discriptionタグはSEOに関係ない?

SEOならSEOパック
ご利用実績8178件 (2016/07/28現在)
検索ランキングアップの最重要ポイントは「リンク」と「コンテンツ」です。

[2016/02/05] (最終更新日 2016/07/04)

discriptionタグはSEOに関係ない?

※本記事は「meta discription」の解説記事です。HTMLタグ “meta description” の最新SEO対策記事は、こちら↓をご覧ください。
meta description(メタタグ) – 解説とSEO対策手順新しいタブで開く

数年前まで、meta discription(メタディスクリプション)タグは、SEO対策上重要なポイントでした。
その為、必ずと言っていいほど、SEO対策を開始すると、meta discriptionタグの変更をユーザー様にお願いしていました。

今は、meta discriptionタグの意味が昔とは変わっています。

Meta discriptionタグとは

HTMLソースのタグ内に記述する、ページの概要・説明文です。

88

本情報は、検索結果一覧から ユーザーを自社サイトに読み込むために設定するタグ情報です。
Meta discriptionタグで記述した内容は、Googleの検索結果に表示されます。
検索結果

本情報で、検索結果一覧のユーザークリック率が変わります。
Meta discriptionタグには、ページ内容の魅力が端的にわかりやすく伝わるよう記述します。

Meta discriptionタグの書き方

HTMLソースのタグ内に下記のように記述します

<meta name=”Description” content=”サイトの説明文” />

※上記は<>を全角で書いています。HTMLソースに記述する際は、半角で記述してください

「サイトの説明文」の箇所に、ページ内容の魅力がわかりやすく説明する文章を入れます。

例)<meta name=”Description” content=”SEO Pack は 月額7980円の総合SEO対策パッケージ!検索エンジンに最適化するために必要な「外部リンク支援・初心者でも内部対策ができるSEOノウハウ集・日々のSEOに役立つSEOツール」がセットになったオールインワンパッケージです。” />
※上記は<>を全角で書いています。HTMLソースに記述する際は、半角で記述してください

「サイトの説明文」の欄に入力できる文字数は、最大124文字です。
目安は、PCの場合は、100~120文字で記述すると良いでしょう。
スマートフォンをターゲットにする場合は、50文字程度で記述すると良いでしょう。
あまり長く記述すると、検索結果画面で「・・・」と省略されます。
また、キーワードによっても適切な文字数が異なりますので、対策するキーワードで上位表示されているサイトを参考に決定することをお勧めします。
SEOワードを先頭に含ませるほうがクリック率が高まる可能性があります。SEOワードを含ませることを忘れないでください。

meta discriptionタグの注意事項

基本的にmeta discriptionで記述した内容が、Goolgeの検索結果に表示されます。
稀にGoogleが独自の内容に書き換える場合があります。

Meta discriptionの内容を更新してもすぐに検索結果に反映されない可能性があります。(ページが検索エンジンにクロールされていないため)
その場合は、Fetch as Googleを行うことで、サイトのクロールをGoogleにリクエストすると良いでしょう。

他ページと重複していないか確認する方法

Meta discriptionは、ページ固有にすることを推奨します。
理由は、1つのドメイン内に、全く同じテーマ・内容について記述したページが無いことが良いサイト構成であるからです。
これまで複数ページをすでに作成してしまい、どうなっているかわからない場合は、検索結果から下記のように探すことができます。

重複していないか確認する方法

1)Googleの検索窓に「site:URL」と入力して検索する。
2)Googleにインデックスされている、ドメインのページが検索結果一覧に表示されます。そこで同じのが無いかチェックします。

特定のmeta discriptionのみが重複利用していないか確認する方法

1)Googleの検索窓に「site:URL 「調査したいmeta discriptionの内容一部」」と入力して検索する。
例)下記を検索窓に入力
site:seopack.jp SEO対策は、基本的な内部対策を自分で行うだけでも効果が期待できます。
8889

2)Googleにインデックスされている、ドメインのページが検索結果一覧に表示されます。
検索窓に入力した文字がハイライトされますので、同じ内容の記述がないか確認します。

meta discriptionタグを設定しないとどうなるか?

Googleが勝手に設定します。文章が切れていたり、省略されていたり、高い精度の内容が記述されていないケースが多いようです。
必ずご自身で設定することをお勧めします。

ただ、ホームページを作成するツールによっては、自由に設定できない場合もあります。

Meta discriptionとSEO対策の関係

今はSEO対策の順位決定にほぼ関係しないと思います。
検索結果一覧からのクリック率にのみ影響するとお考えください。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

おすすめ記事

SEO初心者のよくある質問

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

美容サイトのSEO事例

美容健康サイト向けSEO Pack

人気のSEO事例

SEO Pack事例へ
SEO Packバナー

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

SEO対策事例

全事例一覧
SEO PackブログはSEO Packが運営しています。