スマホSEOの注意点:リダイレクトでGoogleの警告が出るケース

SEOならSEOパック
ご利用実績7617件 (2016/05/29現在)
利用37日で「SEO 9位」「MEO 3位」!1ページに「2つ表示」させた歯科の事例

スマホSEOの注意点:リダイレクトでGoogleの警告が出るケース

GoogleのWebmaster Central Blogで「スマホユーザをリダイレクトするときは的確なページに」との記事が投稿されました。この中で、Googleスマホ検索での変更点に触れられています。
参考→ Google Webmaster Central Blog: Directing smartphone users to the page they actually wanted(英語)

記事の概要と変更点をざっくり言うと、こうなります:

  • コンテンツページを見に来たスマホユーザを、スマホ向けサイトのトップにリダイレクト(転送)するサイトがある
  • しかしユーザが見たいのはあくまで「そのコンテンツ(のあるページ)」であって、「スマホ向けサイトのトップページ」ではない
  • これはよくないので、関係ないページにリダイレクトするページには、Google検索結果で警告を出すようにした

(※上記URLより執筆者が独自に意訳しています。以下も同様)

スマホ検索で表示される「警告」

上記にある「警告」は以下のようなものです。

search result redirect

URL(緑色の文字)の下に、グレー字で
このサイトのホームページ(トップページ)が開きます

その下に青のリンクが2つ、
それでも見てみる|もっと詳しく

と書いてあります。

スマホユーザは、これを見て「ホームページ(トップページ)でもいいから見てみよう」と思ったら「それでも見てみる」を押せばいいし、検索意図と関係ないページが見たくないなら他のサイトを探せばいい、ということです。

サイト管理者のウェブマスターツールにも警告が

上記のGoogleブログ記事では、スマホユーザが望んでないページ(トップページなど)にリダイレクトされることを「よくある、イラッとするやつ (a common annoyance)」と書いています。今回の仕様変更は、Googleスマホ検索のユーザビリティを向上するための対策だということでしょう。

この、Googleいわく「イラッとする」リダイレクトを行ってしまっているウェブの管理者には、該当サイトのウェブマスターツールで警告を表示するようになっているそうです。

faulty redirects webmaster tools

クロールエラー(URL Errors)の「正しくないリダイレクト」(Faulty redirect)というタブに、該当件数が表示されています。なお、今のところ、ウェブマスターツールを使用していないと、この「正しくないリダイレクト」が発生しているかどうかを連絡(警告)してもらう方法はないようです。

警告が出たらどうすれば?ペナルティはあるの?

ただ、この警告が出たとしても、即ペナルティにつながるといった情報は今のところ確認していません。

警告を受け取った場合は、上記のようにクロールエラーが起きているので、もともとのページと同じ情報が載っているページにリダイレクト先を向けるか、リダイレクトをやめて元々のページをそのまま見せる、という変更を行えば、Google botの再度のクロール後、警告が取り下げられるようです。

ちなみに、この警告は「場合によっては無視してもいい」という話も聞かれます。

参考→ Google Webmaster Faulty Redirects Notices May Be Ignored – Search Engine ROUNDTABLE(英語)

上記の Search Engine ROUNDTABLEの記事では、「正しくないリダイレクト」警告を受け取ったが身に覚えがないウェブマスターがGoogleに問い合わせたところ

Googleから、実際には問題がないのにちょっと「先走って」このメッセージが送信される場合がある

との返答を得た、という報告があり、「チェックのうえ100%の自信があるなら、このメッセージは無視しましょう」と書かれています。

この変更で得られた「学び」

インターネットにおけるモバイル/スマホユーザの急増については、当社からも何度か情報を出していますが、こうした潮流のなかでGoogleがモバイル検索をさらに有用なものにしようと努力している背景が伺い知れます。

ただ、今のところ、この「正しくないリダイレクト」についての警告表示は、米の英語Google検索で確認されたのみで、日本で同様の例が起こったという情報は、当社ではまだ入手していません。しかし、いずれにせよ、

「スマホサイトを作ったからといって、そこのトップに問答無用でリダイレクトされても、ユーザには迷惑」

なようです。

今回の変更で警告を送られてしまったウェブマスターのほとんどは、おそらく、スマホサイトができたからそちらを見てもらおう、という純粋な心でそうしていたのではないかと推察します。

しかし、スマホであってもPCであっても、

検索ユーザが求めているのは基本的には「コンテンツ」であって「スマホ向け or PC向けのページ」ではありません。

この順序をはき違えるとユーザにもウェブサイトにもあまりいいことはない、ということでしょう。言うなれば、

「スマホシェアが上がってきたからと言ってあわててスマホサイトを作るよりも、そもそものサイトコンテンツの情報をもっと役に立つものにしよう」

というのが、今回の仕様変更から得られる教訓かもしれません。

→外部対策と内部対策のSEO基礎を作る SEO Pack by ディーボ

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO PackブログはSEO Packが運営しています。

フォローして購読する

follow us in feedly
8

登録で「スマホSEOノウハウ」プレゼント!

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて