SEOで集客する、新・旧2つの柱

SEOならSEOパック
ご利用実績8597件 (2016/12/04現在)

SEOで集客する、新・旧2つの柱

ホームページに集客する手法の1つとして、SEO対策があります。
20160119_blogimg2
SEO対策での集客は、2つの柱があります。

  • TOPページ型
  • ブログ型

各特長について、以下に説明します。

TOPページ型

これは昔からあるパターンです。(一般的なSEO対策です)

TOPページ(または下層ページ)に対して、SEO対策を行います。
1ページに1キーワードに設定し、コンテンツを作成します。

この方法は、コンバージョン(売上)に直結しやすいですが、集客できる数には限りがあります。

施策は、

  • 被リンク設定
  • 内部対策の実施

です。

このTOPページ型のみで集客を図っているケースが多いと思います。
まずはこの方法で、集客を行うことをお勧めします。

弊社のSEO Packなどを利用されるお客様は、このTOPページ型がほとんどです。SEO Packの場合、86%が30位以内にランクインしています。

ブログ型

ブログの記事を書くパターンです

コンバージョン(売上)には直結しにくいですが、多くの集客が期待できます。

ブログのTOPページではなかなか集客できないため、各記事ページでロングテールキーワードで集客します。

1記事に対して、1個しか検索されない場合もありますが、記事の数を多くすることで、検索のチャンスを増やします。

施策は、

ブログのTOPページに対して、軽くSEOを実施する
記事ページの内容、テキスト量、更新性を重視し、ブログを運営します。

(テキスト量が多いと、キーワードが増えるため、検索される可能性は増えます)

ポイントは、
ある程度集客できるまでは、柱とするキーワードを中心とした記事を書きます。
投稿した記事が一定数を超え、トラフィックがUPしたら、柱となるキーワードの周辺キーワードでも記事を書きます。
投稿した記事でトラフィックが多い記事に対しては、定期的にメンテナンス(追記)します。

TOPページ型、ブログ型で集客できる客層が異なることが多いです。
TOPページ型だけで十分な場合は不要ですが、必要に応じてブログ型でも集客も行うと、くまなくターゲットユーザを集客できると思います。

順番としては、
TOPページ型を行う
ブログ型を行う(事前にブログ型が本当に必要かを検討する)

まず、TOPページ型でSEO対策を開始したい場合は、基礎固めのSEO Pack(7,980円/月)の利用をお勧めします。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧
seodoor無料版

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて