リンクなしで1位も「理論的には可能」、Googleが公式発言

SEOならSEOパック
ご利用実績8057件 (2016/06/29現在)
利用37日で「SEO 9位」「MEO 3位」!1ページに「2つ表示」させた歯科の事例

リンクなしで1位も「理論的には可能」、Googleが公式発言

あるGoogleユーザーからGoogleスポークスマンへの

「リンク対策を一切しなくても、中身の良いサイトなら検索1位にはなれる?」

との質問に対し、Googleが公式に回答を行いました。本記事では、Googleからの回答をわかりやすく解説するとともに、回答の全文も紹介します。

20160318-backlink-mueller-ec2

Googleのからの公式な答えは?

Googleオンラインフォーラムで行われた、冒頭の質問に対する公式スポークスマンのジョン・ミューラー氏の回答は、下記の通りでした。

「理論的には可能だが、しかし、間違いなく、困難だ。

いまGoogleが改めて発言する、そのわけは

コンテンツ作成や内部SEOに注力するあまり、リンク対策(被リンク)を後回しにしている方は、SEO情報が充実してきた現在でも、いまだに多いのではないでしょうか。

しかし、Googleがこうして改めて発言していることからも分かる通り、リンク対策を行っていないサイトでは、1ページ目掲載はおろか、圏内(100位以内)に表示させるのも難しいものとなっています。

被リンクがなければ、Googleはランキングを決められない

その理由は、被リンクがないと「Googleボットが適切にサイトを評価することができなくなってしまう」ためです。

Googleは、あなたのサイトと、インターネット上の他の様々なサイトとの「関わり」を参考に、そのサイトが役に立つサイトかどうかを見積もります。
その「関わり」を調べるためにGoogleが使っているのが、リンクです。

リンクがあることにより、Googleボットは、適切にサイトからサイトへと巡回できます。また、リンクされたサイト同士は、リンクのない孤立したサイトに比べ、Googleから高く評価されます。

一方、リンクを受けていないサイトを適切に評価するのは、検索エンジンの仕組み上、Googleにとって非常に難しくなります。

SEO対策における被リンクの位置づけを知る

ただし、被リンク対策だけで上位表示が可能なわけでもありません。
大まかに言えば、検索順位を上げるには下記の3つがバランスよく揃っている必要があり、SEO対策の際は常にこれを意識しておく必要があります。

  • (1) 内部対策ができている
  • (2) コンテンツ対策(役立つコンテンツの掲載・更新)ができている
  • (3) リンク対策ができている

これらが揃って初めて順位上昇の基礎ができます。どういったサイトであってもこれは変わりません。

バランスを意識して対策する

非常によく見られるのが、(1)内部対策や(2)コンテンツ対策しか行っていない、もしくは(3)リンク対策しか行っていない、というサイトです。
こうしたサイトでは、検索順位を上げることは難しくなります。

また、「内部対策しか行っていない」サイトが、もっと順位を上げようと、さらに「内部対策だけ」を強化することもよく見られます。もちろん、これも順位上昇にはつながりません。

どんなサイトでも、検索順位を上げたい場合は、先に上げた(1)~(3)の3つがバランスよく揃っている必要があります。

状況に合った適切なリンク対策を行う

リンク対策を始める場合は、バランスよく実施するよう注意します。
例えば新規サイトや、まだリンクが少ないサイトでは、リンク対策だけにコストをたくさんかけても、順位が急に上がったりはしません。

初めて対策する、あるいはまだリンクの少ないサイトでは、まずSEO Packで対策を行います。
なお、順位対策の基礎固めは1契約でじゅうぶんできるため、急に2~3契約まとめて利用する必要はありません。

あるいは、既にそれなりのリンクがある中規模・大規模サイトなら、状況に合わせた内容でリンク対策します。ただし、中~上級のSEO知識がないと自己判断は難しいため、必ず提案(無料)を受けてから対策を行うようにしてください。

被リンクの種類についての注意

なお、twitterやfacebookなどでの記事投稿やシェア機能で行われたリンクは、直接的なSEO効果はほとんどないので、注意してください。
また、無限リンク増加とか永久リンクとかいった謳い文句のSEOサービスは利用しないようにします。

まとめ

今回のスポークスマンであるミューラー氏は、さきの回答に続いて
「特に、競合がいるような環境で検索結果上位表示させたいなら、なおさら被リンクが必要だ」
と説明しています。

今までリンク対策に注力していなかった方は、自分のサイトの状況に応じて、いずれかの方法で対策を始めるようにします。
また、対策済みでもさらに順位を上げたい場合は、内部・コンテンツ・リンクの3つの対策がバランスよく育っているか、あらためてチェックするのがよいでしょう。

補遺:ジョン・ミューラーの発言全文

参考まで、ミューラー氏の回答(翻訳)も全文載せておきます。

(「ほとんど被リンクがないようなサイトでも、ユーザーに本当に役立つサイトなら、上位ランキング表示は可能なのでしょうか?」という質問に対して)

ええと、そうですね。論理的に言えば可能です。Googleは200を超える評価ポイントをクロールやインデクシング、検索ランキング決定に活用しています。まだ順位もついていないし被リンクもないというようなサイトを見つけて検索結果に表示することも、できることはできるでしょう。

しかし、はっきり言うと、被リンクがないと上位表示は困難です。

インターネット上に存在する他のサイトとどういう関係にあるのか、その状態ではわからないからです。被リンクがついていて評価も済んだサイトならまだしも、被リンクもないようなサイトだと非常に難しいでしょう。

ということで、論理的には可能です。でも実際にやるとなると、おそらくものすごく難しいでしょう。もし他に優れた競合サイトがある場合、不可能ではないが、たぶん難しい。

Reference : English Google Webmaster Central office-hours hangout

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO PackブログはSEO Packが運営しています。

フォローして購読する

follow us in feedly
11

登録で「スマホSEOノウハウ」プレゼント!

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

おすすめ記事

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて