「サイト自体に価値がないと新規ページは順位がつかない」ことも/Google公式に認める

SEOならSEOパック
ご利用実績8293件 (2016/08/30現在)

「サイト自体に価値がないと新規ページは順位がつかない」ことも/Google公式に認める

インターネットに新しくページを公開すると、しばらくしてGoogleの検索結果に掲載されますが、その際の検索順位はしばしば元々のサイト全体の価値で決める、とGoogleが先週認めました。

20160316-ec

新規ページの順位を、サイト全体の評価で決めることがある

Googleの発言をそのまま翻訳すると、以下のようになります。

例えば、サイトに追加された新規ページを初めて見た(=クロールした)Googleは、そのページのコンテンツをまだよくわかっていない。だから、ときに、既存のサイト全体への評価を、新規ページの評価に反映させている。

新規ページの掲載順位という意味では、ページ個別の価値も見るけれど、サイト全体の価値も見ている。
(Google ジョン・ミューラー氏)

これをわかりやすく言うと、下記のようなことがしばしば起こることになります。

  • いくら優れた内容のページを公開しても、サイト自体に価値がないと、検索結果の上位には乗らない
  • 内容の善し悪しに関わらず、価値のあるサイトに載せた新規ページは、検索結果上位に載り得る

出典:Google+ Hangout 2016/03/08 on YouTube(4:49)(英語)

サイトの価値=「サイト・オーソリティ」

さて、この「サイトの価値」とは何なのでしょうか?SEO識者のあいだでは、これは「サイト・オーソリティ」と呼ばれ、以下のようなサイトが評価が高いとしています。

  1. 運営期間が長い
  2. 専門性の高いコンテンツが多く、更新も多い
  3. Googleガイドラインに沿った被リンクが多い

サイト・オーソリティについては、こちらの記事に詳しく説明されています。→ サイト・オーソリティ(SEO最新用語集)

サイト・オーソリティを育てるには

運営期間は長く続けるしかありませんが、コンテンツと発リンク、また被リンクは、自社でしっかりと対策する必要があります。

なお、作ったばかりのサイトでも、コンテンツ対策と被リンク対策さえしっかり行えば、比較的短期間で評価を上げられます。当社実績では、新規サイトを数週間で検索上位まで上げることも特に難しくありません。

コンテンツ作成と更新は自社で実現可能です。また被リンクはしっかりSEO Packで忘れず基礎固めを行うようにします。
なお、SNSのシェアなどは被リンク価値は特にないため、注意して下さい。

「コンテンツに合わせて掲載サイトを選ぶ」のも重要

従来であれば、サイト側のテーマに合わせてコンテンツを作るのが普通だったかと思いますが、SEOの世界では「コンテンツのテーマに合わせてサイトを選ぶ」という手法が一般的になりそうです。

というのも、コンテンツ・マーケティング隆盛の現在において、企業が複数のテーマに沿った複数のブログやサイトを保有しているのは、珍しいことではないからです。

顧客に伝えたいメッセージは、その時の状況や商材などに応じて変化します。ことブログ運営の場合は、下のポイントを意識してコンテンツ公開するようにします。

  1. メッセージの内容と親和性の高いサイトを選ぶ
  2. 全体のトラフィックが元々多いサイトに掲載する
必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは