SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Affiliate

アフィリエイト

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOにアフィリエイトをどう活用すればよいか、説明します。

よく見かける、アフィリエイトってなんのこと?

”ウェブページで気になる画像や言葉を見つけたので、リンクをクリックしたら、思いがけず販売サイトの商品ページに繋がった”
>インターネットを利用していると、一度はこのような体験をしたことがあると思います。そして、中には、商品ページで気に入ったものを見つけて、そのまま商品を購入したという人もいるのではないでしょうか?

実は、そのリンクは「アフィリエイト」というネット広告だったのです。
アフィリエイト広告を掲載するサイト運営者は、このようなリンクを通して、企業の商品を広告しています。そこから誰かが商品を購入したら、企業はアフィリエイトサイト運営者に報酬を支払うのです。(こういう仕組みのネット広告を「成果報酬型」といいます)

【SEO Packよくある質問】アフェリエイトサイトのSEO Packご利用について⇒

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトに関わっているのは、下記の3つの存在です。

1.広告主

アフィリエイトは広告ですから、当然、その発信元である「広告主」が存在しています。広告主は企業だけでなく、個人がなることもあります。また、成果の対象も広告主によって様々です。例えば、商品・サービスの購入を成果とする広告主は多いですが、中には、メールマガジンへの登録を成果とする広告主もいます。

広告主は、広告を多くの人に見てもらうために、広告を載せてくれるウェブサイトを募集します。しかし、自ら募集することはせず、「仲介業者」を経由して募集することがほとんどです。なぜなら、大半の広告主は”アフィリエイトを成立させる技術”を持っていないからです。
ただし、『Amazon.co.jp』や『Yahoo!ショッピング』など、技術がある一部の広告主は、自ら掲載サイトを募集しています。

2.アフィリエイター

サイト運営者は広告主の依頼を受けて、自らのサイトにアフィリエイトリンク(広告リンク)を設置します。このように、アフィリエイト広告の掲載者となったサイト運営者のことを「アフィリエイター」と呼びます。
アフィリエイターは、広告主から支払われる報酬を得ることを目的にしています。

その報酬の支払われ方は広告主によって異なっており、売れた商品の1%ということもありますし、高いところだと20%ということもあります。アフィリエイターの中には、報酬を得ることを、サイト運営の副業にしている人もいれば、サイト運営の本業にしている人もいます。
また、アフィリエイターが広告依頼を探す時は、広告主と同様に”仲介業者”を経由して探すことが殆どです。

3.アフィリエイト・サービス・プロバイダ

広告主は仲介者を経由してアフィリエイターを募集し、アフィリエイターも仲介者を通して広告主を探します。このように、広告主とアフィリエイターを引き合わせて、アフィリエイトを成立させる仲介者のことを「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」(以下、ASP)と呼びます。

アフィリエイトにおけるASPの役割は、主に2つあります。
一つは、上記したように、広告主とアフィリエイターをマッチングさせる役割です。広告主は諸費用を払って、ASPに広告依頼を載せてもらいます。一方、アフィリエイターはASPに会員登録(大体は無料)することで、ASPに掲載されている広告依頼を探せます。

そして、もう一つの役割は、アフィリエイトに関するプログラムを提供することです。広告主の大半は、「成果報酬を計測するプログラム」を持ち合わせていないので、そのプログラムをASPから提供してもらうことで、初めてアフィリエイトを実現することができます。そのプログラムは「アフィリエイトプログラム」と呼ばれます。

アフィリエイトとSEO

以前、ウェブマスターは、アフィリエイトの広告主になることによって被リンクを増加させ、サイトの評価をあげるという方法を使っていました。しかし現在では、Googleは”アフィリエイトリンクを評価しない”傾向にあるので、アフィリエイトによるSEO効果は薄いと言えます。
他方で、アフィリエイトはSEOを支えるものとして、今でも利用されています。

例えば、広告の本来の効果を利用して、サイトのアクセス数を増加させることが出来ます。SEOの目的は、「サイトの順位を上げて、サイトのアクセス数を増加させること」ですから、広告としてアフィリエイトを利用することは、理にかなっています。
他にも、アフィリエイターとして活用すれば、サイトの運営費を補うことも出来ます。ドメイン代やサーバー代など、サイトの運営にかかるコストを補うことによって、SEO対策にそのコストを転用できます。

以上のように、アフィリエイトは上手に活用すれば、SEOを促進させてくれます。ただし、過度の活用には注意が必要です。もし、アフィリエイトリンクをむやみに設置したりすると、Googleに低品質なサイトだと判断され、評価を下げられてしまうこともあります。

充実したサイトを作ることが大切

もし、あなたがウェブマスターで費用面に余裕があるのなら、SEOにアフィリエイトを併用してみてもいいかもしれません。あなたのサイトで、何かの商品やサービスを販売しているなら、アフィリエイトの対象としては最適です。また、違うジャンルのサイトだったとしても、メルマガや会員サービスを導入すれば、活用することは可能です。
ただし、SEOとアフィリエイト広告の併用でアクセス数が増えたとしても、それが売上などの成果につながるとは限りません。なぜなら、”最終的にユーザーが見るのは、サイトの中身だから”です。

ユーザーが使いやすいよう工夫され、内容も充実しているサイトなら、アクセス数の伸びは成果につながってきます。しかし、整備もされず内容も薄いサイトだと、せっかくアクセスしてくれたユーザーも、すぐにサイトを立ち去ってしまいます。
ウェブマスターが必要としているのは、アクセス数そのものではなく、そこから繋がる成果のはずです。ですから、サイトを訪れたユーザーがしっかりと見てくれるような”充実したサイト”を作ることが大切なのです。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop