SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9439件 (2017/10/22現在)

How to earn in affiliate

アフィリエイトで稼ぐ方法

この記事をはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐには、サイトの更新を根気強く続けることが重要となります。
それは、アフィリエイトで収益が出はじめるまで時間がかかるからです。
アフィリエイトで最初から収益を稼ぐことはできません。
1年以上ほぼ収益がない状態なんて普通です。

アフィリエイトの収益はPVに比例します。そのため、最初のうちはPVを伸ばすことに集中して記事を投稿し続けることが大切となりますが、長期間に渡りほぼ収益が無い状態が続くと、多くの方が途中でサイト運営を止めてしまいます。
その結果、よく「アフィリエイトでは稼げない」と言われています。

しかし、実際に収益を上げているアフィリエイターも存在します。
では、具体的にどのように続けていけばアフィリエイトで稼ぐことができるのでしょうか?

このページでは、アフィリエイトの仕組みを交えてアフィリエイトで稼ぐ方法についてご説明したいと思います。

アフィリエイトの稼ぎ方イメージ

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、自分のサイトやブログに広告を貼り、訪問ユーザーがその広告経由で購入や申込、会員登録など、設定されたアクション場合、報酬を受け取ることができるというものです。

アフィリエイトで報酬を受け取るためには、必要な知識やテクニックが色々とあるため、難しそうに思えるのかもしれませんが、仕組みとしては、記事を書き続け、ページのSEO対策を行い、上位表示された記事に広告を貼るという単純な作業です。

広告主はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる仲介サービスに広告を登録します。そして、アフィリエイトを行いたい方も同じくASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録する必要があります。
ここで、サイトやブログの簡単な審査を経て登録が完了したら、宣伝したい広告を選びます。

自分のサイトに合った商品を見つけて提携申請しましょう。

また、ASPには、検索では表示されない高い報酬が特徴のクローズドASPと呼ばれるものもあります。このクローズドASPは、高い実績を持つアフィリエイターを集めるため、様々な検索ワードで検索して、上位表示されている記事を見つけて入会を促します。

アフィリエイターは、クローズドASP側から連絡してもらうためにも、アフィリエイトを行う場合は必ず「お問合せ」フォームを設置しておきましょう。

利益の見込めるアフィリエイターにはこんなサポートも?

アフィリエイターはASPへの登録と広告の申請が必要です。もちろん、それらの広告を表示させるサイトやブログなど構築する知識も必要となってきます。まずはアフィリエイトを行うために十分な集客ができるサイトを作りましょう。

アフィリエイトの報酬が上がってくると専任の担当者が付きます。それによって報酬アップのために色々なサポートが受けることができます。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは大きく分けて、「サイトアフィリ」と「ブログアフィリ」があります。
サイトアフィリは非常に多くの知識とサイトボリュームが必要です。それに対して、ブログアフィリは初心者の方でも比較的簡単にはじめられるため、多くの方が選ばれているかと思います。

しかし、アフィリエイトで稼ぐ基本的な方法についてはほぼ同じです。
ということで、まず最初にひとつのテーマに沿った専門性の高いサイトを作るのか、比較的色々な内容を書いていくブログにするのかを決めましょう

サイトアフィリとブログアフィリの違い

では、サイトアフィリとブログアフィリの違いはなんでしょうか?
先ほどもご説明したように、サイトアフィリの場合、同じテーマで記事を投稿して専門性の高いサイトを構築します。

そのため、比較的ビッグキーワードでも上位表示が狙えますが、そのようなサイトボリュームになるまで地道に記事を投稿していく必要があります。

それに対して、ブログアフィリの場合、テーマを絞っても良いですが、比較的色々なテーマで記事を投稿していく方も多いかと思います。
そのため、記事が書きやすく記事が増えるほどロングテールにも繋がり、続けるほどトラフィックが積み上がっていくという利点があります。

どちらにしても、アフィリエイトで稼ぐには後ほどご説明する「質の高いコンテンツ」が重要となります。
アフィリエイトは楽して稼げるものではありません。内容の薄いページをいくら更新し続けても検索エンジンには評価されませんので、しっかりと競合ページを調査して、それ以上のコンテンツを作り上げるようにしましょう。

何を売る事でアフィリエイト収入を得るのか?

