SEO対策 被リンク対策(外部SEO)+コンテンツ対策+SEOツール 月額7,980円固定のSEOパック

SEOならSEOパック
ご利用実績8909件 (2017/03/23現在)

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

ローカルSEOで、1位になるにはどうしたらいいですか?

まず、店舗情報を「Googleマイビジネス」登録しましょう。
また上位達成するためには、ウェブ検索結果への対策も重要になります。

ローカルSEOとは?

「地名+●●(サービス名)」などで検索したときに「特定の地域(ローカル)の情報」が、ウェブ検索結果やマップ検索結果に表示されると思います。これらの対策をすることや検索結果についてを『ローカルSEO(ローカル検索)』と呼びます。

地名を含まなくとも、検索キーワードによっては「ローカルSEOの検索結果」が表示されます。

ローカルSEOとは

札幌で、「眼科」と検索したら、近隣の眼科が表示されました。

地名を含んだキーワードや、特定のキーワードでは「特定地域のみの検索結果」が表示され、
この検索結果は「ローカル検索結果」と呼ばれます。
ローカル検索結果に上位表示させるために対策することを「ローカルSEO」「ローカルSEO対策」、「MEO」や「MEO対策」と呼びます。

 

ローカルSEO対策のはじめかた

ローカルSEOは「Googleマイビジネス」に登録するだけではじめることができます。

Googleマップのでる検索キーワードであれば、検索結果ページに2か所表示されることもあります。
実店舗のあるサービスであれば、いますぐGoogleマイビジネスに無料登録しましょう。
(参考:「地名 眼科」がSEO・MEO「2位」!伸び悩みサイトが11日目で3位の事例

ローカルSEOとSEO検索結果

 

 

Googleマイビジネスの登録のポイント

Googleマイビジネスに登録する際には、上位表示に必要なポイントを押さえましょう。

・Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力する
・詳細なデータを入力
・ビジネスのオーナー確認
・営業時間の情報を正確に保つ
・クチコミの管理と返信
・写真を追加

できるだけ、多くの情報をGoogleマイビジネスに登録しましょう。
詳細な情報を入力することで、ローカルSEOの検索エンジンは、ビジネス(お店)の評価に必要な情報を多く確認することができます。

住所などは省略せず自サイトの表記と合わせ、店舗名なども正式な名称にそろえましょう。ほかにも、ビジネス名には「店名」の他、「対策したい地名」や「キーワード」を含めた名称をつけましょう。(例:「眼科 札幌」の場合 「札幌の眼科|ディーボ眼科クリニック」など)

営業時間の情報は祝祭日や特別なイベントなどの特別な営業時間を含めて最新の情報を保つようにヘルプページでも推奨されています。

また、ユーザーのクチコミ投稿への返信することで、ビジネス(お店)とユーザーのつながりをつくることや、写真の追加をすることで、ビジネス(お店)の内容をユーザーにアピールすることもGoogleは推奨しています。

 

ローカルSEOのSEO要因

ローカル検索のランキング要因は以下の3つです。

・関連性
・距離
・知名度

【関連性】
「ローカルリスティング(マイビジネスに登録されている店舗の情報)」は、「検索キーワード」にどのくらい関連性があるかを評価します。
「Googleマイビジネスに店舗の登録がない」場合は、情報がないので評価できません。すぐ登録しましょう。
また、登録済みでも「情報(コンテンツ)が不足している」「情報が古い」場合は、関連性が下がる可能性があります。

【距離】
「検索キーワード」と、「実店舗(登録住所)の距離」を評価します。

「検索キーワードに地名が含まれている場合」は、指定された地名での検索結果を表示します(「札幌 眼科」で検索したなら、検索ユーザーが東京にいても「札幌の眼科」のローカル検索結果が表示される)。
「地名の指定がないキーワードの場合」は「検索ユーザーの現在地情報」に基づいて、検索結果を表示します(札幌で「眼科」と検索したら「札幌の眼科」のローカル検索結果が表示される)。

【知名度】
「ビジネス(実店舗)の知名度」も評価のひとつです。
有名なブラント・公共施設など、多くの人が知っている店舗や施設は、上位に評価されやすい傾向があります。例えば、「ホテル」で検索すると、個人経営の民宿よりも、知名度の高い有名なホテルの方が上位表示されます。

 

上記の3つは、Googleマイビジネスの登録情報から評価されます。
これら以外の評価の要素としてGoogleのウェブ検索結果の掲載順位も評価の1つに入れられています。

ローカルSEO(ローカル検索)の検索結果は、関連性や距離、知名度などの複数の要因から、検索ユーザーの求めているお店や施設を表示させます。
近いお店から順に表示されるわけではなく、遠い場所にあるお店の方が「検索ユーザーの役に立つ」と評価された場合は、遠い店の方が上位に表示されることもあります。

尚、上記の情報については、Google マイビジネス ヘルプにある「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」に記載があります。こちらも確認しましょう。

 

参考情報:ローカルSEOとMEOは違うの?

ローカルSEO対策は、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)対策とも呼ばれています。

どちらも同じことを指していますが、英語圏では「ローカルSEO」の名称が一般につかわれているようです。

 

まとめ

ローカルSEO対策は、以下の2つのポイントを押さえることではじめることができます。

・Googleマイビジネスに登録し、最新の詳細な情報を追加・更新する
・ウェブ検索の順位を上げるためのSEO対策も行う

SEO Packは「SEOの基礎を固めるパッケージ」。ご利用ユーザーには「地名+キーワード」で対策し、SEO順位(ウェブ検索順位)と、ローカルSEO順位のどちらも上位達成した事例もあります。(→SEO Pack導入事例

また、SEO Packの製品内容については、サービスの内容・特長をご覧ください。

この記事をはてなブックマークに追加

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月)

1ヶ月7,182

通常価格47,880円

(43,092円/6ヵ月)

初期費用

0円
初期費用なし
SEO Packお申込はこちら
SEO Pack お得な初回購入ディスカウントについて
SEO Pack お得な初回購入ディスカウントについて
ページの先頭へ