SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/22現在)

<h1>

<h1>タグ

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、<h1>タグをSEOでどう活用するべきか、説明します。

<h1>タグとは?

<h1>タグとは、サイトの見出し部分について記述するHTMLのタグの一種です。
インターネット上に存在するウェブサイトのほとんどは「HTML」によって記述されていますが、HTMLの構造はその内容によってhead要素とbody要素に分かれます。中でも、body要素は普段ユーザーが目にする”ブラウザに表示される部分”について扱うもので、見出し・段落・テキストなどの子要素を含んでいます。

そのうちの見出し要素は、h1~h6の大きさの異なる6つの「hタグ」によって構築されており、特に”大見出し”について記述する<h1>タグを活用することは、SEO的に重要だと言われています。なぜなら、ウェブマスターは<h1>タグを適切に活用することで、サイトのトピックを分りやすく整理し、検索エンジンとユーザーに情報を正しく伝えることが出来るからです。
SEOでは、<h1>タグの利用が内部対策の基本とさえ言われていますから、ウェブマスターは<h1>タグを適切に活用できるようにしておくことが大切です。

「h1タグのお悩み」を解決する「無料のSEOツール」お使いください!

内部SEOスコアへ

必ず押さえるべき「<h1>タグ」のポイント

SEO Packでは、ご利用ユーザー様向けに「内部SEO対策」のチェックシートをご提供しています。
シートに沿ってチェックするだけで<h1>以外にも、重要な内部SEO対策のポイントをすべて押さえることができます。
以下に例として「見出しタグ(<h1>~<h6>)」のチェックポイントをご案内します。

□見出しタグを適切につかっていますか。

見出しタグは、もっとも重要なことを示す<h1>から順に<h6> まで6種類あります。
複数の見出しタグを使用することによって、階層構造を持ったわかりやすいコンテンツになります。

  • ページ内で「見出しタグ」を使いすぎない。
  • 見出しタグのサイズの使い分けを不規則にしない。
  • ページ内の文章すべてを見出しタグに入れない。
  • 強調するためなど、スタイルを変える目的で使わない。
  • <h1>タグは、1ページ1つ。各ページ固有のテキストで設定しましょう。

SEO Packでは、<h1>タグについて以外にも、SEO PackのSEO事例や実験で得られたノウハウをチェックシートにして公開しております。

HTML5であれば、<h1>タグは複数つかってもいいのか?

見出しタグを複数記述することは、SEOにおいて大きなマイナス要因はないと見られます。

ですが、検索エンジンがサイトを評価する、もっとも重要な点は「検索ユーザー(人間)に役に立つコンテンツかどうか?」です。「<h1>タグを複数使う(大見出しが複数ある)それぞれ異なる複数の情報が記載されているコンテンツ」を「1つ」用意するよりも、「大見出しが1つで、情報が1つに絞られているコンテンツ」を「複数」用意する方が、検索ユーザー(人間)にとっても、検索エンジンにとっても「なにが言いたいのかわかりやすいページ」であるケースが多いです。

SEO Packでは、検索ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすく、かつサイト運営者にもコンテンツが作りやすいと見られる、1つのテーマ(見出し)に絞ったコンテンツ作成をおすすめしています。

<h1>タグの導入

それでは、<h1>タグを導入し活用するためにはどうすればいいでしょうか? 以下に、<h1>タグの導入の流れを、3つの段階に分けて説明していきます。

1.<h1>タグを配置する

まずは、<h1>タグをHTMLにどのように配置するか説明します。<h1>タグは基本的に、bodyタグの中で一度だけ使用し、他のhタグよりも上部に設置するようにします。

トピックが複数存在する場合を除いて、大見出しである<h1>タグがいくつも存在すると不自然ですから、原則として<h1>タグの使用は一度に限られます。もし、<h1>タグ以外にも見出しを使いたい場合には、中見出しの<h2>タグや、小見出しの<h3>タグなどを使用するようにします。そして、hタグを複数使う場合には、自然に見えるように、見出しの大きさの順番に並べるようにするといいと言われています。

2.<h1>タグの中身を記述する

次に、<h1>タグの内容を記述していきますが、ここには「ページの内容を端的に表すフレーズ」を記載するようにします。具体的には、ユーザー及び検索エンジンに分かりやすいような文章を書きながら、サイトが強調したいキーワードなども取り入れるようにします。

特に、<h1>タグに含まれるキーワードは検索エンジンから評価されやすいと言われているので、フレーズは慎重に選ぶようにしなければいけません。ただし、キーワードを詰め込みすぎたりして、フレーズの意味が分かりづらくなると、逆効果になることもあるので注意しましょう。

3.<h1>タグの体裁を整える

<h1>タグを配置して中身を記述すれば、ひとまずは<h1>タグの内容がブラウザに表示されるようになります。しかし、そのままだとフォントサイズが大きすぎたり、カラーが合わなかったりと、ページに対して見栄えが悪いことがあります。

そこで、<h1>タグの体裁を整えるために、CSSを利用します。CSSとはウェブページを装飾する言語のことで、HTMLとセットで用いられます。CSSを使えば、<h1>タグの内容をブラウザにどのように表示させるか、自由に設定することができます。

ただし、フォントサイズを過剰に小さくしたり、フォントカラーを背景色に近づけたりして、<h1>タグの内容をユーザーから見えづらくするのは止めましょう。そのような行為はGoogleからスパム行為と判断されて、ペナルティの対象となることがあります。

<h1>タグのSEO効果

かつて、<h1>タグを活用したSEOは有効な施策として知られていましたが、果たして、現在でもGoogleのランキング上昇に効果があるのでしょうか?その答えとしては、”現在では、<h1>タグの利用にサイトの順位上昇の効果はほとんど無い”と言われています。そうなった理由としては、<h1>タグを悪用したSEOが蔓延したために、Googleが<h1>タグのランキングへの影響を少なくしたこと、が考えられます。

それでは、<h1>タグをSEOで利用するメリットは全く無くなったのでしょうか? そうではありません。現在では”Googleから評価されやすいサイトを作る”ために、<h1>タグは必要なのです。
Googleからサイトを評価してもらうために、Google及びユーザーに情報が伝わりやすいサイトを作ることは基本中の基本です。<h1>タグを適切に利用すれば、サイトの情報が整理され、Googleとユーザーの両方に評価されやすいサイトを作ることが出来ます。このような理由から、Googleも公式的に<h1>タグの利用を推奨しています。

ですから、<h1>タグは活用したほうがいいのです。<h1>タグの利用は誰にでも簡単にできるSEOですから、基本的な施策として確実に実施しておくのが良いでしょう。

サイトの基礎を活かすSEOが大事

いかがでしたか?この記事では、”<h1>タグをSEOでどう活用するべきか”を説明しました。<h1>タグを活用することはサイトの順位上昇に直接繋がりませんが、その代わりにサイトの利便性を高め、適切に評価されるサイトを作ることに繋がります。
ですから、ウェブマスターはページを作成するとき、是非とも<h1>タグを利用するようにするといいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月10%OFF 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,182

(21,546円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・被リンク10本設定
・SEOツール「seodoor」の各種機能(コンテンツ対策支援、順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
SEO Packお申込はこちら

Pagetop