【Google順位大変動】アルゴリズム調整の標的は「ネットショップ」?

SEOならSEOパック
ご利用実績8372件 (2016/09/25現在)

【Google順位大変動】アルゴリズム調整の標的は「ネットショップ」?

先週末から起きていたGoogleの順位大変動は、「Eコマース(ネットショップ)サイト」を標的に行われた可能性があります。

海外でも該当サイト群の変動が見つかったほか、日本国内では特定のEコマースキーワードで変動が大きかった可能性を示すデータが明らかになりました。

20150211brands-were-hit

「ブランド名」の検索結果が変動

Googleの公式発言では、この変動が「パンダやペンギンとは関係ない」とされていますが、先週末以降は、国内外問わず順位の大きな変動が見られていました。

この変動について先日、「ブランド名」での検索結果に掲載されていた「多くのネットショップ」に大きな影響が出ている、との報告が、米調査会社から発表されました。

「ブランド名のタイプミス検索」で影響顕著

発表によれば、影響が顕著だったのは「adiddas」「ebbay」「zapos」といったブランド名のタイプミスワードでした。(※それぞれ “adidas” “ebay” “zappos”の打ち間違い)

こうしたタイプミスワードの検索結果では、ブランド保有サイト(たとえば本家Adidasなど)が上位に動いた一方で、タイプミスワードの方でSEOしていたネットショップや比較サイトが下降したようです。

この状況から、Googleが「ブランド名検索結果のクリーンアップ」を図ったのでは、との見解が出ています。

国内の変動データもワードにより変化

一方国内では、キーワード群(ジャンル)別に下記のような変動データが確認されました。

・商品ブランド名と関連の濃いジャンル(ファッション、日用品など):大変動
・商品ブランド名と関連の薄いジャンル(旅行、観光):安定、大きな変動なし

20150211namaz_genre

このことから、国内の状況も海外と同様と推測されます。

関連リンク

Google変動データ namaz.jp

Google Brand-eCommerce “update” causing fluctuations @ Search Metrics Blog

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて