SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9439件 (2017/10/22現在)

PV

アフィリエイトとPVの関係性

この記事をはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐためには、なによりPVがなければ報酬は発生しません。記事を書きはじめても最初のうちは報酬が発生しない状態が続くと予想されますが、しっかりと記事投稿に注力してサイトのボリュームを上げていきましょう。

ここで、アフィリエイトにPV数はどれくらい関係があるのか?などアフィリエイトの報酬とPVの目安について知りたいところだと思います。まずはどれくらいのPVを目指せば良いのかを考えましょう。

何も目標もないまま記事を書き続けることは挫折してしまう原因にも繋がってしまいます。そのため、まずは1日100PVを目標として記事を書きましょう。そうすれば、月3,000PVになる計算となります。

では、この記事ではアフィリエイト報酬とPVの関係性についてご説明していきたいと思います。

アフィリエイトとPVの関係

では、アフィリエイトとPVの関係についてですが、もちろんPVが多ければ多いほど報酬も上がります。しかし、報酬は扱う広告によっても大きく異なります。

例えば、1PVあたり0.5円の計算だと月1万PVあれば5,000円となります。さらに、この計算でいくと10万PVにまで成長させることができればおよそ月50,000円の報酬となる計算です。

ここからさらに1PVあたりの報酬を上げるためには、単価の高いASPと提携して広告を貼る必要があります。

このように、10万PVのアフィリエイトサイトでも、月間の報酬額が異なります。収益を最大化させるためには配置する広告や単価を注意して選ぶ必要があります。まだPVが少ないブログの場合だと成約数も0の場合も考えられるため、まずはクリック保証型で最適化して、PVの成長とともに成約報酬型の広告を取り入れても良いでしょう。

PVを増やすためには?

では、PVを増やすためにはどのような施策が考えられるでしょうか?
PVはただ記事を増やすだけでも増えますが、1PVとは1セッション(人)がブログに訪問して何ページ見たのか?という数をカウントしたものです。

そのため、ブログの回遊率を上げることや、滞在時間を伸ばすことを考えることが大切です。
PVを増やすためには様々な方法が考えられますが、少なくともこちらは必須の対策と言えます。

  • 記事の最後に関連記事を配置する
  • 内部リンクを設置してブログ内回遊を促す
  • 有益な記事の内容に気を配る(リライトも必要)

有益な内容ではない記事は読まれる事もなく、検索上位にも表示されない事から、質の高い記事は非常に重要です。
「ユーザーのため・検索エンジンのため」を意識してコンテンツを作りましょう。

記事の下に関連記事を載せているブログはよく見かけると思います。これは、最新記事ではなく関連した内容の方が訪問したユーザーも読んでみたくなります。また、クリックしたくなるようなタイトルを付けることも大切です。

記事の内容もそうですが、記事タイトルはSEOにも関係する箇所ですので、よく考えて設定して記事を投稿しましょう。
コンテンツを上位表示させるために重要な要素は、質の高い内容被リンクです。

PVやトラフィック確認に便利な無料ツール

アフィリエイトで成果を出すために最も必要なことは、商品を購入したいユーザーが検索するワードで上位表示することです。PVやトラフィック確認に便利な無料ツールが、Googleの無料ツール「アナリティクス」と「サーチコンソール」です。

この2つのツールはブログやサイトの訪問状況や、Googleからどのように見られているのか?など何か問題があればすぐに対応するためにもぜひ、最初に登録しておきたいツールです。

では、アフィリエイトの準備として必要なアナリティクスとサーチコンソールについてご説明していきたいと思います。

訪問数などを調べるアナリティクス

徐々に記事が増えてきたらアナリティクスを見れば、どの記事が集客に貢献しているのかがわかってきます。訪問数の多いページは放置せず、リライトするなどしてコンテンツの質を上げていきます。

また、全く訪問されない記事にはあえてnoindexを設定するなどしてサイト全体の価値を下げないようにしましょう。

アナリティクスでは、訪問数だけではなく集客元や滞在時間、直帰率といったユーザーの行動なども調べることができます。
訪問数が上がってきたらこういった分析解析による改善なども考えてみましょう。

サイトの状態を管理するサーチコンソール

次に、サーチコンソールでは、Googleからサイトがどのように見られているのかがわかります。例えば、インデックスされている数やペナルティの通知、内部リンクの数など、アナリティクスで解析する内容とは全く別のデータが確認できるツールです。

投稿した記事がインデックスされない場合や、記事の内容を変更した場合に便利なFetch as Googleのように、訪問数を上げていくためには多少の知識も必要となってきますが、是非、早い段階で登録しましょう。

アナリティクスでは(not set)となってわからなくなってしまった検索ワードが、サーチコンソールの検索アナリティクスで確認できるようになっています。
アフィリエイトでは、こういったブログに流入してくる検索ワードを知ることも大切です。
そして、この検索ワードを元にコンバージョンしやすい内容に記事をリライトすることがアフィリエイトで大きく稼ぐことに繋がります。

Pagetop