PC検索数、ピークは「3年前」だった /データ公開に

SEOならSEOパック
ご利用実績8609件 (2016/12/10現在)

[2016/03/23] (最終更新日 2016/05/31)

PC検索数、ピークは「3年前」だった /データ公開に

さきごろ公開されたデータにより、PC検索の総ボリュームが2013年にピークを迎え、それから3年間減少し続けていることが明らかになりました。

その一方で、モバイル検索の総ボリュームは既にPC検索を超えているとされることから、PCとモバイルを合計したインターネット検索全体は、変わらず成長を続けていると考えられます。

最新の情報から、詳細をお伝えします。

20160323-peaked-at-2013-ec

PC検索からモバイル検索への重心移動

今月comScore社が開示したデータから、PC検索(デスクトップ検索)の検索ボリュームは、次の棒グラフのように推移しています。

Screen-Shot-2016-03-21-at-3.17.11-PM-768x431[1]

青い棒グラフがPC検索の総数、赤い棒グラフはGoogleのPC検索数です。これによれば、2013年から2016年にかけて、PC検索は8%の減少、うちGoogle検索は13%もの減少幅となっています。

一見、検索市場もGoogleの影響力も衰退しているように見えますが、他のレポートも併せて読み解くと、市場がモバイル検索に大きく移っており、検索全体の市場は成長をたどっていると考えられます。

Googleはモバイル検索で圧倒的なシェア

Googleのモバイル検索ボリュームは、既にPC検索ボリュームをしのいでいる、との発言がGoogleからされています。

これを踏まえると、Googleが月間でさばく検索数の総数は、PC検索数の2倍、つまり200億以上と考えられます。

また、StatCounterでモバイル検索の推移を見ると、右肩上がりのGoogleは2016年2月でシェア90%を超え、他の検索ベンダを圧倒しています。

Screen-Shot-2016-03-22-at-6.16.28-AM[1]

インターネット検索は巨大な市場を維持し続ける

PC検索数だけを見ると減っているのですが、PCとモバイルの合計検索数としては、相変わらず甚大なボリュームをさばいており、昨今の状況を合わせて考えると、検索市場全体では「成長は続いている」と思われます。

このごろは検索広告の成長鈍化も報じられていますが、インターネット検索そのものは、変わらず巨大な市場であり続けています。
検索やSEO対策がWEBマーケの軸となる状況も、今後もかんたんには変わらないでしょう。

無料SEO解析ツール

対策したいキーワードで、今どんな対策が有効か、解析できます。

Googleに評価されるコンテンツの内容や、必要なリンクの本数は、選んだキーワードによって異なります。
必要な対策内容めやすが、次の画面で表示されます。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

分析 順位に聞いてるリンク対策法 今のSEO、必要なのはどんなリンク?何本のリンク?

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて