SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Unnatural Link

不自然なリンク

この記事では、SEOで不自然なリンクにどう気をつけるべきか、説明します。

不自然なリンクとは?

被リンクを集めること(被リンク対策)は、現在でも高いSEO効果を見込むことができます。しかし、闇雲に被リンクを集めるだけでは、サイトの検索順位を思うように伸ばすことは出来ません。なぜなら、サイトに貼られるリンクの中には、サイトに良い影響を与える「自然なリンク」の他に、サイトに悪い影響を与える「不自然なリンク」も存在するからです。

「不自然なリンク」とは、リンクプログラムなどの”不正な方法を使って獲得したリンク”のことで、Googleはこうした不自然なリンクの利用をペナルティの対象にしています。
被リンク対策を行うときは、誤って「不自然なリンク」を獲得してしまわないように、注意しなければなりません。

不自然なリンクの種類

では、Googleはどのような方法で得た被リンクを「不自然なリンク」と判断するのでしょうか?「不自然なリンク」と判断される被リンクの種類について、以下に説明していきます。

1.SEOだけを目的とした相互リンク

被リンクを獲得することだけを目的として、相互リンクを過剰に行っている場合、それによって得られた被リンクは「不自然なリンク」と判断されることがあります。相互リンク集サイトを利用して獲得した被リンクなどが、これに当たります。

2.被リンク増殖ツールで獲得した被リンク

ネット上には、被リンクを貼り付けたいページを登録するだけで、そのページに自動で被リンクを貼り付けていくツールが存在しています。こうしたツールを使って獲得した被リンクは、Googleから「不自然な被リンク」と判断されやすく、ペナルティの原因となる可能性が高いです。

3.低品質サイトからの被リンク

サイトの体裁を保っていない”低品質なサイト”からの被リンクは、SEO目的である可能性が高いとして「不自然な被リンク」だと判断されることがあります。例としては、更新されていないサテライトサイトからの被リンクなどが、これに当たります。

以上のような、ウェブマスター向けガイドラインに違反する方法で獲得した被リンクを、Googleは「不自然なリンク」と判断します。Googleは「不自然なリンク」を使用しているサイトに対して、アルゴリズムにより自動に、あるいはGoogleスタッフによって手動でペナルティを下します。

不自然なリンクと見なされる可能性がある「Designed by ○○○」

サイトのフッターに、「Designed by ○○○」といったリンクが設定されていることがあります。これは、そのサイトの外部制作者などを紹介する「クレジットリンク」と呼ばれるものです。

制作者によっては、複数サイトに渡る多くのクレジットリンクが貼られているケースもあると思われますが、このフッターのクレジットリンクが「不自然なリンクと見なされる」可能性がある、とGoogleが警鐘を鳴らしました。

クレジットリンクについてGoogleに質問

Googleビデオフォーラム参加者から、SEO関連スポークスマンのジョン・ミューラーに、下記の質問が飛びました。

ウェブデザイン会社で働いており、作成したクライアントのサイトフッターに、「Designed byリンク」を入れているのですが、これはいいことなのでしょうか?それとも止めるべきでしょうか?

「置くならnofollowを付けるように」

SEOへの影響を考えると、クレジットリンクはどういうやり方で置けばよいか、あるいは置かない方が良いのか、という質問です。これに対し、ミューラーは下記のように返答しました。

おそらくこうしたものは、例えば「不自然なリンク」に関連するものと受け取られかねません。Googleから見ると、こうしたリンクは元来、リンクを掲載している側のウェブ管理者が自分の判断で置いている、と明らかにわかるようなものではないのです。なので、もしフッターにこうしたリンクを載せたいのなら、nofollowリンクになっているか確かめてください。そうすれば、訪問者が興味を持った時にクリックされることもできるし、一方で、ウェブ管理者が(自分の判断で)掲載したリンクではない、と見てとることもできます。 そうすれば、あとあと「サイト全体にクレジットリンクを載せたが、不自然なリンクのネットワークを作ってるとか、何かおかしなことをしているな、とGoogleに思われるんじゃないか?」などと気に病む必要もなくなります。

