複数のキーワードでSEO対策できる?

SEOならSEOパック
ご利用実績8282件 (2016/08/26現在)

複数のキーワードでSEO対策できる?

複数のキーワードで上位化したい場合は、どのように対策を進めるべきか?ご案内します。

SEO対策の基本として
SEO対策は1ページ1キーワードで実施する必要があります。
理由は、検索エンジンにサイト内容をわかりやすく伝えるためです。

最も上位化したいキーワードでTOPページを対策し、その周辺キーワードは、下層ページで対策します

対策ページとキーワード設定のイメージ

イメージとしては、下記です。
0201イメージ

最も上位化したいキーワードをTOPページで対策。
周辺キーワードで下層ページで対策。
ロングテールキーワードは、さらにその下の枝ページで対策を行います。

例)弊社サイトの場合:SEO Pack

例えば、弊社のサイト(SEO Pack:http://seopack.jp)は、TOPページにキーワード「SEO」でSEO対策を実施しています。

対策ページ:TOPページ(http://seopack.jp)
対策キーワード:SEO

SEO Packは、SEOキーワード:「SEO」で対策していますが、周辺キーワードでも上位にランクインさせたいです。
SEO対策は、1ページ1キーワードです。そのため、TOPページではなく、下層ページを利用して他のキーワードでSEO対策を実施します。

TOPページで、最も上位化させたいキーワードの「SEO」でSEO対策を実施。
下層ページで、「SEO対策」「被リンク」などの周辺キーワードでSEO対策を実施。
枝ページで、「SEO 費用」「パンダアップデート」などのロングテールキーワードでSEO対策を実施。

SEO対策結果

弊社サイトですと、
TOPページ「SEO」で9位
下層ページ「パンダアップデート」で4位
が実現しています。

さらに、周辺キーワードSEO対策 TOPページが18位に表示されています。

なぜこうなったのか。。。
内部対策として、「SEO」に関するコンテンツを充実させています。
サイトの下部に、『SEO対策とは』、『SEO対策の方針』などのコンテンツを掲載しています。
また、SEOの商品ですので、そのほかページの至る所にSEOに関する記述を複数入れています。

PAC赤枠

内部対策状況を確認する

わかりやすい指標として、キーワード比率を確認すると、下記のとおりです。(弊社無料ツール:ohotuku キーワード出現率ツールで確認)
0201オホーツク

対策キーワードのキーワード出現比率が最も多くなっていることが確認できます。
次にキーワード出現比率が高いキーワードは、「対策」です。
意識していなくても、SEOに関するコンテンツを記述していくうちに自然とキーワード「対策」も利用し、出現率がたかくなったことで、上位化されました。

上位化したいキーワードに一致するページが無ければ、新たに作成し、上記のように、1ページに1つのワードを設定して対策を進めます。

検索結果ページの表示

ただし、検索結果には、対策したページではなく、違うページが上位にランクインすることもあります。
例
例えば、ロングテールワードとして、上記黄色ページにキーワード「ペンギンアップデート」でSEO対策を実施した場合、下記の3つのケースがあります。

ケース1:1つ上の層の緑ページが何も対策をしていなくても「ペンギンアップデート」で上位にランクインする
ケース2:対策を実施した黄色ページが「ペンギンアップデート」で上位にランクインする
ケース3:1つ上の層の緑ページと対策を実施した黄色ページの両方が「ペンギンアップデート」で上位にランクインする

正直、どのように記載したら、どのパターンになるかはまだつかめていないです。
だた、ユーザの使い勝手を優先して考えると、パターン3がベストな検索結果と思います。
今後は、パターン3のような検索結果になっていくと思います。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて