Googleがモバイルフレンドリーのアルゴリズムを更新!画面を覆うようなインタースティシャル広告はペナルティに

SEOならSEOパック
ご利用実績8394件 (2016/09/28現在)

[2015/11/05] (最終更新日 2016/04/11)

Googleがモバイルフレンドリーのアルゴリズムを更新!画面を覆うようなインタースティシャル広告はペナルティに

Googleが4月21日に導入したモバイルフレンドリー(スマホ最適化)のアルゴリズムが更新されました。

Googleがモバイルフレンドリーのアルゴリズムを更新

SEOPackブログ更新担当のヒデです。
11月になりました、そろそろ冬の準備をしないといけませんね。

さて、今回はモバイルフレンドリーのアルゴリズムが更新されたので、それについて説明します。

モバイルフレンドリー(スマホ最適化)アルゴリズムが更新された

モバイルフレンドリー(スマホ最適化)について知っていますか?

ブログでは以前に『これを読めば十分!Web担当者が必ず読むスマホSEO対策』で説明しているので、モバイルフレンドリー(スマホ最適化)について知らない方は、そちらも合わせて読んでみて下さい。

2015年4月21日にモバイルフレンドリー化されたサイトの検索結果を上げるために導入されたアルゴリズムが、11月2日に更新されました。

この更新はGoogle Webmasters Central BlogやGoogle+のGoogle Webmasters公式アカウントなどで予告されており、予定通り更新されたかたちになります。

まぁ、予定では11月1日に更新されるようだったので、1日遅れてはいますが・・・

Google WebmastersのGoogle+画面キャプチャ画像

モバイルフレンドリー(スマホ最適化)アルゴリズムの更新でなにが変わった?

今回の更新でどこが変わったかと言うと、検索結果から移動した先のページがアプリのインストールを促すようなインタースティシャル広告によってコンテンツがわからないほど覆われていると、“ユーザーの閲覧を邪魔している”とみなされ、“モバイルフレンドリーではない”と評価が下げられるようになりました。

皆さんもスマホを使ってて、画面全体を覆い尽くすほどのインタースティシャル広告が邪魔くさいと思ったことありませんか?

全然モバイルフレンドリーではないですよね?

過去にGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏もこのインタースティシャル広告についてGoogle+の投稿で注意するよう喚起していました。

まさにこの部分に今回メスが入った形になります。

今後は画面全体を覆い尽くすほどのインタースティシャル広告は少なくなり、Googleが推奨する画面を覆わないバナータイプのインタースティシャル広告が増えることでしょう。

Googleが推奨する対処法

  • SafariやChromeなどのブラウザ向けにサポートされているバナーを利用する。
  • HTMLバナーや画像でアプリダウンロードページへのリンクを設定する。

画面全体を覆い尽くすほどのインタースティシャル広告から画面を覆わないバナータイプのインタースティシャル広告へ

Google公式のモバイルSEOツールもアルゴリズム更新に対応済み

サイトのURLを入力実行するだけで、その時点でスマホ対応しているか・いないかを判定することができるGoogle公式ツール「モバイルフレンドリーテスト」は今回のモバイルフレンドリーアルゴリズムの更新にすでに対応済みです。

これまでは、「アプリインストールインタースティシャルを使用しない(ベータ版)と注意されるだけでしたが、今後ははっきりと「モバイルフレンドリーではありません」と判断されます。

まとめ

もともとモバイルフレンドリーアルゴリズムは、ユーザーの操作性や閲覧性向上のために作られたアルゴリズムです。

それを踏まえると、画面全体を覆い尽くすほどのインタースティシャル広告がユーザーの操作性上ためにならないと考えるのは当たり前のことでしょうね。

Webサイトを制作するときは“ユーザー目線”になってサイトを制作するようにすれば、おのずとモバイルフレンドリーなものができあがります。

大事なのは“ユーザー目線”です。

必須で最も効果のあるSEO対策と、いますぐ始められる対策

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

特集:効果のある被リンクを知る - SEO効果を決める、リンク対策の6つの基準とは

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて