SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/23現在)

Page Layout Algorithm

ページ レイアウト アルゴリズム

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOでページレイアウトアルゴリズムを対策するべきかどうか、説明します。

ページレイアウトアルゴリズムとは?

ページレイアウトアルゴリズムとは、「アクセスした時に最初に表示される画面」が広告によって埋め尽くされていて、ユーザーがコンテンツを見つけることが困難であるページを、ユーザー利便性の低いページだと判断して評価を下げる、Googleのアルゴリズムです。

検索サービスを使って何か調べごとをしていると、時折、アクセスした直後に広告ばかりが目について、スクロールして探さないと情報を見つけられないような”レイアウトの悪いページ”に出くわすことがあります。ユーザーは検索サービスに対して”検索クエリ(検索目的)への速く正確な回答”を求めていますから、このようなページが検索結果の上位に表示されると、検索サービスのユーザー利便性は著しく損なわれてしまいます。

しかし、「広告」がサイト運営の貴重な収入源であることから、ユーザー利便性よりも”広告収入の増加”を優先してレイアウトを構成するページが、後を絶ちません。
そこでGoogleは「ページレイアウトアルゴリズム」を導入し、そのようなページを評価を下げることで、検索結果の上位に表示しないようにしてきました。ページレイアウトアルゴリズムはいつ導入されたのか不明ですが、2012年には初めてのアルゴリズム更新が実施され、2014年7月現在までには合計”3回”の更新が行われています。そして、その度に、Googleのランキングに変動を引き起こしてきました。

このように、ページレイアウトアルゴリズムは”Googleのランキングに直接影響するアルゴリズム”ですから、ウェブマスターはページレイアウトアルゴリズムの仕組みを理解して、SEOで対策するべきかどうかを知っておく必要があります。

ページレイアウトアルゴリズムの仕組み

それでは、ページレイアウトアルゴリズムの仕組みについて、詳しく説明していきます。
まずは、ページレイアウトアルゴリズムが対象とする”ページの範囲”についてですが、このアルゴリズムはページ全体のレイアウトを調べるわけではなく、ページの”ある一部分”のレイアウトだけを調べていきます。その部分というのは”アクセスしてから、スクロールしないで見ることができる最初の画面”であり、「ファーストビュー」と呼ばれています。

ページレイアウトアルゴリズムでは、このファーストビューにおける”広告とコンテンツの割合”を判断して、ページを評価します。具体的には「広告の割合が高すぎて、メインコンテンツの邪魔になっていないか」を判断しています。そして、もし、広告が邪魔になっていると判断した場合にはそのページと、ページを掲載しているサイト全体の評価まで下げてしまいます。

ただし、ここで勘違いしてはいけないのは、ページレイアウトアルゴリズムが”ファーストビューに広告を設置すること”を制限するものではないということです。つまり、コンテンツの閲覧に支障がないのであれば、ファーストビューに広告を設置しても、全く問題にはなりません。
しかし、注意しなければならないことも一つあります。それはデバイスの違いによって引き起こされる”ブラウザの表示領域の違い”です。「デスクトップPC」「ノートPC」「タブレット」「スマートフォン」などデバイスの種類が違っていたり、デバイスが同じでも機種が違っていたりすると”解像度”が異なることがあり、同じページであってもブラウザに表示される範囲が違ってくることがあります。

つまり、一方のブラウザでは、ファーストビューのコンテンツと広告の比率が適切に見えても、もう一方のパソコンでは広告の割合が高く見えてしまうことがあるのです。
その場合においても、ページレイアウトアルゴリズムはサイトの評価を下げることがありますから、ウェブマスターは表示領域の違いを考慮してサイトを作成する必要があります。

ページレイアウトアルゴリズムへの対策

ページレイアウトアルゴリズムの仕組みを見て、どのサイトにも適用されることがありそうだ、と心配するウェブマスターは多いと思います。しかし結論から言うと、ほとんどのウェブマスターは、”ページレイアウトアルゴリズムを対策する必要はない”です。何故なら、ウェブページを普通に運営している範囲では、ファーストビューのレイアウトが多少悪かったとしても、「ページレイアウトアルゴリズム」が適用されることはほとんどないからです。現に、過去3回にわたりアルゴリズム更新が実施されましたが、いずれもランキングの変動幅は少なく、影響を受けたサイトが限られていることが分かります。

ですから、どちらかというと、広告の割合を”意図的に増やした”覚えのあるウェブマスターこそ、ページレイアウトアルゴリズムに注意するべきでしょう。もし、心当たりが少しでもあるのなら、運営サイトのページのファーストビューを今一度確認してみることをオススメします。その際、ユーザーが閲覧しやすいかどうか”ユーザー目線”に立って確認し、問題がありそうなら改善しておくといいでしょう。

実は、このように”ファーストビューのレイアウト”を見直して改善することは、問題のあるなしに関わらず、多くのウェブマスターにとって意義のあることです。ユーザーが使いやすいようにページのレイアウトを改善すれば、そのページはユーザーから自然と評価されるようになり、サイト全体のアクセスアップにもつながってきます。広告による収入さえも、サイトに訪れるユーザーが増えれば、自ずと増えてきます。
ですから、ウェブマスターは目的がどうであれ、ユーザーの使いやすいページを目指して、ファーストビューのレイアウトを改善していくことが大切になるのです。

ユーザー利便性の高いサイトを目指そう

いかがでしたか?この記事では”SEOでページレイアウトアルゴリズムを対策するべきかどうか”を説明しました。「ページレイアウトアルゴリズム」は、普通にページを運営している限りは適用されることは少ないので、ほとんどのウェブマスターは対策を実施する必要がありません。ただし、ファーストビューのレイアウトを意識的に改善していくことは、アクセスアップや広告収入の増加につながりますから、積極的に実施していくといいでしょう。

Googleが提供している『Browser Size』などのツールを使えば、解像度ごとのファーストビューの見え方を確認することができます。広告とコンテンツの量を調節したり、時にはデザインを大幅に変えるなどして、多くのユーザーにとって利便性の高いレイアウトを目指していきましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月10%OFF 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,182

(21,546円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・被リンク10本設定
・SEOツール「seodoor」の各種機能(コンテンツ対策支援、順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
SEO Packお申込はこちら

Pagetop