SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10443件 (2018/11/19現在)

QDF Algorithm

QDFアルゴリズム

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOでQDFアルゴリズムをどのように対策するべきか、説明します。

QDFアルゴリズムとは?

QDFアルゴリズムとは、注目度の高いキーワードを扱った”新しいページ”を一時的にランキング上位に表示させるという、Googleのアルゴリズムの一つです。

例えば、2014年現在、注目されているキーワードに「W杯(ワールドカップ)」がありますが、大会開催中にW杯のキーワードで検索をかけてみると、つい数時間前に投稿されたばかりの”W杯の試合結果を速報するニュースサイトの記事”などが、検索結果の上位に表示されます。しかし、W杯が開催されていない通常時であれば、「FIFAワールドカップ」のWikipediaページなど”古くからある信頼性の高いサイト”が上位表示されるはずです。このような、局所的なランキング変動を引き起こすのが、QDFアルゴリズムなのです。

QDFアルゴリズムは2007年に、Googleが存在を明らかにしましたが、その導入の背景には”最新の情報を検索したい”というユーザーの欲求を満たすことがあったと言われています。かつて、ユーザーは検索エンジンに「情報の正確さ」を求めていましたが、次第に「情報の新鮮さ」も求めるようになったのです。つまり、QDFとは”情報の新鮮さに価値を見出す”アルゴリズムであり、速報する必要のある情報を優先的に上位表示することで、ユーザーの役に立とうとするものなのです。

このように、QDFアルゴリズムはGoogleのランキングに直接関係するものですから、ウェブマスターはQDFアルゴリズムをどのように対策するべきか、しっかりと理解しておく必要があります。

QDFアルゴリズムの仕組み

それでは、QDFアルゴリズムとはどのようなものなのか、具体的に説明します。
まずは、QDFアルゴリズムについて説明する前に”QDFとはそもそも何か”という話から始めますが、これは”Query deserves freshness”の略称で「新鮮さに価値のある検索」と訳すことができます。ここでいう「新鮮さ」とは、ウェブページが「新しく投稿されたものか」どうかを指し示すだけではありません。

そのページの内容が「速報する必要のある、タイムリーな情報を扱っているかどうか」、または「今までに無い新しい情報を扱うものであるか」も指し示しています。
すなわち、QDFアルゴリズムとは「情報の新鮮さを複雑に判断して、ウェブページを評価するアルゴリズム」だと言うことができます。そこで以下に、情報の新鮮さに関する3つの視点から、QDFアルゴリズムの仕組みについて説明していきます。

1.タイムリーなキーワードを使った、新しいページを評価する

Googleは、一定期間内で急激に検索されるようになったキーワードや、ブログ・ウェブページで頻繁に用いられるようになったキーワードを”タイムリーなキーワード”として判断します。そして、そのようなタイムリーなキーワードを使って作成された新しいページを、新鮮な情報を持つページだと評価して、ランキングの上位に表示しようとします。これがQDFアルゴリズムの最も基本的な仕組みになります。

QDFアルゴリズムのランキングに対する影響は、特定キーワードの”注目度”に比例しており、注目度が最も高まった時に影響力も最高潮に達します。そして、その後注目度が下がっていくにつれて影響力が少なくなっていき、やがて、通常の検索結果の状態に戻ります。つまり、QDFアルゴリズムによるページの上位表示は一時的なものになります。

また、新鮮な情報を持つページを判別する、もう一つの仕組みとして”被リンク”も参考にしていると考えらています。一定期間内にページの被リンク数が急激に増加した場合も同様に、特定キーワードでの検索順位が上昇するとされています。この際、被リンクはウェブページから貼られたものに限らず、ソーシャルサービスからの被リンクも参考にしていると言われています。

2.速報性が必要なページにのみ適用される

実は、「タイムリーなキーワードを使った新しいページ」であっても、全てのページにQDFアルゴリズムが適用されるわけではありません。QDFアルゴリズムは、”記事の内容を速報する必要性がある”ページにしか適用されないのです。

例えば、同じ「W杯」のキーワードで作成された、「W杯の試合結果を伝えるページ」と「W杯を観戦するためにサッカーのルールについて説明するページ」があったとします。どちらもW杯というタイムリーなキーワードを使っていて、かつ新しく作成されたページだとしても、速報する必要性があるのは明らかに”前者”のページです。

それは、前者がこれまでウェブ上に無かった目新しい記事であるのに対して、後者は従来と代わり映えしない内容の記事であるからです。ユーザーが新しく知ることで得をするような”速報性”のある記事を扱うページしか、QDFアルゴリズムは新鮮味があると判断しないのです。

3.見せかけの新鮮さでは、適用されない。

これは、上記の二つの視点とは立場の異なるものになりますが、新鮮さがあるかのようにページを見せかけるだけでは、QDFアルゴリズムから評価されることはありません。例えば、記事の内容をたった少しだけ変えて何度も更新する、などしてもQDFアルゴリズムから”新鮮さ”のあるページだとは判断されません。

なぜなら、QDFアルゴリズムはいくつもの視点から複合的に”ページの新鮮さ”を判断していますし、Googleがサイトを見分ける力も生半可ではないからです。
以上が、QDFアルゴリズムの仕組みとして”一般的に考えられている”内容になります。実は、GoogleはQDFアルゴリズムの存在を明らかにしたものの、アルゴリズムの内容までは解説していないので、正確なことは分かっていないのです。

QDFアルゴリズムとSEO

Googleは基本として、古くからある信頼性が高いサイトほど”ユーザーに正確な情報を提供する”として、検索結果で上位に表示します。しかし近年では、Googleは「QDFアルゴリズム」や「フレッシュネスアルゴリズム」などを導入し、新しいサイトでも新鮮な情報を扱っていれば上位表示されるようにするなど、「情報の新鮮さ」のランキングへの影響を大きくするよう図ってきました。

このような状況を受けて、ウェブマスターはサイト運営時に、情報の新鮮さについて考慮する必要が出てきました。それでは、情報の新鮮さについて評価する「QDFアルゴリズム」について、ウェブマスターはSEO的な対策を実施するべきなのでしょうか?
結論から言えば、速報性が必要なジャンルの記事を扱うサイトについては、実施したほうがいいと思います。ただし、それは一部のサイトであり、大半のサイトではQDFアルゴリズムを意識する必要性は薄いです。

なぜなら、対策を実施したとしても、運営サイトにQDFアルゴリズムが適用されるとは限りませんし、仮に適用されたとしても、その効果は一時的でしかないからです。
ですから、ウェブマスターはQDFアルゴリズムの対策に、重点を置くべきではないでしょう

QDFアルゴリズムへの対策は余裕があるときに

いかがでしたか?この記事では”SEOでQDFアルゴリズムをどのように対策するべきか”を説明しました。ウェブマスターはQDFアルゴリズムを対策することで、ページを上位表示させ、サイト全体のアクセスアップを目指すことが出来ます。

しかし、QDFアルゴリズムがそのページに適用されるとは限らない上に、適用されたとしても効果が一時的なものであることから、対策には大きな手間をかけるべきではないです。
ですから、ウェブマスターは余裕があるときだけ、「QDFアルゴリズム」への対策を実施するようにして、メリットを最低限受け取れるようにしておけばいいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!まずは適用キャンペーンの内容を確認!

迷ったらチャットメールで質問!

Pagetop