サイト変更内容をいち早くGoogleに知らせる方法

SEOならSEOパック
ご利用実績8394件 (2016/09/28現在)

サイト変更内容をいち早くGoogleに知らせる方法

あああ

WEBサイトの修正を行ったり、新規ページを作成しても、Googleにそのことを認識してもらえなければ検索順位が向上することはありません。
また、キーワード検索からのトラフィックを期待することができません。

サイトの変更、追加を行った場合には、Googleに最新情報をより早く認識してもらえるよう、Google Search Consoleより「Fetch as Google」を行うことをお勧めします。

Fetch as Googleとは

Fetch as Googleとは、下記2つの目的で利用することができます。
・Googleにページの再クロールを申請できる(サイトの最新情報を知らせることができる)
・レンダリングの方法をテストすることができる

Fetch as Googleには、サイト用と、モバイル用の2種類のツールがあります。
今回はサイトようについて説明します。
サイト用

Search Consoleヘルプには、下記のように記述があります。

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。Fetch as Google を使用して Googlebot がサイト上のページにアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(画像やスクリプトなど)が Googlebot に対してブロックされているかどうかを確認できます。このツールは、Google の通常のクロールとレンダリング プロセスで行われるように、クロールとレンダリングの実行をシミュレーションし、サイト上のクロールに関する問題をデバッグする際に便利です。

Googleにページの再クロールを申請する手順

1.Search Consoleにログインする
2.サイトを選択する
3.左のメニューからクロールから「Fetch as Google」をクリックする
3333
4.検索窓に該当ページのURLを入力し「取得」をクリック
(サイトのTOPページの場合は、URLを空欄のままにします)
4444
5.更新後の表示「インデックスに送信」をクリック
6666666
6.「このURLと直接リンクをクロールする」を選択、「送信」をクリック
777
ステータス:完了 とメッセージが表示された場合は、正常にGoogleにページの再クロール申請が完了したことを意味します。

今は、以前よりもSEO対策を実施しても、効果が得られるまでに時間を要するケースが多くなってきました。
その為、サイトを追加・更新・修正した場合は、この作業を定期的に実施することをお勧めします。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて