被リンク本数が正確にわかる方法は「ない」?/被リンクチェック指南

SEOならSEOパック
ご利用実績8178件 (2016/07/28現在)
検索ランキングアップの最重要ポイントは「リンク」と「コンテンツ」です。

被リンク本数が正確にわかる方法は「ない」?/被リンクチェック指南

あなたのサイトが どこからリンクを貼られているか、調べる方法をご存じですか?
20160519-backlink-check-tools

他サイトからあなたのサイトに貼られたリンクは「被リンク」と言い、検索順位上昇に最も必要なSEO対策です。しかしその反面、スパムサイトからの被リンクがあると、順位下落の原因にもなります。

本記事では、自サイトについた被リンクをチェックし、効果的に管理する方法を説明します。

はじめに:被リンクチェックの意義

SEO対策で最も重要なものは、2つあります。
一つはコンテンツ(ページの内容)、そしてもう一つが被リンクです。

良いサイトからの被リンクが得られると、検索順位がぐんと上がります。また、悪意のあるリンクがつき、Googleペナルティの原因になることもあります。

そのためウェブマスターは、サイトの被リンク状況をチェックしておく必要があるのです。

被リンクチェックの必要性

被リンクチェックの結果、良い被リンクがついていればさらに増やす対策をし、スパムサイトからのリンクがあればGoogleサーチコンソールから「否認」します。

とくに、スパムリンクがついた場合は、いくらSEO対策をしても順位が上がらなくなります。故意に悪質リンクを貼って順位下落を引き起こす「逆SEO」が仕掛けられる場合もあり、そうした際には、素早い被リンクチェックで対処する必要があります。

被リンクチェックの方法のうち、主要な方法3種類を、以下でご紹介します。

被リンクチェック方法1:Google Search Console(サーチコンソール)

Googleから公式に提供されている被リンクチェック方法が、Google Search Console(サーチコンソール)内の被リンクチェック機能です。

Google Search Consoleとは

Google Search Consoleは、Googleが無料で提供する、ウェブマスター向け公式ツールです。
Google Search Console公式ガイド新しいタブで開く

自分の管理サイトのSEO状況や集客パフォーマンスを、非常に便利に監視・管理できるサービスで、SEO対策を行うサイトは登録必須のツールです。登録方法は こちらの記事 が役に立つはずです。このツールの中に、被リンクチェック機能が含まれています。

「サイトへのリンク」機能の活用

Google Search Consoleからの被リンクチェックは、下記の手順で行います。

  1. Google Search Consoleへログイン新しいタブで開く
  2. 被リンクチェックしたいサイトをクリック
  3. 「ダッシュボード」>「検索トラフィック」>「サイトへのリンク」へ移動
  4. 「リンク数の最も多いリンク元」のリスト下にある「詳細 »」をクリック
  5. 「その他のサンプルリンクをダウンロードする」をクリック、ファイル形式を選択

    ※CSVでダウンロードした場合は、エンコードを変更できるテキストエディタで一度開き、Shift-JISに保存し直してから、エクセルで開きます。

この一連の作業で、被リンクの一覧をチェックできるファイルが手に入ります。

補遺:「リンク否認」機能の活用

入手した被リンク一覧を使って、Google Search Consoleからそのまま リンク否認 を行うことも可能です。

リンク否認とは、順位に悪影響のあるスパムリンクや、逆SEOを受けた際の悪質リンクを、GoogleがSEO評価する際に「ノーカウント」にしてもらう機能です。詳細はこちらの公式ガイダンスが役立ちます。
バックリンクを否認する|Googleヘルプ新しいタブで開く

被リンクチェック方法2:Open Site Explorer(オープンサイトエクスプローラー)

無料ツール Open Site Explorer (オープンサイトエクスプローラー)でも、比較的手軽に、被リンクチェックが可能です。

Open Site Explorerとは

Open Site Explorerは、米SEO企業として名高いSEOmozが提供する、無料のSEO対策チェックツールです。

無料とはいえ、ユーザー登録をしないと1日3回までしか使えません。と言っても、やはり無料のユーザー登録で、何度でも使えるようになります。

Open Site Explorerでの被リンクチェック方法

Open Site Explorerには様々な機能が搭載されていますが、このうち、被リンクチェック機能の利用手順を説明します。

  1. Open Site Explorerにアクセス新しいタブで開く
  2. 画面上部のフォームに、被リンクチェックしたいサイトURLを入力
  3. 表示された被リンク情報を確認

Open Site Explorerの強みは、Google Search Consoleとは違って、どんなURLでも手軽に被リンク情報をチェックできる点です。
競合サイトの情報を手早く見たい、といった際にも活用できるでしょう。

被リンクチェック方法3:hanasakigani.jp(ハナサキガニ)

今回紹介する3つの方法のうち、最も手軽なのが hanasakigani.jp(ハナサキガニ)です。

hanasakigani.jpとは

株式会社ディーボが提供する無料の被リンクチェックツールです。こちらも手軽さではOpen Site Explorerと同様ですが、下記の二点が大きな特長です。

  • ユーザー登録不要で何度でも使える
  • 国産(日本開発)ツールのため使いやすい
  • アンカーテキスト(被リンク元のリンク箇所テキスト)もわかる
  • 被リンク元サイトの品質に関する情報もわかる

hanasakigani.jpでの被リンクチェック方法

hanasakigani.jpでは、URL入力だけで被リンクチェックができます。その手順を紹介します。

  1. hanasakigani.jpにアクセス新しいタブで開く
  2. 画面上部のフォームに、被リンクチェックしたいサイトURLを入力
  3. 表示された被リンク情報を確認

注意:どのツールでも全ての被リンク数はわからない

注意したいのが、どのツールを使っても、正確な被リンク数はわからない、ということです。

被リンク情報は、一部しか開示されていない

弊社のSEO対策パッケージ SEO Pack新しいタブで開く をご利用のユーザー様から、まれに
「SEO Packを利用しているのに、チェックツールで調べると、被リンク数が少ない」
といった質問を頂きます。

しかし、たとえ公式ツールのGoogle Search Consoleですら、実は正確な被リンクの数はわかりません。Googleが、被リンクのデータを一部しか公開していないためです。

ほとんどの被リンクチェックツールは、Google検索エンジンが開示した、部分的な被リンク情報を取得し、表示します。そのため、Google Search Consoleを含むどんなツールで調べても、実際の被リンク数より少ないデータしか見ることができないのです。

普段はハナサキで、リンク否認はサーチコンソールで

こうしたことを踏まえ、普段、自分のサイトの被リンク増減の目安や、競合サイトの被リンク数目安を知りたい時は、hanasakigani.jpが最も使いやすいでしょう。

一方、リンク否認を行いたい際には、比較的情報の多いGoogle Search Consoleで被リンクデータを取得します。一般的なサイトであれば、ほとんどの場合はGoogle Search Consoleの被リンクデータで再審査リクエストができます。

SEOの最重要ポイントをしっかりチェックしよう

検索順位上昇のために最も重要な対策は、被リンク対策(SEO Pack)新しいタブで開く です。そして、被リンク対策の進捗管理やパフォーマンス監視に大いに役立つのが、被リンクチェックツールなのです。

Google外部の人間は完全な被リンクデータを取得できないため、被リンクチェックツールで表示された被リンク情報が想定より少なくても、焦る必要はありません。そのデータを目安に、被リンク対策状況や問題点の有無を、まずは確認してみましょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

おすすめ記事

SEO初心者のよくある質問

SEO内部対策まとめ

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

美容サイトのSEO事例

美容健康サイト向けSEO Pack

人気のSEO事例

SEO Pack事例へ
SEO Packバナー

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

SEO対策事例

全事例一覧
SEO PackブログはSEO Packが運営しています。