SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績12231件 (2024/06/16現在)

E-A-T(E-E-A-T)

EAT(E-E-A-T)

この記事では「EAT(E-E-A-T)」について言葉の意味やSEOでの活用方法など解説します。

EAT(E-E-A-T)とは?

EATはGoogleの重要視する評価基準の一つでGoogleの造語となります。Googleは検索品質評価ガイドラインで、重要視する評価基準として「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)」「信頼性(Trustworthiness)」を挙げています。それぞれの頭文字を取りE-A-Tと呼ばれています。そのE-A-Tに新たに「E」のExperience(経験)が加わり2023年現在では「E-E-A-T」となっています。

高品質のコンテンツ「E-E-A-T」=「事実を」「掘り下げて」「わかりやすく書く」こととSEO Packでは解釈しています。事実を書いた記事は「信頼でき」、掘り下げて書いた記事は「専門性があり」、わかりやすい記事は「権威ある」(=人気ある)記事になるからです。すなわち「事実を、掘り下げて、わかりやすく」書いてあるコンテンツは成果に繋がりやすいのではないかと思います。

「E-E-A-T」の評価を高める方法とは?

「E-E-A-T」は、専門性・権威性・信頼性に加え経験や実体験がある点を評価される事から、急に評価を得られるものではないといえます。専門性を評価されるには、そのジャンルの「専門家」として評価をされる必要があります。サイトへの対策としてはサイト内に専門家である事を記載するなどが考えられます。
次に、その内容を閲覧したユーザーからの専門家としての信頼を得る事。ページへリンクがされたりシェアされたりなどが考えられます。上記の内容をGoogleから認識される事で「E-E-A-T」の評価を高める事に繋がると推測できます。

\無料診断の活用で課題を明確に/

外部リンク、内部状況、コンテンツ状況からSEO対策の課題が見えてくる無料調査です。
「対策ページの弱点は何か...」などお悩みをお持ちの方は、一度「SEOパーソナル診断」をご利用ください。

キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

Pagetop