SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9604件 (2017/12/15現在)

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

ペナルティを受けたのですが、どんなリンクが「不自然なリンク」なのですか?

弊社のリンククリーニングにて、確認された「不自然なリンク」をご案内します。

「不自然なリンク」の例

◇登録型検索エンジン(ディレクトリサービス)からのリンク

特に審査のない(あっても意味のない)登録型検索エンジンからのリンクは「不自然なリンク」評価される可能性が高いです。



◇低品質なサイトからのリンク

ワードサラダや、他のサイトからのコピーサイトなど、検索ユーザーにとって意味のない、低品質なサイトからのリンクが大量に貼られていると、ペナルティを受ける可能性が高くなります。



◇リンク増殖ツール・一括で大量に貼られるリンクサービスを利用・登録して獲得したリンク

リンク増殖ツールとは、ねずみ算式にサイトの被リンクを増やしていくツールのことです。
短期間でリンクを増やすことができ、よいと思うかもしれませんが、価値のないサイトからのリンクが大量につき、サイトの評価を下げる、またペナルティになったがリンクを外すことができない、リンク元サイトがわからないなど現在では有効なリンク獲得方法ではありません。



◇相互リンクサイトからのリンク

相互リンクを目的としたサイトやページからのリンクは、ランキングの操作のみを目的とした相互リンクと評価され、対策サイトの価値を下げる可能性があります。



◇発リンク数の多いサイト

他ページへのリンクばかりで、コンテンツが少ない「中身のないサイト」からのリンクはサイトの評価を下げる可能性があります。

上記の様なリンクの中には、過去有効とされたリンクもあり、以前より運営しているサイトは、過去に行ったSEO施策として実施している可能性があります。

今はまだサイトの評価を下げていなくても、今後上記の様なリンクが原因でサイトの評価を下げる可能性がありますので、行っていた場合は、以下の方法でサイトの評価を下げる前に対処することをおすすめします。

1、サイトについている被リンクをチェック

(参考:設定されている被リンク数を確認するには、どうしたらいいでしょうか?


2、リンク先をひとつひとつ確認し、「不自然なリンク」と見なされそうなリンクを解除

【対処例】
  ・被リンク元サイト管理者に連絡し、リンクを削除してもらう(推奨)
  ・サイト管理者に連絡が付かない場合は、サーチコンソールのリンク否認ツールで否認する

「不自然なリンク」は、いつのまにかつく場合もある

弊社で確認しているペナルティを受けたサイトの中には、有益な情報を発信しているサイトで定期的にプレスリリースを配信していたところ、「プレスリリースをコピーしたコピーサイト」からのリンクが大量につき、ペナルティを受けた事例っがあります。

検索ユーザーのためになる情報を発信しているサイトでも、上記の様な不可抗力のリンクが付いてしまうことがあります。

定期的に自サイトの被リンク状況を確認することをおすすめします。

まとめ

・過去のSEO施策で行った対策が現在では「不自然なリンク」とされているものがある
・「不自然なリンク」は、勝手についてしまうこともある
・定期的に「リンクの見直し」「被リンク元サイトのチェック」が必要

この記事をはてなブックマークに追加

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月)

1ヶ月6,384

通常価格47,880円

(38,304円/6ヵ月)

初期費用

0円
初期費用なし
SEO Packお申込はこちら

Pagetop