ワードプレスで作成したサイトのSEO対策方法

SEOならSEOパック
ご利用実績8192件 (2016/07/31現在)
検索ランキングアップの最重要ポイントは「リンク」と「コンテンツ」です。

ワードプレスで作成したサイトのSEO対策方法

01
ワードプレス(Wordpress)で作成したサイトもSEO対策を行うことが可能です
実際、このブログもワードプレスで作成していますが、「SEO対策」で11位に表示されています。

ワードプレスで作成したサイトのSEO対策方法

1.タイトルタグを設定する
2.コンテンツ(文章)を充実させた内容で記述する
3.TOPページに被リンクを設定する
上記3つの方法を行うことで、ワードプレスで作成したサイトも上位化を実現することが可能です。

特に、今のGoogleは、コンテンツをよく追加するサイトを高く評価する傾向にありますので、ワードプレスで作成したサイトがSEO的に有利になる(コンテンツを用意に追加しやすい観点より)と言えるでしょう。

SEO対策に役立つWordpressプラグインが複数ありますので、それを利用すると良いでしょう。

1.タイトルタグを設定する

タイトルタグ内にテーマを設定します。
ワードプレスでどのようなコンテンツを追加するかによって、お勧めのタイトルタグ設定方法が異なります。

まず、設定を簡易に行うよう、Wordpressプラグインの「All in One SEO Pack」をインストールしてください。

日記などワードプレスで作成するテーマが複数ある場合

タイトルを「投稿記事タイトル|ブログタイトル」となるように設定します。
各コンテンツにテーマが無いため、全コンテンツでテーマ性を高めるために投稿記事タイトルの後ろにブログタイトルを設定します。

「General Settings」メニュー→「Title Settings」メニュー→「投稿タイトルのフォーマット」を以下のように設定してください。

投稿タイトルのフォーマット %post_title% | %blog_title%

1つのテーマでコンテンツを追加する場合(専門性が高い場合、コンテンツにより上位化したいキーワードが決まっている場合)

タイトルを「投稿記事タイトル」となるよう設定します。
各コンテンツのテーマが1つですので、上位化させたいキーワードを含むことが多いかと思います。
また、同じようなコンテンツを多数書きますので、タイトルのバッティングが発生する可能性があります。
その為投稿記事タイトルのみで設定します。

「General Settings」メニュー→「Title Settings」メニュー→「投稿タイトルのフォーマット」を以下のように設定してください。

投稿タイトルのフォーマット %post_title%

2.コンテンツ(文章)を充実させた内容で記述する

現在のGoogleはユーザーにとって価値あるコンテンツを持つサイトを上位に表示させる傾向にあります。
コンテンツを作成する際には、2500文字以上を記述する必要があります。
より上位化させたいのであれば、文字数は多い方が有利となります(内容が薄っぺらだと意味はありません)

上位化させたいキーワードが決まっている場合

もしワードプレスで作成するページに、上位化させたいキーワードが決定しているのであれば、そのキーワードで上位表示されているサイトの傾向をつかんでください。
1.上位サイトがどういったテーマで記述しているか、どういった内容があるかなどを確認します。
2.そのうえで、同じようなテーマ、内容を含めたページを作成します。
ページを作成する際は、2500文字は最低記述します。
3.ページを作成した後、そのテーマ、内容がメインのページとなっているか、キーワード比率チェックツールをもとにチェックを行います。
キーワード比率○%というよりも、上位5キーワード内に狙ったキーワードが入っているか確認します。

上位化させたいキーワードが決まっていない場合

思いのままにページを作成してください。その際に文字が最低2500文字以上になるように記述します。
タイトルを設定する際には、作成したページのテーマでかつユーザーが求めていそうなキーワードを含めるようにしてください。

本ブログでも多数の記事を記載していますが、実際に検索から来訪の多いページは、最低でも2500文字は書かれています。競合サイトが多いビックキーワードでも上位表示されているページがありそれらは5000文字程度書かれている場合が多いです。

3.TOPページに被リンクを設定する

TOPページもワードプレスで作成している場合、下層ページの一部のみをワードプレスで作成している場合があると思います。
TOPページに対して被リンク設定する必要があります。
その理由は、TOPページがSEO対策で評価されているページであると(何らかのキーワードで上位化させていると)、WORDプレスで作成した下層ページも評価されやすくなる傾向にあるからです。

キーワードの難易度にもよりますが、まず初めに被リンク対策をするのであれば、SEO PACKの被リンクで十分だと思います。
SEO PACKは基礎を固めるための基本被リンク10本です。

コンテンツを作成し続ければ、ワードプレスで作成した各コンテンツに被リンクを意識して設定しなくても上位化することがあります。

まず、この3つを徹底して実施していることでワードプレスで作成したサイトも上位化させることが可能になると思います。

実例

SEO Packサイトもワードプレスで一部コンテンツを作成しています。
SEO Packのブログ(http://seopack.jp/seoblog/)をワードプレスで作成しています。テーマはSEO関連情報について専門性を持たせて記述しています。

SEO対策は、SEO PackのTOPページ(http://seopack.jp/)にキーワード「SEO」で実施しています。

ワードプレスで作成しているSEO Packのブログタイトルの設定方法は、上記にご案内した「1つのテーマでコンテンツを追加する場合」のように設定しています。
Wordpressプラグインの「All in One SEO Pack」投稿タイトルのフォーマット %post_title% で設定

その結果、
SEO PackのTOPページ(http://seopack.jp/) 「SEO」で10位表示
SEO Packブログページ(http://seopack.jp/seoblog/) 「SEO対策」で11位表示(ワードプレスで作成)
SEO対策は、競合サイトがSEO会社のため非常に強いキーワードです。
それでもワードプレスで作成したページが11位に表示されています。
対象ページに被リンクを設定したりはしていませんし、記事もSEO対策を意識して記述しただけです。
先ほどご案内した3つの方法を行うだけで、競合サイトが強いキーワードでも上位表示を実現させることが可能なのです。

参考:ワードプレスの初期設定でお勧めな設定

・コメントスパムを防止する
ワードプレスでデフォルトでインストールされているWordpressプラグインにAkismetがあります。

もう古いと思うのですが、ワードプレスのコメント欄に被リンクを期待してコメントを記述したり、サイトへの誘導を図るコメントスパムと呼ばれるコメントを記述する人がいます。

WordPressプラグインのAkismetを設定しておくと、これを防ぐことができます。

まとめ

ワードプレス使ったサイトもSEO対策で上位表示が可能。
ワードプレスは、容易にコンテンツ追加できるため、SEO対策としてメリットもある。
ワードプレスで作成するコンテンツは、コンテンツ量とタイトルの設定に気を付ける必要がある。

ちなみに、SEO Packはワードプレスで作成したサイトの被リンク設定にもご活用いただいています。TOPページの被リンク強化にSEO Packをご利用ください。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

おすすめ記事

SEO初心者のよくある質問

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧
美容健康サイト向けSEO Pack

人気のSEO事例

SEO Pack事例へ
SEO Packバナー

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

検索エンジンのよくある質問

SEO PackブログはSEO Packが運営しています。