SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9444件 (2017/10/24現在)

Important conversion rate to affiliate

アフィリエイトに重要なコンバージョン率について

この記事をはてなブックマークに追加

アフィリエイトの成果報酬型は、訪問したユーザーが商品の広告をクリックして、その先のページで実際に商品を購入した時点でようやく報酬が発生します。その確率は商材や業種などにもよりますが、約1%を目途にして考えてみると良いでしょう。(実際にはもっと低い場合もあります。)

この成約する確率のことを「コンバージョン(成約)率」といいます。コンバージョン率が1%ということは、100人訪問して1人購入する確率です。

ここではコンバージョン率についてご説明していきますが、アフィリエイトの収益は、訪問数×コンバージョン率×商品単価です。
そのため、収益を上げるには以下の3点を改善する必要があります。

  • 訪問数を上げる
  • コンバージョン率を上げる
  • 商品単価を上げる

では、どうやってコンバージョン率を上げて効率よくアフィリエイトで稼ぐことができるようになるのでしょうか?
この記事では、アフィリエイトに重要なコンボージョン率についてご説明していきたいと思います。

「今すぐ購入したい」ユーザーの集客

コンバージョン率が上ると、集客数を増やすことなく収益を増やすことができます。そのためには、コンバージョンしやすいコンテンツを作ることが重要なポイントとなります。

コンバージョンしやすいコンテンツとは、まずページタイトルが考えられます。
ユーザーは検索して、検索結果一覧からページタイトルを見てサイトに訪問してきます。
そのため、「今すぐ購入したい」と思っているユーザーに響くページタイトルを設定して集客する必要があるということです。

コツはひとりのユーザーを想定して、そのユーザーにピンポイントで狙ったタイトルを付けることです。いわゆる「ペルソナ」の設定です。ターゲットがぼけると印象も弱くなってしまいますので、ユーザーに「欲しい!」と思わせるタイトルを考え、設置しましょう。

重要なのは購入ユーザーの検索ワードと、見せるべきコンテンツを合致させるということです。ターゲットキーワードが的外れになってしまえば、商品も売れません。しっかりとターゲットキーワードを選定して対策しましょう。

商品の説明だけでは弱い

次にコンテンツに関してですが、扱う商材について競合よりも詳しく説明したページを作成して、ターゲットキーワードで上位表示したとしても、商品を詳しく説明しただけではユーザーは購入しようとは思いません。

コンバージョン率を上げるためには、その商品を購入することによるメリットや、購入後に得られるユーザーのベネフィットを伝えることが大切です。

コンバージョン率を上げるために重要なのは、今すぐ購入しないと!という気にさせるコンテンツを作ることです。そのためには、ページのキャッチコピーや、写真の見せ方や他のページに流れないようなブログの作り(導線など)にすることも大切です。

アフィリエイトに重要なコンバージョン率についてまとめ

以上のように、アフィリエイトで報酬を上げるためにはコンバージョン率という成約率を上げることが重要です。
コンバージョン率があまりにも低い場合は、サイト内の導線の改善を検討してみましょう。

コンバージョン率は高くても3~5%です。扱う商品によっても異なりますので、一概には言えませんが、コンバージョン率が低い場合は何か原因があるはずです。アフィリエイトで効率よく稼いでいくためには、そういった分析する知識も必要となってきますので、ブログの状態を日々確認することが大切です。

Pagetop