Googleにガイドライン違反連絡した65%がペナルティに

SEOならSEOパック
ご利用実績8597件 (2016/12/04現在)

[2016/03/03] (最終更新日 2016/04/21)

Googleにガイドライン違反連絡した65%がペナルティに

c3726b8588c1b718b0fb0a3a6ed493c2_s
SearchEngine RoundTableの記事によると、3月1日のSMX Westで、GoogleのJusn Felipe Rincone氏がGoogleに送れれてくる、スパムレポート(ガイドライン違反のメール)を確認していると話したとのことです。

ユーザーが検索結果に、スパムと思われるサイトがあれば、Googleに情報を送るようユーザーにアナウンスしています(サーチコンソールのログイン有無はどちらでもできる)

Googleには、月間35,000件ものガイドライン違反を知らせるメールが送られてきます。
Googleはそのメッセージの65%をガイドライン違反として、ユーザーに手動による対策メールを送っているそうです。

ユーザーから送られてくるスパムレポートの80%がスパムですが、Googleが手動による対策メールを送るのは65%のみです。ユーザーから送られてくるスパムレポートの20%はスパムではないそう。

スパムであっても手動対策しない理由として推測されるのは、検索結果に影響を与えない、アルゴリズムで対応できる、すでに自動アクションで対応できているそうです。

また、Googleはユーザーから送られてくるスパムレポートのクオリティが高いユーザーのメールを優先して確認するそうです。

最近は、あまり手動によるペナルティを受けたと聞かなくなりましたが、毎月こんなにものサイトが手動によるペナルティメッセージを受けているのですね。。。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧
seodoor無料版

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて