SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10443件 (2018/11/19現在)

Re Examination

再審査リクエスト

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOに必要な再審査リクエストとは何か、再審査リクエストを実施するにはどうすればいいか、説明します。

再審査リクエストとは?

Googleからサイトに手動ペナルティを与えられた時、ペナルティを解除するために”Googleにサイトの再審査を要求する”ことを「再審査リクエスト」と言います。

手動ペナルティはGoogleスタッフによる目視の審査によって、ウェブマスター向けガイドラインに違反したサイトに対して与えられますが、手動ペナルティの発動は「ウェブマスターツール」に登録することで”通知”として受け取ることが出来ます。通知には”サイトがどのようなガイドライン違反を犯しているか”が示されているので、ウェブマスターはその違反箇所を改善し、Googleに再審査リクエストを送信することによって、手動ペナルティの解除を目指すことができます。

手動ペナルティの基準となる「ウェブマスター向けガイドライン」は、内容がとても広いですから、ガイドラインに違反するようなことを実施した自覚がなくても、サイトが手動ペナルティの対象にされてしまうことがあります。つまり、どのようなサイトでも手動ペナルティを受ける可能性があるのです。
そこでSEOを実施するウェブマスターは、手動ペナルティを受けたときにペナルティ解除をすぐに行えるよう、再審査リクエストの手順をしっかりと覚えておく必要があります。

再審査リクエストの手順

再審査リクエストを送信するまでの手順は、全てウェブマスターツール上で行われます。ウェブマスターツールはGoogleが提供するサイト運営支援ツールで、Googleアカウントに登録する事で、誰でも利用することが出来ます。ウェブマスターツールを利用したことがない人は、まずはGoogleアカウントに登録して、再審査リクエストを実施できる状態にしておきましょう。
では、以下に再審査リクエストを送信するまでの手順を、詳しく説明します。

1.ペナルティの内容を確認し、サイトを修正する

ウェブマスターツールにサイトを追加(登録)しておくと、そのサイトが手動ペナルティを受けたときに、Googleから通知が届くようになります。通知には、ガイドライン違反の範囲(一部または全体)や、ガイドライン違反の種類が記載されています。ウェブマスターはその内容を参考にして、ガイドライン違反が全て無くなるようにサイトを修正していきます。

ただし、Googleはガイドラインの違反箇所を大まかにしか説明してくれません。その為、サイトをどのように修正すればいいか分からない時があります。そういう時は、ガイドラインに目を通すだけではなく、ウェブマスター向けトラブルシューティングや、ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムも合わせて読んでみると良いでしょう。

2.再審査リクエストを送信する

サイトの修正が全て終わったら、Googleに再審査リクエストを送信しましょう。再審査リクエストの送信は、ウェブマスターツールの通知上にある専用フォームから行うことが出来ます。
再審査リクエストには、サイトをどのように修正したかを、具体的で分かりやすく記述するようにします。再審査リクエストは、Googleが再審査を行うときに参考にするものですから、Googleからの心象が悪くなるようなことは書かないようにし、読んだ人が理解しやすいように詳細で簡潔に書くことを心がけるようにします。

3.再審査の結果を確認する

再審査リクエストを送信してから、早ければ数日、遅ければ数週間以内に、再審査の結果がウェブマスター上に通知されます。ウェブマスターは通知が届いたら、すぐに確認するようにしてください。
通知の内容が、再審査を通過したことを伝えるものだった場合、ペナルティ解除は成功です。ほどなくして、手動ペナルティは解除され、サイトは正常な状態に戻ります。

しかし、通知の内容が、再審査を通過しなかったことを伝えるものだった場合、ペナルティ解除は失敗です。通知には、サイトのどこが修正されていないのか記載されているので、ウェブマスターは再びサイトの修正から始めなければなりません。サイトが再審査に通過し、ペナルティが解除されるまで、ウェブマスターは再審査リクエストの手順を繰り返し行うことになります。

再審査リクエストとSEO

手動ペナルティの大半は、再審査リクエストの手順を繰り返すことによって解除することが出来ます。手動ペナルティを受けている間は、Googleからの流入アクセスがほとんど望めませんから、ウェブマスターは出来るだけ早くペナルティを解除するようにしましょう。

再審査リクエスト以外にも、ペナルティを解除する方法として”手動ペナルティの有効期限切れを待つ”という方法もあります。しかし、こちらはペナルティ解除までに時間がかかりすぎますし、ペナルティを再び受ける可能性が極めて高いので、オススメは出来ません。手動ペナルティは、サイトのガイドライン違反を無くした上で、Googleの再審査によって解除してもらうのが一番の方法なのです。
ウェブマスターはいつ手動ペナルティを受けてもいいように、再審査リクエストの手順をしっかりと覚えて、ペナルティ解除を迅速に行えるよう心がけておきましょう。

迅速なペナルティ解除が大事

いかがでしたか?この記事では”SEOに必要な再審査リクエストとは何か、再審査リクエストを実施するにはどうすればいいか”を説明しました。Googleから手動ペナルティを受けたとき、ウェブマスターツール上から再審査リクエストを送ることで、そのペナルティを解除することができます。

手動ペナルティはどんなサイトでも受ける可能性がありますから、ペナルティを適切に解除し、サイトの順位を出来るだけ落とさないようにすることが大切です。ウェブマスターは再審査リクエストの手順をしっかりと覚えておくようにしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!まずは適用キャンペーンの内容を確認!

迷ったらチャットメールで質問!

Pagetop