では次に、作成したサイトやブログで何を売るのか?ということについてです。
まず、アフィリエイトで稼ぐと聞くと、多くの方がGoogleのアドセンスを思い浮かべると思います。

また、その他にも商材を扱うASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる、Amazonや楽天、A8.netやアフィリエイトBなどが有名ですね。

広告を貼りたいサイト管理者の方はASPに登録して、広告を配信したい広告主の一覧からサイトに合う広告を選んで提携申請を行い、承認されることでサイトに広告を配置して、そこからの購入金額の一部がアフィリエイトの稼ぎ(報酬)となります。
ご自身のサイトタイプによって広告を選択しましょう。

単価について

さらに、アフィリエイトで稼ぐためには、扱う商品の単価についても重要です。
例えばアドセンスのようなクリックで収益を得る「クリック報酬型」と、ユーザーがサイトを訪れてそこで商品の購入に繋がった場合に得られる「成果報酬型」だと、だいぶ単価に差があります。

多くの方がこの両方を取り入れてアフィリエイトを行っていると思いますが、月10万円を稼ぐとして、どちらが難しいのかを見極めて広告を選びましょう。

  • 100円×1,000クリック=10万円(クリック保証型)
  • 5,000円×20個=10万円(成果報酬型)

集客と制約率について

アフィリエイトでコンバージョン(成約)率を上げるためには、サイトで紹介する商品が欲しいと思っている特定の属性ユーザーを集客することが大切です。
このことから、アフィリエイトで稼ぐためには作成するページのキーワードをしっかりと選定することが重要となります。

ターゲットキーワードと検索キーワード、ページの内容と広告、それぞれが合致していなければ購入に結び付けるのは困難です。しっかりとキーワード選定を行い、ユーザーにとって有益となるようなコンテンツを作成しましょう。

質の高いコンテンツを作る

まず、サイトアフィリ・ブログアフィリどちらにしても記事の文字数は多ければ多いほど有利です。 もちろん内容はその記事のテーマに沿ったものにしなければいけないため、場合によっては本を読んだりウェブ上で調べたりなど、時間のかかる作業となります。

テーマが決定したら記事を書き始めるより先に、まずはASPで売りたい商材を探しましょう。そして、その商材について詳しく記事を書いていきます。
ユーザーはその商材について調べるために検索してきます。その商材をより魅力的に説明することによって購入へと繋がります。

読みやすい文章を意識する

文章はある程度、書けば書くほど上達します。
多少の書き方についての知識も必要ですが、ユーザーの身になって、わかりやすい文章を心がけていればそれは伝わります。
テーマとなるキーワードを意識してタイトルと内容を合致させることが大切です。

そして、質の高い記事を作成する理由には、ユーザーの満足度を上げることももちろんですが、検索エンジンに高く評価してもらうことも考えられます。

検索エンジンに評価され、ターゲットキーワードで上位表示することであなたの作成したページにユーザーが訪問してきます。
そのため、低品質なページをどれだけ量産しても、評価されない、誰も訪問しないという事になります。

SEO対策を行う

アフィリエイトを行うために作成したページにユーザーを集客するためには、検索結果に上位表示する必要があります。そのため、SEOの重要項目である、「コンテンツ」と「被リンク」を中心にSEO対策することが大切です。

テーマに沿った内容の濃いコンテンツと、人気度として評価される被リンク対策を中心に上位表示を目指しましょう。ただサイトに広告を貼っているだけでは成果は上がりません。内容の濃いページが、必要なユーザーの目にふれる事によって、報酬という形で収入を得ることができるということです。

Pagetop