SEO対策するなら、楽天店舗と自社サイト、どっち?

SEOならSEOパック
ご利用実績9518件 (2017/11/18現在)

[2017/05/08] (最終更新日 2017/05/02)

SEO対策するなら、楽天店舗と自社サイト、どっち?

楽天で店舗を出しているが、自社サイトも持っている…という人は、珍しくありません。

このとき、楽天店舗も自社サイトも売上好調なケースがある一方で、「楽天店舗はスーパーセール等で売れるものの、自社サイト側はほぼ放置…」というケースも少なくないものです。

こうしたとき、SEOは楽天店舗と自社サイトのどちらで行えばよいのでしょうか?

自社サイトのSEOがおすすめ

おすすめは、自社サイト側をSEO対策することです。

なぜなら、自社サイト側をうまくSEO対策して、お客さんを安定して集められるようになれば、楽天店舗よりも大きなもうけが出るようになるからです。

楽天の特徴:悩みのタネはコストの大きさ

楽天店舗を運営する人によくある悩みが、コストの大きさです。

スーパーセールなど大規模セールで売上を上げられるのが、楽天のメリットです。
しかし、楽天へ支払う各種料金(出店料、システム利用料、広告料…)を売上から差し引くと、楽天店舗で得られるもうけは、思ったより小さくなります。

自社サイト:集客さえできればもうけは大きい

一方、自社サイトなら、余計な料金がかからないぶん、たとえ売上が小さくても、もうけの割合は楽天よりもずっと大きくなります。

とはいえ、自社サイトの課題となるのが、集客です。
テレビCMまで打たれる楽天セールとは違い、自社サイトは、自分で集客する必要があります。

SEO対策は自社サイトと相性がいい

自社サイトに集客するのに効果的なのが、SEO対策です。

SEO対策なら、安定して自社サイトへお客さんを集め、余計なコストをかけずに売り上げを出せるようになります。

しかも、自社サイトなら、自由にWEBページやコンテンツを編集可能なため、できることに制限がある楽天店舗よりも、ずっとSEO対策には向いています。

SEOパックも、やはり自社サイトにご利用の方が、大幅に多くなっています。

自社サイトがなければ、楽天店舗のSEOもアリ

このように、楽天と自社サイトのどちらでSEO対策するか迷っているなら、

  • 集客さえできればもうけが大きい
  • サイト編集が自由にできる

という二点から、まず自社サイトのSEO対策をおすすめします。

といっても、もちろん、楽天店舗をSEO対策してはいけないわけではないのです。

SEOは「Googleからの集客増」だけに有効

自社サイトがなく、楽天店舗だけを運営している場合は、そちらをSEO対策することで集客増が期待できます。(事実、楽天店舗にSEOパックをご利用の方もいらっしゃいます)

ただ、楽天店舗をSEO対策する場合、Google順位が上がっても、楽天モール内の検索順位が上がるわけではないという点は、注意しましょう。
SEO対策は、楽天側ページにGoogleからも集客したいケースだけに、有効です。

うまく対策すれば売上の上乗せに

楽天店舗と自社サイト、両方持っている場合は、何かと手間がかかるものです。
そのため、つい両方まとめて大ざっぱに運営したり、逆に、ちゃんと運営するのがどちらか片方だけになったりしがちです。

しかし実は、それぞれに適した方法で集客さえできれば、むしろ余計な手間をかけなくても、各自が安定して売り上げを作ってくれるようになります。

楽天の売り上げに加え、自社サイトでも安定した売り上げを出したい場合は、SEO対策を始めてみましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心にSEO情報を配信中。