[無料]競合サイトのSEOキーワード予測ツール

SEOならSEOパック
ご利用実績8597件 (2016/12/04現在)

[2016/02/15] (最終更新日 2016/04/21)

[無料]競合サイトのSEOキーワード予測ツール

ディーボは、hanasakigani.jpなど複数の無料ツールを公開しています。
今回は、競合サイトのSEOキーワード予測ツール(無料)の使い方をご案内します。

本SEOツールは、競合サイトがどんなキーワードでSEO対策を実施しているか調査できる無料のSEOツールです。
その結果を、コンテンツSEO(自分が今度どんなキーワードでコンテンツを作成するべきか)を検討するのに役立てることができます。

今後どんなキーワードでコンテンツを作成すべきかは、非常に悩みます。このツールを有効に使って、ユーザーが求めるコンテンツ作成をされてはいかがでしょうか。

競合サイトのSEOキーワード予測ツールとは

11

URLを入力するだけで、競合サイトがどんなキーワードでSEO対策を実施しているか調査できます。

競合サイトが対策しているだろうキーワード=ユーザーが期待するコンテンツ(トラフィック増が期待できるキーワード)がわかります。

わかったキーワードで自社サイトのコンテンツ作成することで、トラフィック増を期待することができます。

競合サイトのSEOキーワード予測ツールの使い方

1.競合サイトのSEOキーワード予測ツールにアクセスする
2.調査したいURLを入力する
3.調査結果が表示される

1日に何度でもご利用いただけます。

競合サイトのSEOキーワード予測ツールの活用方法

例)1位表示されているサイト(TOPページ、カテゴリページ)のテーマを知り、自社サイトに反映させる
1.競合サイトのSEOキーワード予測ツールにアクセスし、1位サイトのURLを入力する
2.調査結果より、自社サイトにも同じキーワードで対策しているページがあるか確認、ない場合は新規作成する
3.1位サイトのグローバルナビゲーションに入っているページのURLを確認し、各ページとも競合サイトのSEOキーワード予測ツールで、対策しているだろうSEOキーワードを取得します。自社サイトにそのキーワードで対策しているページが無ければ新規に作成します。

※新規にページを作成する際は、サイト本体にコンテンツを加え、同じキーワードで違う角度からブログでも記事を作成します。
その方が、検索にヒットしやすくなります。

※競合サイトは1つに限らず、複数サイトの状況を確認していくと、自社サイトの価値があるコンテンツ作成がたくさんできると思います。

※グローバルナビゲーションとは、サイト構成をわかりやすくユーザーに伝えるための、前ページに共通して設定されているメニューを指します。
22

33
上記赤枠内がグローバルナビゲーションです。

まとめ

SEO対策は、TOPページで上位化したい「メインのSEOキーワード」と、メインのSEOキーワードの周辺キーワードで集客を図った方が、トラフィックが多く集まります。

2016年のSEO対策は、TOPページのSEO対策+下層ページのコンテンツ追加です。

競合サイトのSEOキーワード予測ツールは無料のツールですので、上位化に成功しているサイトを参考に、ユーザーが期待する情報を自社サイトに持てるよう対策を進めてはいかがでしょうか。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧
seodoor無料版

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて