SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEO Spam

SEOスパム

この記事をはてなブックマークに追加

SEOスパムとは?

一般的にSEOスパムとは、検索エンジン(=Google)のガイドラインに違反した方法で行われたSEO対策行為の事をいいます。

検索エンジンからスパムと判定されたサイトはペナルティを受け、検索順位が大幅に下がります。積極的にSEOスパムを行うことは当然避けるべきですが、意図しない形でスパム判定されてしまうことも良くあります。

「何も悪いことをしていないのに圏外になっちゃった・・」ということは避けたいですね。自分のサイトが知らぬ間にスパム化していないかを調べるためにも、SEOスパムについて改めておさらいしておきましょう!

SEO Packでは「SEOキーワード」のお悩み相談を無料で受付中です!

キーワード相談のお申込みはこちら

代表的なSEOスパム行為

重複コンテンツ

近年のGoogleの傾向からみて、最も気を配るべきなのが「重複コンテンツ」に関わるSEOスパムです。 複数のページに同じコンテンツが存在し、明らかにコピーとみなされる場合には、検索エンジンはサイトの評価を下げることがあります。

ワードサラダ

ワードサラダとは、プログラムによって自動生成された文章を並べて作った、意味の通らないテキストコンテンツのことです。 ワードサラダと判定されたサイト自体の評価が下がることはもちろんのことですが、ワードサラダサイトからリンクされたサイトもペナルティを受ける場合があります。

隠しテキスト、ユーザーから見えないテキスト

テキストの色を背景と同じにしたり、CSSで画面外に追いやったりすると「ソースコード上では存在するテキストが、ページを閲覧しているユーザーからは見えない」という事になります。検索エンジンはこのような状態を「隠しテキスト」と判定し、ページの評価を下げると言われます。

代表的な被リンク関連のSEOスパム

不自然な相互リンク

外部リンクを増やすためのサービスとして「リンクファーム」や「リンクプログラム」と呼ばれるものがあります。このようなリンクは、検索エンジンからは「作為的なリンク」であるとしてスパム判定をケースがあります。

低品質なサイトからのリンク

自分のサイトが有益でオリジナリティの高いものであったとしても、リンク元のサイトが低品質であるとペナルティを受けてしまう場合があります。 「どんなサイトが低品質か」を一口に説明するのは難しいですが、よくあるケースとしてはページ内のテキスト量が非常に少ない、タイトルと実際のコンテンツに齟齬がある、といった事があります。

seoスパムをチェックするには

Googleの検索窓で「site:」

比較的簡単にスパム状況を確認する方法として「site:」検索というものがあります。 Googleの検索窓で「site: + (URL)」を入力して検索するとそのサイトのインデックス状況がわかります。

例)

パンくずリスト

ここで該当のURLが検索結果の最初に来ていなかったり、サイトのページ数よりも極端に少ない数のページしか表示されていなかったりすると、サイトの中のどこかでスパム判定を受けている部分がある場合があります。

被リンクチェックツール

弊社で提供している無料ツール「 http://hanasakigani.jp/ 」を使うと、自分のサイトに対してどのようなサイトがリンクしているかを調べることができます。 その他、英語のサービスなども含めてサイトにスパム判定の恐れがないかどうかを調べるのに便利なツールがあります。

SEO Packでは無自覚にスパムSEO行為を行っていないか確認できるシートを用意してます。日頃なかなかチェックが難しいスパムについて、この機会にしっかりと調べてみてはいかがでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop