SEO1位のための「h1」タグ設定ガイド

SEOならSEOパック
ご利用実績8051件 (2016/06/26現在)
利用37日で「SEO 9位」「MEO 3位」!1ページに「2つ表示」させた歯科の事例

SEO1位のための「h1」タグ設定ガイド

SEO対策に大きな意味を持つタグが、h1タグ(大見出しタグ)です。

Google公式ブログにも書かれている通り、h1タグをうまく活用できれば、Google(検索エンジン)に対しても、検索ユーザーに対しても、サイトの価値を適切に伝えることができ、順位上昇の足がかりになります。

この記事では、SEO対策に最も効果のあるh1タグの設定方法を解説します。

20160322-h1-ec

PR【対策しないと顧客は来ない】初めての人向け あんしん総合SEOパッケージはこちら

確認しよう – hタグとは

Webページの本文(body内)に見出しをつけるのが、hタグの役割です。
具体的には下記の機能があります。

1. Google(検索エンジン)に「ここは要点をまとめた見出しだよ」と伝える
2. サイトを訪問したユーザーに見出しを伝える

hタグには「h1」から「h6」まで、6つの種類が用意されており、数字が小さいほど重要な見出しとして扱われます。最も数字の小さいh1は、最も重要な見出しということになります。

hタグとGoogle

Google(検索エンジン)は、Webページのコンテンツを理解するため、hタグを利用します。

Googleはhタグで見出しと本文を区別するほか、h1, h2, h3, h4, h5, h6の順に、大見出し~小見出しとして区別します。

hタグと訪問ユーザー

ブラウザ上では、訪問ユーザー(サイトを閲覧している人)が分かりやすいよう、hタグでくくったテキストは、大見出しから小見出しまで、それぞれのフォントサイズで表示されます。

hタグの基本的な記述方法

hタグは「h1 → h2 → h3 → …h6」というように、数字どおりの順番でHTMLへ記述することで、最も効果的にGoogleに対して内容を伝えることができます。

【hタグの記述順序 サンプル】
<h1>h1の見出し</h1>
<p>コンテンツ本文</p>
<h2>h2の見出し</h2>
<p>コンテンツ本文</p>
<h3>h3の見出し</h3>
<p>コンテンツ本文</p>

<h6>h6の見出し</h6>
<p>コンテンツ本文</p>

hタグとWEBデザインの注意点

「h2のフォントサイズがちょうどいいから、ここにはh2タグを使おう」
というように、文字サイズ変更や装飾のためにhタグを使うのは避けましょう。

Webデザイン上の問題で、その場所に適切なhタグのフォントサイズなどを変更したい場合は、CSSによる変更で対応します。

PR【忘れてない?】SEO対策の基礎固め、済んでますか?格安SEO総合パッケージはこちら

確認しよう – h1タグの重要性

hタグの中でも最も重要な役割を持つのが、h1タグです。
次は、h1タグの重要性を確認してみましょう。

h1タグの直接的な効果は薄い?

h1タグは、SEO対策上、とても重要なタグです。
しかし、ときに「h1はSEO対策上の意味は薄い」と説明されることがあります。これはなぜなのでしょうか?

これは、以前h1を使ったスパムが流行し、Googleがh1タグに対する評価を下げたことがあるためです。その時確かに、直接的なh1のSEO効果は下がったと言われています。

h1タグは他のSEO対策の効果を出やすくする「足がかり」である

しかし上述のとおり、Googleは、h1の内容を見て、あなたのWEBページを適切に理解しようとします。

つまり、適切なh1(=キーワードを含み、簡潔なページ要約になっているh1)は、あなたのWEBページの「他のSEO対策」の効果をより出やすくしてくれる、と言えます。

言うなればh1タグは、SEO対策の足がかりとなる、間接的ながら重要なSEO効果があるのです。

Googleはh1の適切な仕様を呼びかけている

冒頭に述べたとおり、Googleも公式ブログ記事でh1タグの重要性に触れ、積極的に活用するようにと推奨しています。

また、このGoogle記事では、全Google登録サイトのうち19%(記事掲載当時)は「見出しタグ(の使い方)に改善の余地がある」サイトだ、と言っています。

この状況に対しGoogleは「見かけ上の理由でhタグを使うのではなくて、適切な記述方法で使うように」と呼びかけています。

SEO対策のためのh1記述方法

では、最もSEO対策に効果的なh1タグの記述の仕方を、具体的に解説します。

「キーワード」を入れた、内容に合った「簡潔な文」を

h1タグには、そのWEBページ本文の内容に合った見出しを、簡潔にわかりやすく入れます。

また、h1タグでくくられた見出し文には、必ずSEO対策キーワードを入れます。こうすると、そのキーワードのGoogle検索結果に、このWEBページを掲載させることができるようになります。

h1タグの「間接的なSEO効果」を理解する

h1にキーワードを入れると、titleタグやmeta description、あるいは本文など、WEBページの他の箇所に記述したキーワードも、適切にGoogleに伝わるようになります。

h1内に、キーワードは一回出てくれば十分です。
むやみにキーワードを何度も入れると、不自然な文章になって逆にGoogleからの評価が下がることもあります。

なお、h1タグでくくる文字数には特に制限はありませんが、読みやすさも考慮して、50文字程度までがよいと言われることが多くなっています。

h1タグの中はテキスト?画像?

画像(img)にh1タグを使用している例を見たことがあるのではないでしょうか。これもSEO対策の観点から言えば特に問題はありません。

ただし、imgタグ内のalt属性に、やはり適切な文言を入れておく必要があります。

altがないとわからない? – SEO対策の基本は文字情報
Googleエンジン、またはGoogleクローラーは、日々目覚ましい進化を遂げていますが、SEO対策の際は、画像を読み取ることまでは期待しないほうがいいでしょう。

例えばimgの画像に「チーズケーキ」という文字が描いてあっても、alt属性に何も書いていなかったら、Googleはh1を「カラ」と認識する(=チーズケーキとGoogle検索しても、そのページはひっかからない)、と考えておいたほうがいいでしょう。

SEO対策の基本は、あくまで文字や言葉で行う、と考えておくことをおすすめします。

h1タグの使用回数は「1ページに1回だけ」?

おそらく、多くの方が「h1タグは、1ページに1回だけ使う」と覚えているのではないでしょうか。しかしGoogleは、公式声明として

「一つのページに何個あっても問題はない」

と言っています。
そのため現在は「h1タグは1ページに一つ」といった厳密な制限はない、とされています。

ただし、h1タグが複数あると、それだけ、キーワードの「重み」が薄まる、とも言われています。そのため、h1の使用回数は、通常1ページに1回、多くても2回程度にしておくのがよいでしょう。

h1とSEO対策

h1の価値とノウハウを解説してきましたが、これはSEO対策のうちの「内部対策」というジャンルの一部でしかないことも理解しておきましょう。

SEO対策における、h1タグのカバー範囲

SEO対策は、下記の3つを揃えて初めてSEO対策が始まります。

1. 内部対策(h1含むタグの書き方など)
2. コンテンツ掲載(検索ユーザーの役に立つ内容を載せる)
3. 外部対策(被リンク対策)

本記事に記したh1タグのノウハウは、1. 内部対策 の手法の一つとなります。

h1や内部対策だけで済ませないよう注意

とくに、WEBデザインのスキルを持つ方によくありがちなのが、1.内部対策と2.コンテンツ対策 のみ行って、3.外部対策 を後回しにするケースです。

これだけでは順位は上がらず、せっかく費やした時間がムダになってしますので、注意して下さい。

→ 参考:リンクなしで1位も「理論的には可能」?Googleが公式発言/SEO Packブログ

常に基本に立ち返ることを忘れずに

h1タグなどの内部対策を行ったら、順位を上げるのに必要な上記の3つの対策(=内部、コンテンツ、外部)が揃っているか、つねに立ち返って確認しましょう。

内部対策とコンテンツはご自身で対策できます。また外部対策は、どのサイトにもSEO Packが設定されているか、抜けのないよう必ず確認します。

SEO対策の基本をより詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にして下さい。

→ 参考:【初心者もすぐできるSEO ①】SEO対策のはじめかた/SEO Packブログ

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO PackブログはSEO Packが運営しています。

フォローして購読する

follow us in feedly
11

登録で「スマホSEOノウハウ」プレゼント!

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて