索にヒットし続けるには、1つのコンテンツあたり2500文字以上を目安にコンテンツを作成しましょう。
また、サイト全体の評価を上げるには、適切なアンカーテキストの元、内部リンクを設定することもお勧めします。

キーワード比率のまとめ

キーワード比率を○%にすることは気にしなくてよくなりました。
しかし、キーワード比率の活用方法として、ページのテーマが、キーワード中心になっているか確認するためにキーワード出現率を確認するのもお勧めです。

直接的なSEO効果は期待できませんが、クローラーにページの内容を正しく伝えるための目安となり、間接的ではありますが確認しておきたい内部対策のひとつです。

キーワード比率を確認する際は、キーワード出現率チェックツールで、出現が多いキーワードTOP5にキーワードが入っているよう調整を行ってみましょう。
調整を行う際は、キーワードで有益な文章を追記できないか、違う切り口で有益な情報を追加できないかを考えて調整すると自然なコンテンツとなります。
※ALT属性、キーワードの無駄な詰め込みは、ペナルティになる可能性もあるため実施しないでください。

キーワードに沿ったコンテンツを作ろうとした場合、自然とターゲットキーワードの出現率は多めになり、ページ内の文字数も多めとなり、結果的に質の高いコンテンツとなることが理想です。
新たにコンテンツを作る際にはキーワード出現率を意識して、質の高いコンテンツ作りを心がけましょう。

また、現在のSEO対策は文字数よりも検索クエリに対する相応しい答えが求められています。
文字数が多いコンテンツで上位を目指すためには内容にブレないように気を付ける必要があり、ひとつの説明に出てきた単語をさらに詳しく説明してしまうとテーマが薄まってしまい、その結果検索順位が落ちてしまうことも考えられます。
順位が落ちてしまった過去記事については、リライトを行い定期的に検索順位をチェックして推移を確認すると良いでしょう。

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

必要な対策を必要な分だけ。SEO Packは余計なメニューが無いから高品質なSEO対策を低価格でご提供しています。

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!

迷ったらチャットメールで解決!
キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

Pagetop