同様のリスクを持つクレジットリンクは

上記では、サイト制作会社によるクレジットリンクについての質問になっていますが、他にも同様のケースはいろいろあるのではないでしょうか。例えば、以下の例です。

  • サイト制作者へのリンク
  • CMSなどのテンプレート提供元へのリンク
  • サイト全体で使われるJavaScriptライブラリなどの提供元へのリンク

上記は、共通フッターのような場所でサイト全体からリンクが貼られていることも考えられます。こうしたものはミューラーの指摘する内容と同じようなリスクがあると考えられます。

サイト全体でリンクを貼らせるのでなければ大丈夫?

また、似ているが少々異なるものとしては以下があります。

  • あるページに載せたフリー素材(イラストや写真)の提供元へのリンク
  • サイトのうちあるページだけで使われるJavaScriptライブラリなどの提供元へのリンク

こちらは、掲載するページが原則1ページのみであれば「不自然なリンク」扱いされる可能性はより低いかもしれません。

根拠としては、こうしたクレジットリンクを求める、少なくとも「まともそう」なフリー素材提供サイトは多いものの、それらにペナルティが頻発しているというような話は、特に聞いたことがないからです。

明言されたリスクは回避を

現在であれば、恐らくGoogleは、こうしたクレジットリンクについても、ある程度アルゴリズムで自動判定できており、むやみに「不自然なリンク」判定を下さないようにしているのではないかと考えられます。
とはいえ、こうしてリスクが明言された以上、クレジットリンクを貼るとき(あるいは貼らせるとき)はnofollowを付ける(付けてもらう)ように気を配ったほうがよさそうです。

不自然なリンクとSEO

「不自然なリンク」は簡単に獲得することができることから、一見すると被リンク対策に有効と思えるかもしれません。確かに「不自然なリンク」を大量に獲得すれば、”一時的”に検索順位を上昇させることは可能でしょう。しかしその後、ペナルティを受けることで長期間にわたって順位が下落することになります。不自然なリンクの安易な利用は、かえってサイトの検索順位の上昇を妨げてしまうのです。

被リンク対策で”サイトの検索順位アップ”という目標を達成したいなら、不自然なリンクはできるだけ避け、「自然なリンク」を獲得するようにしましょう。「自然なリンク」とは”他のサイトから自然に張られたリンク”のことで、価値の高いサイトから受けた自然リンクほど高いSEO効果を発揮します。被リンク対策では、こうした「質の高い自然リンク」をいかに集めるかが重要になるのです。

しかし、「自然なリンク」は他人のサイトから任意で提供されるものですから、簡単には獲得できません。「自然なリンク」は基本的に、相手のサイトのウェブマスターが”このサイトには紹介するだけの価値がある”と感じたときのみ提供されます。つまり、「自然なリンク」を集めるためには、”運営しているサイトの品質を高める”ことが最短の道のりなのです。サイト内のコンテンツの質を向上させるなど、サイトの品質を高めていくことによって、自然とリンクが集まってくるようになります。

サイトの価値を高めることが大切

不自然なリンクを避け、自然なリンクを得ることが大事であることを説明しました。そして、自然なリンクを得る一番の近道が「サイトの価値を高める」ことであると上記しました。
サイトの価値は、内部対策の実施によって築き上げられます。そして、サイトの価値がある程度まで高まると、徐々に自然な被リンクが集まるようになり、更にサイトの価値が高まります。
こうした正のスパイラルを生み出すことで「サイトの検索上位表示」に一歩近づくことができるのです。

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月定価の3000円OFF 6ヶ月定価の6000円OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,980

(20,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,980

(41,880円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!

迷ったらチャットメールで解決!
キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO Packご契約者様
SEO対策FAQ

Pagetop