季節キーワードで上位化させる方法!

SEOならSEOパック
ご利用実績8176件 (2016/07/26現在)
【上位達成に必須のリンク支援】Googleガイドラインを考慮した「6つのリンク品質基準」とは?

季節キーワードで上位化させる方法!

年賀状
お正月、クリスマス、ひな祭り、入学入園などキーワード(季節キーワード)によっては繁忙期があり、上位化させたい時期があるキーワードがあります。
そういった場合、SEO対策は、大体2カ月くらい前から開始する必要があります

ただ、キーワードによって、SEO対策を始める時期は違います。

競合サイトが強いキーワードや、季節性が高い(その時期だけ急激にキーワード検索数が増加する)キーワードは、1年中SEO対策をやり続けなければいけないキーワードもあります。

その背景として、Googleの検索結果の傾向があります。

Googleの検索結果の傾向

Googleはユーザーが求める情報を、上位表示させようと取り組みしています。
そのため、時期によって上位表示させているサイトが変化します。
(通常時でも、4位程度の順位入替を行っています)

季節性が非常に高いキーワードの1つとして「年賀状」があります。

例)年賀状をもとに上位化させるポイントを解説

年賀状の検索結果は、以下のように変化します。(2015年の実績)

1月中旬:年賀はがきの当選番号サイトが上位にランクインする 
2月頃:2017年の年賀状サイトが徐々にランクインし始める
12月上旬:無料系サイトが増加する(無料テンプレート集、文例など)
※検索の少ない春にはWikipedia、郵政のサイトが上位に入っている
と言った感じです。

以下は、現在の検索結果画面です。
年賀状

赤枠が、年賀はがきの当選番号に関するサイト
緑枠が、2017年の年賀状サイト
早いサイトだと、すでにSEO対策に取り組み始めていることがわかります。

季節キーワードで上位化させるには

2015年の傾向を見ていると、「年賀状」に関しては、Googleが検索レスポンスをとても重視していました。
検索レスポンスとはGoogleが検索ユーザーのニーズを知るために使用している要素のことです。主に検索結果画面でのクリック数や直帰率のことです。
(検索レスポンスは、ディーボでの呼称です。またまた勝手に名づけました。)
前述しましたが、Googleは、検索ユーザーが求めるコンテンツがあるサイトを上位化します。その際に検索ユーザーの求めるものが何かを判断しています。
その判断に使っている指標として、クリックと直帰率があると思われます。
順位によってクリック数は、ある程度決まっていますが、検索ユーザーの求めているサイトは、クリックが多くなる可能性が高いです。直帰率は、そのサイトに求める情報がなければ、すぐ検索結果画面に帰り、別なサイトを見るか検索しなおすはずです。
よって、直帰率が低いサイトは、検索した人の求めている情報があるサイトと思われるので、クリックと直帰率からユーザーの求めているコンテンツをGoogleは判断していると思われます。

前述しましたが、年賀状は、検索レスポンスを強く反映する傾向にありますので、
1月に当選者番号がでて、
2月頃にはSEO対策を始めたその年の年賀状サイトが上位ランクインし始めて、
12月には自分で年賀状を作る人のための無料系サイトが来てと、
とても時系列でわかりやすいキーワードです。

以下は、無料系サイト数の推移です。
キーワード「年賀状」で、Google検索した時の1ページ目にある無料サイトの割合です。

●無料系サイト
10月1日 1サイト
11月1日 1サイト
12月1日 2サイト
12月25日 5サイト

12月に入ると、自分で年賀状を作る人達が増加し、無料系サイトでテンプレートや画像を検索していただろうことが、予想されます。

なお、キーワード「年賀状 2015年」では、郵政年賀状JP以外の1ページ目に表示されているサイトがすべて無料サイトになっていました。

上記は、年賀状の検索結果をもとにご案内しましたが、Googleは季節系キーワードで特に検索レスポンスを評価します。
(季節系キーワードではなくても検索レスポンスを見ています。)

残念ながら、検索レスポンスを私達が手に入れることができません。
私達が季節系キーワードで上位表示を達成する(達成し続ける)ためにしなければならないこととして、上位サイトにどういった傾向があるかをつかむ必要があります。

検索した時に商品販売サイト(楽天のように商品が陳列されている)か、情報系サイトが多くランクインしているのか傾向をつかみます。
そこで、自分が希望するキーワードでランクインできそうかを検討します。

もし、ランクインできそうと踏んだ場合は、各ページ内容を確認し、どんなコンテンツを有しているかを確認します。
同じようなコンテンツがなければ、追加してください。

季節系キーワードで重要なのは、どれだけスムーズに検索レスポンスに対応できるかです。
その体制を作っておくことも重要です。

まとめ

季節系キーワードで上位表示させるには、
・少なくても上位表示させたい2カ月前から対策を始める
 ※「年賀状」「バレンタイン」など、競合サイトが非常に強いキーワードでは、1年を通じてSEO対策が必要なキーワードもある
・検索レスポンスに注目して、コンテンツ追加を行う
 ※検索レスポンスとは、検索ユーザーが求めるコンテンツがあるサイトを上位化するため、上位サイトが有しているコンテンツを参考に、自社サイトへコンテンツの追加、修正を行う必要がある
・迅速に行動できる体制を整える
 ※検索レスポンスに対応できるよう、担当者レベルで自由にサイト修正できるくらいの体制を整える必要があります。

大体、ディーボは、毎年のように「年賀状」のSEO対策を行うことがあります。2カ月くらい前に用意した季節系キーワード専用コンテンツで上位表示させたい場合は、キーワードを欲張らずに1キーワードに集中して対策を進めた方が、上位化が実現できる傾向があるように、感じます。
最近では、コンテンツSEOが主流になりつつありますので、TOPページでとことん1つに絞った季節キーワードで対策し、下層ページで他のキーワードを設定する。
下層ページで対策した他のキーワードが影響して、TOPページの順位も向上する期待が持てます。

SEO Packは、3カ月で、23,940円(月:7,980円)。6カ月でも、43,092円(月:7,182円)です。これで被リンク10本と内部資料などがついています。季節キーワードで上位化させたい場合は、月8,000円弱ですから導入しやすいですね。3カ月前からでもSEO PackでSEO対策開始できますね!

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧
SEO PackブログはSEO Packが運営しています。
SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧
SEO Packバナー

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

SEO対策事例

全事例一覧

1位達成事例

全事例一覧